理数の魅力体感ミュージアム「リスーピア」 新展示「ファンクションシューター」が登場!

2010年3月16日

トピックス

リースーピア新展示「ファンクションシューター」

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、http://panasonic.co.jp/)は、子どもたちに理科と数学(算数)についての興味や関心を持ってもらい、好奇心を育むことを目的とした施設 「リスーピア」(http://risupia.panasonic.co.jp/)を設立し、運営しております。

2006年8月のオープン以来、理科、数学(算数)を楽しみながら学ぶことができる施設として、家族連れのお客様はもちろん、学校での学びのスポットとしても定着し、今では、年間1,000校以上の学校にご活用いただき、ご好評をいただいております。

この度、さらなる理数への興味喚起を行うことも目的とし、2010年3月20日より、新展示「ファンクションシューター」を公開いたします。

-----------------------------------------------------------
【新展示「ファンクションシューター」に関する概要】
新展示「ファンクションシューター」は、関数とグラフについて体験的に学ぶことができる展示です。
直線や曲線といったグラフの位置や形を変化させ、座標に現れるターゲットをシューティングゲーム感覚で、狙っていきます。
このように、コントローラでグラフの位置や形を変化させ、ターゲットを狙っているうちに位置や形を決定する関数のパラメーターの役割を体験的に学ぶことができます。

◆学びのポイント
本展示体験により、関数とグラフについて学ぶことができます。
一次関数y=ax+bや二次関数y=ax2+bのグラフ上での係数a、bの役割を学べます。

◆より学びを高めるための工夫
座標上には、複数のターゲットが現れ、1つの関数でより多くのターゲットを狙うと高得点が得られるようになっています。このため、関数であらわされる複数の点の集合がグラフとなることと、そのグラフを構成する関数のパラメーターa、bの役割が体感的に学べるようになっています。

▼ファンクションシューター
 http://risupia.panasonic.co.jp/news/100305.html

-----------------------------------------------------------
【 リスーピア概要 】
リスーピアは、東京・有明のパナソニックセンター東京(http://panasonic.co.jp/center/tokyo/)内にある、子ども達に理科と数学(算数)について興味や関心を持ってもらい、好奇心を育むことを目的としたパナソニック株式会社が運営している施設です。

◆主な展示内容
くらしに活かされている理科、自然に潜んでいる数学
・算数(数学):素数、黄金比、フィボナッチ数列、幾何級数 等をテーマとした展示
・理科:光の三原色、光の屈折、電磁誘導 等をテーマとした展示

◆施設利用料金
 高校生以下:無料 大人(18歳以上):500円   

▼リスーピア
 PC用URL http://risupia.panasonic.co.jp/
 携帯用URL http://p-mp.jp/pct/risupia/

発表年月
発表年月