パナソニック・アスリート応援ブログ 「One Winter, Five Dreams.」が今、熱い。

2009年12月16日

トピックス

Panasonic バンクーバー 2010 アスリート ブログ

パナソニックは、自社のオリンピック・ウェブサイトで、パナソニック・アスリート応援ブログ「One Winter, Five Dreams.」を展開しています。

▼One Winter, Five Dreams.
英 語:http://5dreams.panasonic.net
日本語:http://5dreams.panasonic.net/index_j.html

様々な逆境を克服し、バンクーバー冬季オリンピックへの出場を目指すアスリートの中から5人を選出。その彼らが日常生活やトレーニングの様子を、動画や写真を駆使してブログに綴っています。読者の皆様と一緒に5人のアスリートを応援して、オリンピックへ出場するまでをサポートしていく読者参加型のプロジェクトです。

世界中の人々とオリンピック選手の情熱と感動を分かち合う"Sharing the Passion”をスローガンにオリンピックをサポートしている当社は、様々な困難に立ち向かいながらオリンピック出場を目指して挑戦するアスリートの真摯な姿に共感し、このプロジェクトを企画しました。

パナソニック・アスリート応援ブログ「One Winter, Five Dreams.」に選ばれた5人のアスリートは、それぞれユニークなエピソードを持つ選手ばかりです。雪の降らない国からの挑戦、資金難、母国を離れてのトレーニングなど、様々な試練を乗り越えて、オリンピックを目指す選手達にとっては、世界中からの応援の声がなによりの励みになるものと思っています。

冬季五輪の開幕迫るこの時期、彼らのブログはえもいわれぬ臨場感です。選手の応援団の一員として、選手達と一緒にオリンピックへの夢を共有してみるのはいかがでしょう。ぜひ積極的に参加していただき、5人のアスリートに直接「応援」の声を届けましょう!

さて、“様々な逆境を克服した”5人のアスリートとは・・・
※5人のアスリートは、2009年11月2日現在、各国のオリンピック代表として正式に選出されておりません。


★ロベール・テクレマリアム選手
(男子クロスカントリー・エチオピア・1974年エチオピア出身・35歳)
 http://5dreams.panasonic.net/robel_teklemariam/
トリノ冬季オリンピックでエチオピア選手として初めて冬季オリンピックに出場した選手。ドレッドヘアをなびかせて力走する姿にはファンが多い。選手と国のスキー連盟会長、監督、ワックスマンの一人4役をこなす。普段は、リゾートホテル「クラブメッド」のインストラクターマネージャーとして世界中を飛び回っている。
世界ノルディック初参加で順位は完走117人中の108位。2006年 トリノ冬季オリンピック108位。

★キャサリン・ユースティス選手
(女子スケルトン・ニュージーランド・1975年英国出身・34歳)
 http://5dreams.panasonic.net/katharine_eustace/
ニュージランドの女子スケルトン代表候補上位3人のうちの一人。スケルトン競技が盛んでないため、海外遠征、練習用にスポンサー探しで苦慮している。出場枠も現在1枠、2枠になるかどうかもオリンッピック直前までわからないぎりぎりの状況下で、はじめてのオリンピック出場に向けて、日々練習に励んでいる。ふだんは理学療法士として勤務している。2009年インターコンチネンタルカップ5位。

★越和 宏 選手
(男子スケルトン・日本・1964年長野県出身・45歳)
 http://5dreams.panasonic.net/kazuhiro_koshi_jp/
1992年のアルベールビル冬季オリンピックを目指すが、代表メンバーから落選。その後、スケルトンに転向。選手どころか指導者さえもいなかったこの競技で孤軍奮闘。マイナー競技ゆえのさまざまな困難に突き当たり、転職、失業…と挫折を繰り返しながらも、反骨精神をエネルギーに、1999年のワールドカップ長野大会では、日本人として初優勝を達成。2002年ソルトレーク、2006年トリノと2度のオリンピック出場。バンクーバー冬季オリンピックでは最年長の日本代表としてメダルを狙う、「中年の星」である。2006年 トリノ冬季オリンピック11位。

★トゥーバ・カラデミル選手
(女子フィギュアスケート・トルコ・1985年トルコ出身・24歳)
 http://5dreams.panasonic.net/tugba_karademir/
2006年トリノ冬季オリンピック女子シングルで、トルコのフィギュアスケート選手として初のオリンピック出場を果たした。トルコのアンカラで5歳からスケートを始めたが、12歳の時に練習環境の不十分さを解消するため、練習拠点をカナダ オンタリオ州バリーに移す。トルコ本国からの支援はごくわずかである中、カナダ代表としてのオファーもあったが、あえて母国トルコ代表を選んだ。スケートだけでなくトロントの大学で生物工学を学んでいる。2006年 トリノ冬季オリンピック21位(決勝24人中)

★クライド・ゲティ選手
(男子フリースタイルスキー・アルゼンチン・1962年アメリカ出身・47歳)
 http://5dreams.panasonic.net/clyde_getty/
スキー最年長で2006年トリノ冬季オリンピックに出場し、演技に失敗し顔面から着地。顔を強打し、両足のスキーも外れた。大事故かと観客が見守る中、立ち上がった彼は両手を上げ、ヘルメットを振り回して投げキッスまでし、観客の喝采をあびた。アルゼンチン人の両親の元に米国で生まれ、1990年代米国フリースタイルスキーチームのメンバーとして活躍した後、市民権を得てアルゼンチンで暮らす。米国からアルゼンチンに国籍変更し2度目のオリンピック。「年齢なんか関係ない。オレをオリンピックに導くのは情熱さ」。トリノでは最下位に終わり、「競技に比べれば、仕事は簡単だよ」とコンピューター関係の仕事に復帰するも、夢をあきらめず2010年バンクーバー出場を目指す。2006年 トリノ冬季オリンピック最下位。

発表年月
発表年月