商業施設や地域のリアルタイム監視をサポート!「ArgosView マトリクススイッチャー」を提供開始

2015年9月10日

トピックス

最大480台の監視カメラ映像を複数モニタに同時表示「ArgosView マトリクススイッチャー」

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社の連結子会社であるヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社は、映像監視システム「ArgosView(アルゴスビュー)」のオプションとして、監視カメラ最大480台分のリアルタイム監視を容易に実現する「ArgosView マトリクススイッチャー」を2015年9月8日より発売しました。

▼「ArgosView映像監視システム」映像活用ソリューション
http://www.argosview.jp/solution/

【新ソリューション開発の背景】
●多数の監視カメラを用いたリアルタイム監視のニーズに対応

近年、テロ対策や地域の安全確保といった防犯意識の高まりに伴い、監視カメラを増設する商業施設や官公庁などが急増しています。防犯効果を高めるには録画だけでなくリアルタイムでの監視も重要ですが、数十台~数百台のカメラ映像すべてを漏れなくリアルタイム監視するには表示用モニタも相当の台数が必要になり、いまや監視センターに10台以上ものモニタを並べるケースも少なくありません。

監視カメラ市場においてはネットワークカメラが現在の主流となっていますが、従来は数十台分のネットワークカメラの映像を一元的にコントロールできるシステムがなく、モニタ画面の切り替え操作が煩雑になるという課題がありました。また、アナログカメラを用いる場合は高額の大型機材を設置する必要があり、費用面で高いハードルがありました。

【新ソリューションの特長】
●最大20台のモニタ(監視カメラ480台分)を一元コントロール

今回開発した「ArgosView マトリクススイッチャー」では、最大20台のモニタ画面(24分割表示で監視カメラ480台分)を1台のPCで操作できます。これにより、監視カメラが多数ある場合でもリアルタイムで監視しやすくなります。主な特長は下記の通りです。

(1)最大20台のモニタ(監視カメラ480台分)を1台のPCで操作可能
ネットワークカメラを用いた監視システムは、モニタ2~3台ごとにPC1台が接続される構成のため、モニタによって操作すべきキーボード・マウスがバラバラで画面切り替え操作がしづらいという課題がありました。また、アナログカメラを用いる場合は高額の大型機材が必要になるため、費用面で導入の妨げになっていました。「ArgosView マトリクススイッチャー」なら、別々のPCに接続された最大20台のモニタ画面を1台のPCで操作可能。モニタ20台の場合、最大で480台の監視カメラ映像を同時に表示できます。

(2)カメラ表示レイアウトの切替スケジュール機能により、日中モード、夜間モードなど時間で表示を切り替え
日中は屋内の映像を中心に監視し、夜間は出入り口の映像を監視するなど、監視したいエリアは時間に応じて変わります。「ArgosView マトリクススイッチャー」では、レイアウト切替のスケジュール機能により、カメラ表示レイアウトを時間指定で切り替えられます。

(3)遠隔地のモニタもリモートコントロール可能
廊下や別の部屋の壁に設置したモニタに対しても、リモートでの画面切り替えが可能です。

【「ArgosView マトリクススイッチャー」の概要】
発売日:2015年9月8日
価格(税抜):1システム:300万円~
目標:2017年度末までに50システム

■「ArgosView 映像監視システム」とは?
ネットワークカメラの映像やセンサーからの出力等を組み合わせて、より高いレベルの映像監視を実現するソリューションです。

■イベント出展のお知らせ
「SOLUTION Japan 2015」に「ArgosView 映像監視システム」を出展いたします。
主催:パナソニック システムネットワークス株式会社
日時/場所:
2015年9月9日(水)~10日(木)/仙台(仙台国際センター)
2015年9月16日(水)~17日(木)/金沢(石川県産業展示館)
イベント詳細はこちら:
http://solcms.panasonic.biz/sj2015/

ヴイ・インターネットオペレーションズ「ArgosView Briefing Space」でも、「ArgosView映像監視システム」をご覧いただけます。
【本社】〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4-4-10 新伏見町ビル4F
【東京】〒105-0004 東京都港区新橋2-9-16 愛媛新聞東京ビル3F

※システムをご覧いただく場合には、事前に下記お客様お問い合わせ先までご連絡ください。

■ヴイ・インターネットオペレーションズについて
ヴイ・インターネットオペレーションズは、松下電工株式会社(現:パナソニック株式会社 エコソリューションズ社)の社内ベンチャー企業として1996年に創業しました。

自社開発の映像マネジメントソフトウェア「ArgosView」をコア技術として、ネットワークカメラを用いた映像監視ソリューション、ストリーミング配信ソリューション、授業配信ソリューションなどを提供しています。

社名:ヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社
代表者:代表取締役社長 吉田 太
本社:〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4-4-10 新伏見町ビル 4F
設立:1996年9月2日
資本金:6,000万円
http://www.vio.co.jp/ 

※本文に記載されている会社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

【報道関係者様お問い合わせ先】
パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社 
法務部 広報・IRグループ 仲本・山田
TEL:06-6908-0245  FAX:06-6906-4717
E-mail:press-pisc@ml.jp.panasonic.com
※TEL・FAX・E-mailが変更になりました。

【お客様お問い合わせ先】
ヴイ・インターネットオペレーションズ株式会社 映像事業グループ 西川・吉原
TEL:06-6233-2626(代表)FAX:06-6233-2638
E-mail:cs@vio.co.jp

<関連情報>
・映像監視でマイナンバー等の重要データのセキュリティ対策を!ArgosViewデータセンター向けソリューションを提供開始(2015年7月23日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/2015/44013.html
・映像授業をもっと手軽に、とことん活用!「ArgosView 授業配信システム」の新バージョンをリリース〜学内既存システムとの連携機能を強化(2015年5月20日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/2015/43776.html

発表年月
発表年月