【パナホーム】国土交通省「住宅・建築物省CO2先導事業」採択のスマートマンション『パークナード目黒カレン』全戸完売

2015年7月16日

トピックス

【パナホーム】パークナード目黒カレン 完成予想図

パナホーム株式会社(本社:大阪府豊中市、社長:藤井 康照)(以下、パナホーム)は、東京都目黒区に建設中のスマートマンション『パークナード目黒カレン』(全121戸)を2015年7月15日に完売いたしました。同マンションは、利便性と住環境に恵まれた立地に加え、省CO2対策を推進するために国土交通省が実施する「住宅・建築物省CO2先導事業」に採択されるなどで注目を集め、2015年3月下旬の販売開始以降、約4ヶ月で完売となりました。

『パークナード目黒カレン』は、JR山手線「目黒駅」徒歩約6分という利便性の高い立地と、桜の名所「目黒川」に面し、都心にありながら自然を感じられる閑静な住環境が特長のスマートマンション。蓄電池やMEMS(マンション・エネルギー・マネジメント・システム)によるデマンドサイドマネジメント(需要側制御)(※1)や、建物全体でピーク電力を約30%削減(※2)するほか、CO2排出量も約50%削減(※3)できます。また、住民は、電力一括受電サービスにより1世帯あたりの電気料金が安くなるほか、屋上にある太陽光発電システムの売電収入で管理費が低減できるなど、経済的なメリットも得ることが可能です。さらに、ライフラインを確保する防災設備により、非常事態の対応機能も備えています。

『パークナード目黒カレン』は、先進のエネルギー技術による省CO2対策が評価され、国土交通省の2013年度第2回「住宅・建築物省CO2先導事業」にも採択されています。さらに、経済産業省の「スマートマンション導入加速化推進事業」においても先進性が評価され、5つ星に認定されています。パナホームにおける分譲マンションの「住宅・建築物省CO2先導事業」採択は、他社との共同提案も含めてこれまでに5件あり、本物件で6件目となります。

パナホームの分譲マンションは、2004年の事業開始以来累計で約3,700戸を供給。これまでに培った開発・設計のノウハウと、パナソニックグループの最新技術によるスマートマンションを、首都圏・中部圏・近畿圏を中心に『パークナード』ブランドで展開しています。

▼関連ページ: パナホーム分譲マンションサイト
http://www.panahome.jp/mansion/index.html

■『パークナード目黒カレン』の特長
1. 都心の利便性と歴史の深さを併せ持つ目黒エリアに立地
最寄駅の目黒駅は、JR山手線・東京メトロ南北線・都営三田線・東急目黒線の4路線が乗り入れ、ターミナル駅としての顔を持つ街。また、風光明媚な目黒川や、大名屋敷の名残り、閑静な寺社仏閣もあり、多彩な都市・東京をそのまま凝縮したような街でもあります。一方、目黒駅前では、開発面積 約17,000平方メートルの内、約5,000平方メートルを緑化空間とする大規模な再開発が進行中で、周辺エリアの価値がこれからも高まり続けます。『パークナード目黒カレン』は、目黒駅から徒歩約6分に立地する、高い資産価値が期待できるマンションです。

2. デマンドサイドマネジメントによるピークカットと省エネを実現
『パークナード目黒カレン』では、共有部にはMEMSとパナソニック製のリチウムイオン蓄電池(20kWh)、太陽光発電システム(約50kWのうち約10kWを蓄電)を設置しています。また、専有部にはHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)と小型リチウムイオン蓄電池(1kWh)を採用。共有部と専有部の蓄電池には太陽光発電による電力や夜間電力等を蓄えておき、電力需要のピーク時には共用部・専有部それぞれの蓄電電力の優先的な使用を促すことで、建物全体の電力使用量のピークカット(※4)を実施。電力を約30%削減できるほか、CO2排出量も約50%削減できます。
なお、電力一括受電サービスにより1世帯あたりの電気料金が安くなるほか、屋上にある太陽光発電システムの売電収入により、全体の管理費は1年間で約150万円、20年間では約3,000万円の低減(※5)が見込め、住民にとっての経済的なメリットも得ることが可能です。

3. 非常時のライフラインを確保する防災設備
屋上に設置した太陽光発電システム(約50kW)で発電した電力は、約40kW分を売電し、残り約10kW分は共用部蓄電池への蓄電とマンション内での消費となります。停電時は、非常用発電機による電力と合わせて、共用部のエレベーターや給水ポンプを稼動させる電力を供給します。さらに、専有部の小型蓄電池も、停電時に照明や冷蔵庫などの電力を賄います。

・物件概要
名称: パークナード目黒カレン
所在地: 東京都目黒区下目黒2丁目179番2 (地番)
交通: JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線「目黒」駅徒歩約6分、東急目黒線「不動前」駅徒歩約9分
総戸数: 121戸
敷地面積: 2,708.89平方メートル
延床面積: 10,256.15平方メートル
構造・規模: 鉄筋コンクリート造 地上8階建
住居専有面積: 44.88平方メートル~89.79平方メートル
間取り: 1LDK~3LDK
事業主(売主): パナホーム株式会社 都市開発支社
販売提携(代理): 住友不動産販売株式会社
建物竣工時期: 2016年3月下旬予定
入居時期: 2016年3月下旬予定
販売価格: 消費税込5,160万円~11,780万円

▼関連ページ: パナホーム分譲マンションサイト
http://www.panahome.jp/mansion/index.html

▼ご参考: パナホームホームページ
http://www.panahome.jp/

■お問い合わせ先
パナホーム株式会社 広報・宣伝部
〒560-8543 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
TEL: 06-6834-1955 井筒 克彦・古矢 直美

※1: 需要家の取り組みにより電力のピークや量を削減するシステム
※2: 一般的なマンションとの比較において(パナホーム独自試算による)
※3: 一般的なマンションとの比較において(パナホーム独自試算による)
※4: 太陽光発電の電力や蓄電池に蓄えた電力を使用するなどして、朝夕の調理機器をはじめ、夏場の冷房・冬場の暖房使用の集中による電力需要のピークを低く抑えること
※5: 【固定価格買取制度価格について】平成26年度固定価格買取制度時の単価。買取期間: 20年申請年度により買取価格は異なります。
試算値について: 「40kW≒42,052kWh/年×売電単価32円≒1,345,664円/年」「10kW≒9,895kWh/年×蓄電&購入電力削減分単価17円≒168,215円/年」の基準にて算定。(注)太陽光発電量は設置場所、設置方法、角度、日射の強さ、周辺環境等によって大きく変化します。太陽電池モジュールは経年により発電効果も減衰します。試算値は周辺の影・積雪等の影響がない状態で算出しています。試算値には、電力会社の発電抑制は含まれておりません。試算値は目安であり、それを保証するものではありません。

  • 【パナホーム】パークナード目黒カレン 完成予想図
発表年月
発表年月