発電量トップクラス[住宅用]太陽電池モジュールHIT(R)「244α/250α/ハーフタイプN120α」受注開始~「パワーコンディショナ」 もラインアップを拡充

2014年5月14日

トピックス

太陽電池モジュールHIT(R)設置イメージ

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、さらに出力と変換効率を向上させた住宅用太陽電池モジュールHIT(R)の「244α(アルファ)/250α」と、それと組み合わせる「ハーフタイプN120α」の受注を2014年6月23日より開始します。また、HIT(R)のハーフタイプを自由に組み合わせることができる新製品「屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ 4.6kWタイプ」も同時に受注を開始します。

▼太陽光発電システム HIT244α/250α/HITハーフタイプN120α 
http://sumai.panasonic.jp/solar/hit20140625.html
 
国内の住宅用太陽光発電システム市場は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度により、今後も堅調な需要が見込まれます。また「できるだけ発電量を大きくしたい」というニーズは、戸建住宅のほか、さまざまな建物の屋根で継続するものと考えられます。パナソニックは2014年4月10日に、実用サイズの太陽電池セルの変換効率で世界最高(※5)の25.6% (※6)を研究レベルで達成したことを発表しましたが、常に『性能・品質・信頼性の向上』を追求し、それを太陽光発電システムとしてお客様に提供できるよう取り組んでいます。
このたび、高効率で高温特性にも優れたHIT(R)の新製品として、独自のセル構造や低反射ガラスの改良などにより、さらに出力を向上させた標準サイズモジュール「244α/250α」とそれと組み合わせる「ハーフタイプN120α」を発売します。また、全回路独立動作し、業界トップクラス(※7)の電力変換効率96%(※8)を実現した、住宅用の「屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ 4.6kWタイプ」も発売します。

今回のHIT(R)新製品発売にあたり、モジュールを含むシステム(※9)についてはパナソニックの設置基準を満たす条件であれば、現在の機器瑕疵保証10年を15年に無償で延長するサービスを展開します。さらには、期間限定(受注開始から2014年9月30日まで)の新製品発売記念キャンペーンとして抽選で5万円のキャッシュバックも実施します。
パナソニックはこれからも、高効率なHIT(R)とパワーコンディショナの豊富なラインアップで、お客様のさまざまな形状の屋根で、より大きな発電量を得ることができる太陽光発電システムHIT(R)の商品開発に取り組んでいきます。

【品名】太陽電池モジュールHIT(R)244α
【品番】VBHN244SJ33
【公称最大出力(※3)】244W
【モジュール変換効率(※4)】19.0%
【希望小売価格(税別・工事費別)】135,000円
【受注開始日】2014年 6月23日

【品名】太陽電池モジュールHIT(R)250α(受注生産品)(※2)
【品番】VBHN250SJ31
【公称最大出力(※3)】250W
【モジュール変換効率(※4)】19.5%
【希望小売価格(税別・工事費別)】163,000円
【受注開始日】2014年 6月23日 

【品名】太陽電池モジュールHIT(R)ハーフタイプN120α
【品番】VBHN120SJ33
【公称最大出力(※3)】120W
【モジュール変換効率(※4)】18.1%
【希望小売価格(税別・工事費別)】66,500円
【受注開始日】2014年 6月23日 

【販売目標】80,000セット/年(2014年度)

■特長
1.出力、変換効率がさらに向上したHIT(R)「244α/250α」は、面積(m2)あたりでもシステム容量(kW)あたりでも発電量トップクラス(※1)
2.業界トップクラス(※7)の電力変換効率 96%(※8)を実現した屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ
3.新製品を購入したお客様を対象とした機器瑕疵保証10年を15年に無償で延長するサービスを展開

*「HIT」はパナソニックグループの登録商標です。

※1:国内の住宅用太陽光発電システム業界において。パナソニック調べ。太陽光発電システム容量1kWあたりの年間推定発電量1,188kWh/kW(大阪市、パワーコンディショナ:VBPC255A4の場合)2014年5月現在。一般社団法人太陽光発電協会基準「年間推定発電量計算式」に基づく
※2:納期につきましては、販売店にお問合せください
※3:公称最大出力の数値は、JIS C8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/m2、モジュール温度25℃での値です
※4:太陽電池のモジュールの変換効率(%)は(モジュール公称最大出力(W)×100)÷(モジュール面積(m2)×1,000W/m2)の計算式を用いて算出しています
変換効率とは、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合を表します
※5:非集光型シリコン系太陽電池セル(セル面積に関わらず)において、2014年4月10日現在パナソニック調べ
※6:産業技術総合研究所(AIST)における評価結果
※7: 2014 年3月現在、パナソニック調べ。接続箱を内蔵した国内住宅用マルチストリング型4kW~5kWクラスの屋外設置可能タイプにおいて
※8: JIS C 8961 に基づく効率測定方法による定格負荷効率
※9:対象機器は、太陽電池モジュール、パワーコンディショナ、接続箱、標準架台。エネルギーモニタ、電力検出ユニットは、1年保証です


▼太陽光発電システム HIT244α/250α/HITハーフタイプN120α 
http://sumai.panasonic.jp/solar/hit20140625.html

<関連情報>
▼太陽光発電システム
http://sumai.panasonic.jp/solar

■お問い合わせ先
エコソリューションズ社 エナジーシステム事業部 商品営業企画部 電話:06-6908-1131(代表 受付8:45~17:30)

  • 太陽電池モジュールHIT(R)ハーフタイプN120α
  • 屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ4.6kWタイプ
  • 屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ専用リモコン
発表年月
発表年月