『2011年度 パナソニック提供 龍谷講座 in 大阪』“今、国際人材として知っておいて欲しいこと~社会貢献・国際協力入門講座~”のご案内

2011年4月14日

トピックス

『2011年度 パナソニック提供 龍谷講座 in 大阪』のご案内

パナソニックと龍谷大学と特定非営利活動法人関西NGO協議会が共催する「社会貢献・国際協力分野の講座」がご好評いただき、今年で3年目を迎えます。『2011年度 パナソニック提供 龍谷講座 in 大阪』“今、国際人材として知っておいて欲しいこと~社会貢献・国際協力入門講座~”の開催をご案内します。

▼『2011年度 パナソニック提供 龍谷講座 in 大阪』
“今、国際人材として知っておいて欲しいこと~社会貢献・国際協力入門講座~”
http://rec.seta.ryukoku.ac.jp/panasonic/

■求められているグローバルな視点-
国際社会の多様な価値観、複雑な社会的背景を理解することは、社会人、企業人として必須となってきています。

■普段の行動に活かす-
ファシリテーション能力やコミュニケーション能力を磨き、普段の活動で活かすことが求められています。

それぞれの課題に果敢に挑んでいる講師が、マスメディアで取り上げられることが少ない、最新の情報を元に講義します。
地球規模の課題を知ることは、グローバルな構造と自分との関係性を考える上で不可欠です。世界の課題が、実は私たちの日常生活につながっていることを実感しながら、講義やワークショップを通じて解決策を考えましょう。


■各回の内容

・5月11日(水) 『第1回:地域社会から見たグローバリーゼーション』
<講師> 神田 浩史 (特活)AMネット 理事
こんなこと、あんなものが世界とつながっている?自分たちの地域社会の諸課題と世界規模の問題とのつながりについて考えていきます。

・5月18日(水) 『第2回:国際協力の潮流(トレンド)とNGO』
<講師> 秦 辰也 近畿大学文芸学部 教授、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会 常務理事
国際協力の潮流(トレンド)とNGOの歴史的変遷を振り返ります。今日の「グローバル市民社会」における日本のNGOの存在意義と公共に対する役割について検討します。

・5月25日(水) 『第3回:格差ってなに?私たちに何が出来るの?』
<講師> 神田 浩史 (特活)AMネット 理事
どうして格差は生まれるの?私たちはどこに立っているの?そして、どこに向かうの?ワークショップ形式で、一緒に考えていきましょう。

・6月1日(水) 『第4回:人権から見る国際連携のあり方』
<講師> 山本 愛 財団法人とよなか国際交流協会
ジェンダーやカースト制度などの影響で差別をうけるネパール女性。現地の人権状況と解放運動を知り、日本の課題に引きつけながら国際連帯を考えます。

・6月8日(水) 『第5回:飢餓の現場に本当に必要なこと』
<講師> 折居 徳正 (公益社団法人)日本国際民間協力会 事務局長
飢餓が起きる度に食糧援助??貧困の連鎖を断ち切り、アフリカの村おこしのモデルづくりを目指すマラウイでの取り組みについて、皆さんと一緒に考えます。

・6月15日(水) 『第6回:貧困はなくせるの? 考えてみましょう。』
<講師>野田 沙良 (特活)アクセス-共生社会をめざす地球市民の会 理事・事務局員
フィリピンの貧困の現状とその背景、貧困削減のための活動を紹介します。「どのような支援を実施するか」をテーマに、ミニ・ワークショップも行います。

※2011年度は18講座開講する予定です。第7回以降は内容が決まり次第ご案内いたします。

場所:ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー14階
   龍谷大学大阪梅田キャンパス研修室
   JR「大阪駅」桜橋出口より徒歩4分
   大阪市営地下鉄四つ橋線「西梅田駅」3番出口すぐ、地下通路で直結
時間:各回とも 19:00~20:30
定員:各回70名(申込先着順)
   ※本講座は事前申込制です。
   ※当日の参加状況によっては、申込なしの来場でもご受講いただける場合があります。
受講料:無料
お問い合わせ:龍谷大学REC京都「パナソニック係」
       TEL / 075-645-7892
      (受付時間:日曜・祝日を除く月~土曜 10:00~16:00)

▼お申し込み先 龍谷エクステンションセンター
http://rec.seta.ryukoku.ac.jp/panasonic/


▼2010年度の講座リポート
http://panasonic.co.jp/cca/welfare/ryukoku_kouza/

▼パナソニックの企業市民活動共生社会
http://panasonic.co.jp/cca/welfare/

発表年月
発表年月