テクニクス/パナソニック 完全ワイヤレスイヤホンの本体ファームウェアのアップデートを開始

2020年6月17日

トピックス

テクニクス「EAH-AZ70W」 パナソニック「RZ-S50W」「RZ-S30W」

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、テクニクスおよびパナソニックの完全ワイヤレスイヤホンにおいて、操作性向上に対応した本体ファームウェアのアップデートを、2020年6月17日(水)より開始します。

パナソニックは、2020年4月にパナソニック初となる完全ワイヤレスイヤホンをテクニクスブランド・パナソニックブランドで発売しました。

この度、操作性を改善し、さらに快適なリスニングをお楽しみいただけるよう、本体ファームウェアのアップデートを開始します。
タッチセンサー操作時の長押し時間の短縮や登録済み機器へのBluetooth(R)接続時間の短縮、Bluetooth(R)接続先の切り換え方法の改善などを行います。

ファームウェアのバージョンの確認方法や最新ファームウェアの更新方法は、2020年6月17日(水)より下記サポートサイトで公開します。
※ファームウェアのアップデートには、専用のアプリが必要です。

■完全ワイヤレスイヤホン 本体ファームウェア
【Technics(テクニクス)】
https://jp.technics.com/support/firmware/
【Panasonic(パナソニック)】
https://www.panasonic.com/jp/support/consumer/digital/headphone.html

[対象機種およびアップデート後のファームウェアのバージョン]
テクニクス:EAH-AZ70W JMS1ZN 01.70
パナソニック:RZ-S50W JMS1ZN 01.70、RZ-S30W JMS1ZM 01.20

[アップデート内容]
1. タッチセンサー操作時の長押し時間の短縮
外音コントロール切り換え時(※)・音声アシスタント起動時・終話時・着信拒否時の長押し時間を短縮しました。よりスムーズな操作が可能になります。
※ EAH-AZ70W、RZ-S50W:ノイズキャンセリング・アンビエント(外音取り込み)・外音コントロールオフの切り換え
RZ-S30W:アンビエント(外音取り込み)・外音コントロールオフの切り換え

2. 登録済み機器へのBluetooth(R)接続時間の短縮
充電ケースからイヤホン本体を取り出し、既に登録済みの機器に対してのBluetooth(R)接続の時間を約3秒短縮しました。

3. Bluetooth(R)接続先の切り換え方法の改善
Bluetooth(R)の登録機器(既にイヤホンに登録済みの機器)が複数ある場合、接続したい機器側の操作だけで切り換えが可能になりました。これまでは先に接続していた機器のBluetooth(R)をOFFにしてイヤホンとの接続を切ったのちに次の機器に接続する必要がありましたが、アップデート後は、接続したい機器のBluetooth(R)設定からイヤホンを選択するだけで接続されます。

<関連リンク>
▼完全ワイヤレスイヤホン ラインアップ
https://panasonic.jp/headphone/products/lineup_tw.html
▼テクニクス EAH-AZ70W
https://jp.technics.com/products/az70w/
▼パナソニック RZ-S50W
https://panasonic.jp/headphone/products/s50w.html
▼パナソニック RZ-S30W
https://panasonic.jp/headphone/products/s30w.html

●Bluetooth(R)ワードマークおよびロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG, Inc. が所有権を有します。パナソニック株式会社は使用許諾の下でこれらのマークおよびロゴを使用しています。その他の商標および登録商標は、それぞれの所有者の商標および登録商標です。

  • テクニクス「EAH-AZ70W」 パナソニック「RZ-S50W」「RZ-S30W」
発表年月
発表年月