-組織診断に基づくキャパシティビルディングを支援-「Panasonic NPOサポート ファンド」2011年募集事業 助成先を決定

2011年10月25日

トピックス

「Panasonic NPOサポート ファンド」2011年募集事業 助成先を決定

パナソニック株式会社は、NPOの組織基盤強化を支援する助成プログラムである「Panasonic NPOサポート ファンド」2011年募集事業の助成先を決定しました。

▼Panasonic NPOサポート ファンド
http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/

社会課題の解決の促進に向けて市民活動が持続的に発展していくためには、NPOのキャパシティビルディング(組織基盤強化)が必要であるとの認識のもと、2001年に本ファンドを設立以来10年間、当社は一貫して環境分野・子ども分野のNPOのキャパシティビルディングを支援してきました。

2011年募集事業より、これまでの助成実績と本ファンドに対する第三者評価の結果をふまえ、助成テーマを「組織診断に基づくキャパシティビルディング」としています。NPOがより戦略的に社会課題を解決できるようになるために、自己変革しながら持続的に成長できるよう、組織運営上の課題を抽出し解決の方向性を見出す組織診断の手法を活用して、「組織診断助成」「キャパシティビルディング助成」の2段階で支援します。

今年6月に公募した「組織診断助成」には33団体の応募があり、その中から16団体に1,440万円(環境分野8団体780万円、子ども分野8団体660万円)の助成が決定しました。また「キャパシティビルディング助成」には、過去2年間の助成先の中から11団体に1,560万円(環境分野4団体720万円、子ども分野7団体840万円)の助成が決定し、合計27団体に総額3,000万円の助成をします。

▼環境分野 助成団体一覧
http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/2011r/kan_jyosei.html
▼子ども分野 助成団体一覧
http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/2011r/ko_jyosei.html

「組織診断助成」が決定した16団体のうち、8団体は今年開発した「Panasonic NPOサポート マネジメント イノベーション プログラム」への参加を通じて組織診断に取り組みます。助成先団体がグループとなり、座学・ワークショップ・ピアラーニングを組み合わせた集合研修と個別コンサルティングの機会を得ながら組織診断を実施します。

2011年募集事業の応募状況、選考総評、助成団体の推薦理由等に関する詳細は、ホームページで紹介しています。
▼Panasonic NPOサポート ファンド
http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/


<事務局・問い合わせ先>
パナソニック株式会社 コーポレートコミュニケーション本部 社会文化グループ 
担当:金村・東郷 TEL:03-6403-3140


【2011年募集 贈呈式】
このたび助成が決定した27団体の皆様にお集まりいただき、公開形式で「贈呈式」を開催致します。助成先団体の取り組み発表をはじめ、過去のキャパシティビルディング事例報告、NPO有識者の方による講演、交流会を行います。

日時:2011年11月10日(木)13:30~18:00
場所:パナソニックセンター東京
詳細および申し込み先:http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/presentation/


<関連情報>
▼Panasonic NPOサポート ファンド 
http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/
▼Panasonic NPOサポート ファンド「プログラム概要」
http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/npo_summary.html
▼Panasonic NPOサポート マネジメント イノベーション プログラム
http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/diagnosis/
▼Panasonic NPOサポート ファンド 2011年募集事業 贈呈式のご案内
http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/presentation/
▼Panasonic NPOサポート ファンド プログラム評価のご報告  http://panasonic.co.jp/cca/pnsf/ar_report/2010_building/

発表年月
発表年月