2020年とその先に向けて

「グリーンエアコン」で真夏の日本にクールスポットを創出 ~パナソニックの暑さ対策ソリューション~

2019年10月 2日

特集

「グリーンエアコン」で真夏の日本にクールスポットを創出 ~パナソニックの暑さ対策ソリューション~

7月から8月にかけて、例年35℃以上の猛暑日が続く日本。総務省消防庁によると、2018年5月から9月にかけて、全国ではおよそ10万人が熱中症により救急搬送されています(※1)。深刻化する暑熱問題に対処するため、パナソニックは2019年4月、屋外のオープンスペースにクールスポットを創出するミスト式冷却機「グリーンエアコン」を発売。2020年とその先に向けた暑さ対策ソリューションの一環としてご提供しています。

気化冷却で涼を生み出す「グリーンエアコン」

「グリーンエアコン」は、パナソニック独自開発の2流体ノズルを用いて、極微細なドライ型ミスト(シルキーファインミスト)を噴霧し、気化冷却により冷気を生成します。熱交換を行うヒートポンプ式よりも排熱量が少なくなり、環境負荷が小さく、効率的に冷却ができるため、屋外での使用に適しています。
ミストの平均粒子径は約10μmと極めて小さいため、すぐに蒸発し、濡れ感をほとんど感じないのが特長です。

画像:独自開発の2流体ノズルを用いて、極微細なドライ型ミスト(シルキーファインミスト)を噴霧

独自開発の2流体ノズルを用いて、極微細なドライ型ミスト(シルキーファインミスト)を噴霧

また、旋回気流を採用したトルネード型「エアカーテン送風」により、ミストによる冷気を気流で閉じ込め、屋外のオープンスペースでも横風の影響を受けにくい直径約2mのドーム状の冷却空間を安定的に形成します。この領域では4~5名がしっかりと涼むことができ、約4℃(※2)の気温低下を、また体感温度(※3)では約7℃の低下を実現します。エアカーテンの周辺には13~15名程度の休憩に適した心地よい涼空間を提供します。

「グリーンエアコン」の稼働状況は、パナソニックのクラウドサーバで常時監視しているため、万が一のトラブル発生時にも安心です。稼働スケジュールは株式会社ウェザーニューズから配信される気象予測データと連動して自動制御され、気温に応じて噴霧流量を切り替える、雨天時や涼しい日に自動停止するなど管理運用の省力化を実現しています。

図:「グリーンエアコン」の稼働状況は、パナソニックのクラウドサーバで常時監視

「グリーンエアコン」の稼働状況は、パナソニックのクラウドサーバで常時監視

「グリーンエアコン」は2019年7月から、新橋駅前SL広場のほか、東京湾のビーチを臨む人気観光スポット「お台場レインボー公園」にも設置され、稼働を開始しています。

簡易施工型の「グリーンエアコンFlex」でさらにフレキシブルに

2019年9月に発売したのが「グリーンエアコンFlex」です。本製品は、屋外施設の壁面やパイプテントなど、取り付け可能な場所と電源があれば簡単に設置・撤去が可能です。ミストの粒径は「グリーンエアコン」よりもさらに細かい約6~10μmを実現。蒸発性が高いため、ミストが到達する領域(約1.5m)を効率よく冷やします。近接した仕様(約0.6m)でも濡れ感がほとんどないため、身体に直接噴霧されても新聞や眼鏡が濡れたりしないのが特長です。

画像:グリーンエアコンFlex スタジアム設置イメージ

グリーンエアコンFlex スタジアム設置イメージ

「グリーンエアコンFlex」は、2019年夏に東京都内で開催された4つの競技大会に設置されました。7月には東京・品川区の潮風公園で開催されたビーチバレー大会において公園の入り口に、そして8月と9月に行われたボート、ホッケー、マラソンの各大会においても、期間中の各競技場やマラソンコース周辺などに設置され、観戦者や選手に涼を提供しました。

2020年とその先を見据えて

当社は2019年7月から自治体と共同で「グリーンエアコンFlex」を用いた暑熱対策の実証実験を東京都内、横浜市、神戸市など全国各地で実施してきました(※4)。設構造物などにも容易に設置可能な本製品の特長を活かし、駅や公園のほか区役所などさまざまな空間に設置することで、快適でにぎわいのあるまちづくりに貢献します。

写真:グリーンエアコンFlexを用いた暑熱対策の実証実験を全国各地で実施

グリーンエアコンFlexを用いた暑熱対策の実証実験を全国各地で実施

写真:全長約400 mの北千住駅西口美観商店街アーケードにグリーンエアコンFlexを設置

全長約400 mの北千住駅西口美観商店街アーケードにグリーンエアコンFlexを設置

当社は2020年を「A Better Life, A Better World」を実現するひとつのきっかけととらえ、今後も暑さ対策のほか施設空間におけるさまざまな革新的なソリューションの提案を行っていきます。

※1: 2018年10月25日 総務省消防庁による発表 https://www.fdma.go.jp/disaster/heatstroke/item/heatstroke003_houdou01.pdf

※2: 気温33.5℃ 相対温度61%の屋外にて、高さ1.7mで計測

※3: SET*値に基づき計測。SET*値:標準新有効温度 Standard New Effective Temperature の略語。気温・輻射温度・湿度・気流の温熱4要素と、人体側の条件としての活動量・着衣量を考慮して求められる温度で、体感温度に相当する指標。

※4: 実証実験の取組み概要

・東京都葛飾区
葛飾区・かつしか花いっぱいのまちづくり推進協議・パナソニックの3社による「フラワーメリーゴーランドに係る技術協力に関する協定」(2019年5月30日締結)に基づき、立体型花壇「フラワーメリーゴーランド」に設置

・神奈川県横浜市
横浜市とパナソニックによる「横浜市内における暑さ対策に関する連携協定」(2019年7月3日締結)に基づき、ミスト式冷却機を活用した暑さ対策の取組を開始
https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/koho-kocho/press/ondan/2019/20190702163422017.files/0001_20190702.pdf

・兵庫県神戸市
神戸市「異常高温対策について~道路上でのクールスポットの実証実験~」
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2019/07/20190702301102.html

Related Videos

  • 夏の暑さ対策に向け、港区と共同で「グリーンエアコン」の実証実験を開始

  • 「Reboot Space (リブート・スペース)」- 「空気質・水質」の新たな体験価値提案スペース

発表年月
発表年月