パナソニックとユネスコがストラテジックパートナーシップを締結 サラ・ブライトマンが歌うテレビCM「パナソニック×世界遺産」もWeb配信中

2011年6月 7日

トピックス

「パナソニック×世界遺産」スペシャルサイト

パナソニック株式会社とユネスコ世界遺産センターは、ユネスコ世界遺産の保護と次世代への環境教育を通じた持続的成長の促進を目指すストラテジックパートナーシップを2011年6月3日に締結しました。

▼メディア向け説明会の様子をチャンネルパナソニックで動画配信中
http://ch.panasonic.co.jp/contents/02931/

パナソニックは、創業100周年を迎える2018年に向けたビジョンとして、「エレクトロニクスNo.1の『環境革新企業』」を掲げ、全事業活動の基軸に「環境」を置き、環境貢献と事業成長の一体化に取り組んでいます。
環境貢献をめざすパナソニックは、ユネスコ世界遺産センターと協力し、1995年よりユネスコ世界遺産カレンダーを発行しています。
ユネスコ世界遺産センターは、顕著で普遍的な価値のある文化遺産・自然遺産を保護し、次世代に伝えていく取り組みを主導する世界遺産条約の事務局です。
今回のストラテジックパートナーシップ契約は、これまでのカレンダーでの協賛関係を、さらに強化する取組みになります。

「パナソニックとの新たなパートナーシップは、私達の使命達成の上で、強力な後押しになります。地球資源と環境の持続的な利用のために、考え、そして行動することを促進するチームワークの素晴らしい事例です。」とユネスコのディレクター・ジェネラルであるイリナ・ボコヴァ氏はコメントしています。

パナソニックは「世界遺産の保護に向けた意識高揚と保全」及び「世界遺産教育プログラムにおける次世代環境教育活動の促進」を目的とし、2011年6月から2年間にわたり、ナショナル ジオグラフィック チャンネルにおいて世界遺産番組 「The World Heritage Special」を世界183カ国・地域において1社提供するなどのコミュニケーション活動と、3D関連AV機器や技術の支援を加えた、世界遺産に関連する次世代環境教育活動を行います。これらの活動を通じて、ユネスコ世界遺産の保護と2012年の世界遺産条約40周年の話題喚起にも貢献していきます。また、子供達のための遺跡見学や、様々なコンテストも開催し、実体験を通じて、より若い世代と世界遺産保護の大切さを伝えていきます。

▼「パナソニック×世界遺産」スペシャルサイト
http://panasonic.co.jp/worldheritage/

▼「パナソニック×世界遺産」テレビCM
http://ch.panasonic.co.jp/contents/02854/
世界遺産をはじめとする地球環境の保全や次世代への想いを、世界的ソプラノ歌手・サラ・ブライトマンが歌うパナソニック・ソング「Shall be done」にのせて伝えるテレビCMです。
世界180カ国以上の「ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル」や当社の提供番組などでオンエア中。

7カ国語(日本語、英語、中国語、スペイン語、ロシア語、フランス語、韓国語)のバージョンを視聴できる動画レビューページはこちら
http://ex-blog.panasonic.co.jp/ch_panasonic/cm/02854.html

▼Facebook ファンページ
http://www.facebook.com/worldheritage.with.panasonic

発表年月
発表年月