【小学生対象】「未来につなごう地球の宝もの」をテーマにした環境絵画コンクールを開催

2014年6月30日

トピックス

【小学生対象】環境絵画コンクール開催(テーマ「未来につなごう地球の宝もの」)

パナソニック エコシステムズ株式会社は、全国の小学生を対象にした「第9回環境絵画コンクール」を2014年も開催します。

▼第9回環境絵画コンクール
http://panasonic.co.jp/es/peses/environment/ecokids/art.html
▼第9回環境絵画コンクール 応募票
http://panasonic.co.jp/es/peses/environment/ecokids/form2014.pdf

このコンクールは、子どもの頃から環境について考える習慣を身に付けてもらうために2006年から実施しており、2014年で9回目の開催となります。

今回のテーマは、「未来につなごう地球の宝もの」。大人になっても残したい風景、理想の未来のようすなど、今ある美しい自然やみんなの夢見る未来の風景を表現した絵画と、作品に込めたメッセージを2014年7月1日から募集します。

応募いただいた作品は、環境教育関係者、児童画指導者、パナソニック エコシステムズ株式会社関係者などにより厳正なる審査を行い、最優秀賞、優秀賞などを選出。2014年10月中旬に審査結果をホームページで公表し、入賞者には賞状および記念品を贈呈します。

また、全応募作品とメッセージをホームページに公開します。入賞作品は愛知県内の公共施設やパナソニックグループの各施設などに展示するとともに、パナソニック エコシステムズ株式会社の印刷物などにも掲載し、子どもたちの「環境を大切にしたい」という思いを、より多くの人に伝えていきます。作品の応募は、2014年9月15日(月)まで受け付けています。たくさんのご応募お待ちしております。

■絵画コンクールの応募要領
【絵画のテーマ】「未来につなごう地球の宝もの」
未来につなげたい『地球の宝もの』って何だろう。きれいな空気、水、それから・・・?そんな『宝もの』を守るために自分たちには何ができるかな。今ある美しい自然やみんなの夢見る未来の風景を自由に描いた絵と、伝えたいメッセージを募集します。

【目的】子どもの頃から環境を意識した行動ができるよう、環境問題を考えるきっかけとしてもらう。また、環境を大切にしたいと思う子どもたちの作品とメッセージを広めることで、より多くの人の環境意識を高める。

【対象】全国の小学生(1年生~6年生)

【応募締切】2014年9月15日(月)(当日消印有効)

【応募方法】応募票(パナソニック エコシステムズ株式会社ホームページよりダウンロード:http://panasonic.co.jp/es/peses/environment/ecokids/form2014.pdf)に必要事項を記載の上、作品裏面に貼付して下記の作品ご送付先へ郵送

【後援】愛知県教育委員会、春日井市、春日井市教育委員会、公益財)日本環境協会、なごや環境大学、ESDユネスコ世界会議あいちなごや支援実行委員会

【連携協力】ESDユネスコ世界会議あいちなごや支援実行委員会

【応募の詳細】パナソニック エコシステムズ株式会社 ホームページ(http://panasonic.co.jp/es/peses/environment/ecokids/art.html)に記載 

【お問い合わせ先・作品ご送付先】
パナソニック エコシステムズ株式会社 環境推進室 平野・荒井宛
〒486-8522 愛知県春日井市鷹来町字下仲田4017番
TEL:(050)3787-1582 (受付時間:平日8:30~17:00 ※夏季休暇などパナソニック エコシステムズ株式会社の休日を除く)
E-mail:koho_pes@gg.jp.panasonic.com


<ご参考>第8回(2013年度)実施概要
【絵画のテーマ】「水と生きもの」
【応募総数】627点
http://panasonic.co.jp/es/peses/environment/ecokids/2013/index.html

▼第9回環境絵画コンクール
http://panasonic.co.jp/es/peses/environment/ecokids/art.html
▼第9回環境絵画コンクール 応募票
http://panasonic.co.jp/es/peses/environment/ecokids/form2014.pdf

■パナソニック エコシステムズ株式会社
http://panasonic.co.jp/es/peses/
パナソニックグループの中で、空気清浄機や除湿機、換気送風機器など健康・快適な室内空気質を実現する「IAQ分野」と、水・空気・土の浄化とエネルギー関連で環境負荷を低減する「環境エンジニアリング分野」で、「人と地球に優しい環境」の実現を目指して事業を進めています。

発表年月
発表年月