パナソニック「外でもドアホン」がさらに便利に~ソフトウェアのアップデートにより、連携可能な機器を新たに2機種追加

2018年2月22日

トピックス

「屋内スイングカメラ」で動き回るペットの様子を外出先から確認

パナソニック株式会社は、外でもドアホン「SWH705/SVH705シリーズ」のソフトウェアのアップデートにより、同シリーズに連携可能な機器を2018年2月22日(木)より2機種追加します。

「外でもドアホン」は、モニター親機と、お手持ちのスマートフォン(※1)で来訪者の応対ができる製品として好評いただいています。また本製品は、「スマ@ホーム システム」との連携も可能で、宅内・宅外の様子をお手持ちのスマートフォン(※1)で確認することができます。このたび、ドアホンに登録することでスマートフォン(※1)と連携できる機器をさらに2機種追加します。ペットの見守りに便利な「屋内スイングカメラ」と、既設配線がないところにも簡単に増設ができる「ワイヤレス玄関子機」です。モニター親機のアップデートおよびスマートフォン(※1)専用アプリ「ドアホンコネクト」(無償)のアップデートにより、これらの機器がご使用いただけます。アップデートは2018年2月22日(木)より可能です。

パナソニックは、便利に見守り・かんたんホームセーフティーを実現できる本製品を幅広いユーザーに向け提案していきます。

▼ドアホン親機のソフトウェア更新について
http://www.panasonic.com/jp/support/consumer/com/door/verup/

▼専用アプリケーション「ドアホンコネクト」のダウンロードについて
http://www.panasonic.com/jp/support/consumer/com/door/smpdc/

【スマートフォン連携が可能な機器について】
新たに「屋内スイングカメラ」「ワイヤレス玄関子機」の2機種に対応します。

1. 屋内スイングカメラ「KX-HC600-W」
電波干渉による通信障害が少ないDECT(※2)準拠方式でモニター親機と屋内スイングカメラを無線接続。左右360°、上下約90°を見渡せる首振り機能を搭載し、動き回るペットの様子を外出先からスマートフォン(※1)で自在に確認することができます。さらに、通話機能を使って留守番中のペットに呼びかけることも可能です。

2. ワイヤレス玄関子機「VL-VD561L-N」
電波干渉による通信障害が少ないDECT(※2)準拠方式でモニター親機とワイヤレス玄関子機を無線接続。さらにワイヤレス玄関子機は電池式を採用しているため、配線工事が不要で設置場所を選びません。

※1:Android(TM) 4.1 以降を搭載したスマートフォン、またはiOS 8.0以降を搭載したiPhone5以降、iPad、iPad miniに対応しています。スマートフォンを子機として使用するには、当社サポートサイトに公開の動作確認済みスマートフォン、無線LANルーター、ネットワーク環境情報をご確認ください。ご利用には専用アプリケーション「ドアホンコネクト」のインストールが必要です。

※2:DECT(Digital Enhanced Cordless Telecommunications)は、ETSI(欧州電気通信標準化機構)の商標で、世界で広く普及している無線通信方式のひとつです。当社の製品はARIB(一般社団法人 電波産業会)の標準規格「ARIB STD-T101」に準拠しています。

※本記事で紹介している画像はイメージです。

<関連情報>
・パナソニック 外でもドアホン「SWH705/SVH705シリーズ」
http://panasonic.jp/door/products/swh705ks.html
・パナソニック ホームネットワークシステム「スマ@ホーム システム」
http://panasonic.jp/hns/

・パナソニック 個人のお客様向け商品情報 トップページ
http://panasonic.jp/

  • 「屋内スイングカメラ」で動き回るペットの様子を外出先から確認
  • 配線工事なしで増設できる「ワイヤレス玄関子機」
  • 外でもドアホン VL-SWH705KS
  • 屋内スイングカメラ KX-HC600-W
  • ワイヤレス玄関子機 VL-VD561L-N
発表年月
発表年月