パナソニック、テレビの顔が変る?!北米向け新製品スマートビエラを出展中~2013 International CES~

2013年1月 9日

トピックス

スマートビエラ

アメリカ ラスベガスで開催(2013 年1月8日~11日)されている 2013 International CES に出展中のパナソニック。ブースの中でも今回、特に注目したいのが、「Your TV」のコーナー。こちらでは、北米向けに発表されたスマートビエラの新商品を、デモや体験コーナーを交えて詳しく紹介しています。
2013年ビエラが実現する新しいTVの形とは?その進化した機能について詳しくご紹介します。

■マイホームスクリーン:より早く、より簡単に、自分の見たいコンテンツに、いつでもアクセス!
これからは、家族一人ひとりがテレビに自分のホームスクリーンをもつ時代。テレビを生活の道具として使いたい人には、スケジュールやメモなど実用的なコンテンツが満載の「ライフスタイルスクリーン」。ブラウジングやSNSを楽しみたい人には、テレビを見ながらインターネットも楽しめる「インフォスクリーン」。その他、自分の好きなコンテンツや壁紙でスクリーンを作ることも可能です。内蔵カメラ搭載のビエラなら、画像認識機能により、ビエラの前に座るだけで、自動的に自分のスクリーンを呼び出します。

■ボイスインタラクション:これからは話しかけてテレビを操作!
最近、スマートフォンでも普及してきた、音声認識機能をビエラに搭載。見たい画面の呼び出しや、SNSへの書き込み、入力切り替えなど、様々な操作をあなたの声で行うことができます。

■スワイプ&シェア2.0:あの話題の機能が更に進化。指1本と2本で何が違う?
昨年のIFA2012で話題を呼んだ「スワイプ&シェア」が更に進化。
http://ch.panasonic.net/jp/contents/10396/

写真や動画、ウェブ画面まで、手元のタブレットやスマートフォンから、ビエラに向かって指1本で飛ばすだけで、簡単に、家族や友人とシェアすることが出来る機能です。またビエラで見ていたものをタブレットに戻したい時にも指一本で、スワイプバック。 さらに!指2本でスワイプバックするとタブレットにダウンロードまで出来るので、見たいコンテンツを簡単に持ち出すことが出来るというとても便利な機能です。
  
その他、ボイスガイダンス機能や、タッチペン等の機能も搭載し、テレビの楽しみ方が拡がります。

■RGBオール印刷方式では世界最大 4K有機ELディスプレイを初公開(参考展示)
その他、高い注目を集めているのが、プレゼンテーションステージ横で展示されている、RGBオール印刷方式では世界最大の56型4K有機ELディスプレイ。最薄部 8.9mm、重量 約12Kgという薄型・軽量を実現した、高精細・高コントラスト・高色再現で、これまでにない高画質を実現しています。
迫力ある大画面で、華やかに、エキサイティングに、そして、精細な画質を体験できるこのディスプレイに是非、ご期待ください。
▼[プレスリリース]56型 4K2K 有機ELパネルを開発
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2013/01/jn130109-1/jn130109-1.html

▼[キーノート録画]Your TV
http://www.youtube.com/watch?v=ptK5geFteDA
(12分あたりに4K有機EL登場)

■2013 International CES 開催概要
期 間:2013年1月8日(火)~1月11日(金)9:00~18:00(初日は10:00開場、最終日は16:00まで)
主 催:The Consumer Electronics Association (CEA) 米国家電協会
開催地:米国ネバダ州 ラスベガス市
会 場:ラスベガスコンベンションセンター
公式サイト:http://cesjapan.org/

※日時は太平洋標準時。

  • スマートビエラ
  • ビエラの新機能
  • スワイプ&シェア2.0
  • ボイスインタラクション体験コーナー
  • 56型4K有機ELの参考出品
発表年月
発表年月