「オトナの夢は、カタチにしよう。」をキャッチフレーズに、夢の実現を応援する「Panasonic リフォーム」の新CMを4月13日より全国でオンエア

2016年4月13日

トピックス

Panasonic リフォーム「オトナの夢は、カタチにしよう。」

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社(以下、パナソニック)は、「Panasonic リフォーム」の新しいシリーズCMを2016年4月13日(水)より全国スポットでオンエアします。

▼Panasonic リフォーム「オトナの夢は、カタチにしよう。」新作CMはこちら
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/otona_yume/

住まいや暮らしにこだわる方が増える中、リフォームの可能性をもっとお伝えしたい。そんな思いを込めて、「オトナの夢は、カタチにしよう。」をキャッチフレーズに、お客様の暮らしの夢の実現を応援する「Panasonic リフォーム」の魅力をお伝えします。CMでは、"こだわりのオトナ"代表として俳優の吉田鋼太郎さん、女優の草刈民代さん、落語家の立川志の輔さんを、そしてその夢を叶える「Panasonic リフォーム」のコンシェルジュ役として、女優の板谷由夏さんを起用します。2016年4月からはまず、板谷さんが出演する「コンシェルジュ篇」、吉田さんが出演する「夢を語る 吉田鋼太郎篇」からスタート。今後、「夢を語る 草刈民代篇/立川志の輔篇」や「夢が叶う篇」など、シリーズ展開を予定しています。

■テレビCMについて
「コンシェルジュ篇」
パナソニックのショウルームには、たくさんのお客様がさまざまな想いを抱いてやってきます。「映画のようなキッチンに」という夢や、「老後を安心して暮らしたい」という願い。ときには、意見が食い違うこだわりのご夫婦も。そんなリフォームの相談を受けるコンシェルジュ役の板谷さんが、一人ひとりのお客様に向き合い、夢や理想の暮らしをお客様と一緒に探すシーンを描いています。

「夢を語る 吉田鋼太郎篇」
大勢でワイワイと集まるのが好きだと話す吉田さんの夢は、遊び心のある「オトナの溜まり場」。それは、友人たちが集まるときだけリビングの壁を取り払って、ひとつの大きな空間にできないだろうか、というものでした。夢を口にしながらも、何度も「無理ですよね」という吉田さんが見つけたのは、パナソニックの「動く壁」でした。

▼Panasonic リフォーム「オトナの夢は、カタチにしよう。」新作CMはこちら
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/otona_yume/
▼吉田さんが驚いた「動く壁」こと『Archi-spec HIKIDO』の商品サイト
http://sumai.panasonic.jp/interior/archi-spec/hikido/  

■「Panasonic リフォーム キャンペーン」を実施中
2016年4月1日(金)から11月30日(水)まで、「Panasonic リフォーム キャンペーン」として "体感・納得"お見積りプレゼントを実施。期間中にショウルームで対象商品のお見積りをいただいたお客様に素敵なプレゼントを進呈します。

▼キャンペーン詳細は以下サイトから
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/campaign/

■出演者プロフィール
・板谷由夏(いたや ゆか)
1975年6月22日生まれ。福岡県出身。
1999年に「avec mon mari」で女優として映画デビューし、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。「パーフェクトラブ!」をはじめ、数多くのドラマ、映画に出演。
「NEWS ZERO」のキャスター、WOWOW「映画工房」MCを務めるなど、活動の場を広げている。

・吉田鋼太郎(よしだ こうたろう)
1959年1月14日生まれ。東京都出身。
1997年に劇団「AUN」を結成。演出も手掛ける。舞台を中心に活動し、蜷川幸雄演出作品の常連俳優でもある。
2014年にはNHK連続テレビ小説「花子とアン」に出演。
現在、ドラマや映画などにも活躍の場を広げている。

・草刈民代(くさかり たみよ)
1965年5月10日生まれ。東京都出身。
夫は映画監督の周防正行。1981年から牧阿佐美バレヱ団に参加。その後数々の賞を受賞し、1990年にソビエト文化省招聘により海外で初公演を行う。
1996年に公開の映画「Shall we ダンス?」で初めての映画出演。同年に第20回日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞を受賞。
2010年に放映されたNHKの大河ドラマ「龍馬伝」にて、テレビドラマ初出演。

・立川志の輔(たてかわ しのすけ)
1954年2月15日生まれ。富山県出身。
28歳で立川談志に入門。1990年、立川流真打ち昇進。
新作落語の創作はじめ、古典落語では新しい解釈をもとに演劇的要素も取り入れ、現代にも通じる芸能へと深化させている落語家。
NHK総合テレビ「ガッテン!」では、1995年の「ためしてガッテン」放送開始当時から司会を務めている。

【報道関係者様 お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 宣伝・広報部 マーケティング広報課 奥瀬
電話:03-6218-1166(直通)(受付 9:00~17:30)

<関連情報>
・Panasonic リフォーム
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/ 
・パナソニック リビング ショウルーム
http://sumai.panasonic.jp/sr/
・パナソニック リフォームショップ紹介サービス
http://sumai.panasonic.jp/sumai_create/syoukai/

発表年月
発表年月