【お知らせ】

Adobe Acrobat Readerの特定のバージョンに、一部のPDFが開けないバグが発生しております。PDFが開けない場合、お使いのAcrobat Readerを最新版へアップデートの上お試しください。

印刷

2022年8月23日

技術・研究開発 / プレスリリース

低炭素社会実現に向け特許を無償開放する「Low-Carbon Patent Pledge」へ日本企業として初参画

パナソニック ホールディングス株式会社(以下、パナソニックHD)は「Low-Carbon Patent Pledge(低炭素特許の無償開放に関する枠組み)」(以下、LCPP)に参画し、LCPPウェブサイトに掲載する特許を無償開放(※1)いたします。

LCPPは、低炭素技術の社会実装の加速と社会全体での共同イノベーション促進を目的に2021年4月22日「地球の日」に発足された枠組みです。2022年1月に長期環境ビジョン「Panasonic GREEN IMPACT」を発表したパナソニックHDは、LCPPの取り組み趣旨に共感し、LCPPに参画して一部の低炭素技術に関する特許について無償開放することを決定しました。LCPPへの参画は日本企業で初めてとなります(2022年8月23日現在)。

今回パナソニックHDがLCPPに掲載した特許は、当社が過去にバイオマスで使われる植物と同程度のエネルギー変換効率を実現した人工光合成技術に関するものです。当該特許についてLCPPを介して無償開放することで、開発途上である人工光合成技術の実用化への開発が促進され、地球環境の改善につながることを期待しております。

今後もパナソニックHDは、環境貢献に資する技術の知的財産権に関して、当社での事業化並びに他社との共創による事業化を進めることに活用するなど、様々な形でこうした技術の社会実装を促進し、社会に貢献してまいります。

※1:LCPPが規定する所定条件のもと、あらゆる個人および団体にロイヤリティフリーのライセンスを提供。https://lowcarbonpatentpledge.org/the-pledge/

●LCPP(Low-Carbon Patent Pledge)概要

参画企業 Hewlett Packard Enterprise、Meta(旧Facebook)、Microsoft、Alibaba、Lenovo、UPSなど
主な掲載特許 気候変動に対処するための技術を幅広くカバー。電力管理、ゼロカーボンエネルギー源の実現、効率的なデータセンターアーキテクチャ、熱管理などの技術が含まれる。

記事の内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。

配信元:
パナソニックホールディングス株式会社
カテゴリ:

注目ニュース