パナソニック チャイナがブランドアンバサダーに女優の高圓圓(カオ・ユエンユエン)を起用

2015年5月13日

トピックス

パナソニック チャイナがブランドアンバサダーに女優の高圓圓(カオ・ユエンユエン)を起用

パナソニック チャイナは2015年4月から、中国でのブランドアンバサダーとして、女優の高圓圓(カオ・ユエンユエン)を起用しました。同社が事業展開している家電、美容商品、デジタルAV製品など、BtoC領域からBtoBソリューションの領域まで、続々と高圓圓の広告を打ち出す予定です。高圓圓は、その清楚、知的、上品な「女神」的なイメージで中国大陸において非常に高い人気を博しています。彼女の持つ雰囲気と健康的、積極的なライフスタイルは、パナソニック チャイナが現地で掲げるブランドコンセプト、「先進技術で上質なくらしを実現する(智美生活)」を象徴しています。

パナソニックは、主にアプライアンス社 、エコソリューションズ社 、AVCネットワークス社 、そしてオートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の4つの事業をグローバルで展開しており、現在、中国での売上は600億人民元に達しています。グローバル戦略における重要な市場として、パナソニックは今後中国においても、BtoCだけではなくBtoB事業の拡大も加速していきます。

スマートシティ、セキュリティシステム、車載用デバイスから各種業界に合わせたソリューションなど、パナソニック チャイナはその幅広いビジネスネットワークを活かし、各セグメントで新たなアプリケーションを開拓。好業績の実現と共に高い注目を集めています。こうしたBtoB事業の成長、加速と共に、近年パナソニック チャイナのブランド戦略も進化。冬季オリンピック、ファッションイベント「Asia Young Collection」やAFC チャンピオンズリーグのスポンサーシップから、オフィシャルマイクロブログ、マイクロチャネルプラットフォーム、そしてマスコットキャラクター『小松』(シャオソン)の立ち上げまで、同社は継続的にブランドの強化を図っており、お客様との距離を近づけつつあります。

2014年、同社は中国事業の35周年を迎え、コーポレートメッセージとして「百年伝承 智美未来」を提唱しました。これはパナソニックが2018年の創業100周年に向けて、「百年の伝統を伝承し、人々のために、よりスマートで美しい未来を創造する」という姿勢を表しています。パナソニックは、グローバルブランドアンバサダーとして世界的に有名なサッカー選手ネイマールの起用に続き、今回、人気の高い高圓圓を中国におけるブランドアンバサダーとして起用することで、ブランド価値をさらに高め、新時代におけるパナソニックブランドの魅力を伝えていきます。

パナソニック常務役員の大澤英俊 中国・北東アジア総代表は、「高圓圓の内面から輝く魅力、そして皆さまに浸透している健康的なイメージは、パナソニック チャイナのブランドイメージを高め、さらに多くの人々がパナソニックに興味を持ってくれるでしょう。パナソニックは新しいイメージでコミュニケーションを図り、中国のお客様のためにもより良い暮らしを実現していきたい」と語りました。

同社は今後もお客様に上質なソリューションおよびサービスを提供し、「A Better Life, A Better World」の実現に貢献してまいります。

<関連情報>
・パナソニックが中国事業35周年記念式典を北京で開催(2014年10月17日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/2014/38692.html
・パナソニック チャイナ(中国語)
http://panasonic.cn/

  • パナソニック チャイナがブランドアンバサダーに女優の高圓圓(カオ・ユエンユエン)を起用
発表年月
発表年月