プレスリリース

2012年2月3日

消費電力を約34%削減(※1)

1Gbps対応メディアコンバーター「MC1000SX」新発売

MC1000SX
MC1000SX

品名 メディアコンバーター「MC1000SX」
品番 PN61314
希望小売価格(税込) 76,125円
発売日 2012年2月21日
販売目標 2,700台/年(2012年度)

パナソニック株式会社の100%出資連結会社であるパナソニックESネットワークス株式会社(本社:東京都港区 社長:村瀬耕太郎)は、当社従来製品と比較して、最大消費電力を約34%削減(※1)し、伝送速度1Gbpsに対応したメディアコンバーター「MC1000SX」を2012年2月21日に発売します。

近年、オフィス環境において、防犯用ネットワークカメラなどの映像のデータ伝送が行われるようになり、ますますネットワークの高速化、大容量化が必要になっています。 また、工場の敷地内など通信距離が長い場合、メディアコンバーターなどでLANケーブルを長距離通信が可能な光ファイバに変換する必要があります。当社は、このような高速化や大容量化に加えて、長距離伝送のニーズにも対応し、より省エネ性能を高めた本製品を開発しました。

本製品は、省電力化に加え、電源コードをアース付とすることで耐ノイズ性能も向上。さらに、ファンレスによる静音化と動作環境温度50℃対応を実現し、電源回路内蔵のコンパクト設計のため、さまざまな場所に設置可能です。

<特長>

  1. 最大消費電力を約34%削減(※1)
  2. ファンレスによる静音化と動作環境温度50℃対応を実現
  3. 電源回路内蔵でコンパクトに設置可能
  1. ※12003年3月発売「Media Converter 1000SX(PN61304)」との比較

【お問い合わせ先】

パナソニックESネットワークス株式会社 マーケティングセンター
電話:03-6402-5301 受付(平日のみ) 8:30〜16:55
関連サイト:http://panasonic.co.jp/es/pesnw/

【特長】

(1)最大消費電力を約34%削減(※1)

電源部には、本製品専用に電力を効率よく供給する最適化設計を採用。さらに、低消費電力タイプのスイッチングICの採用により、当社従来製品と比較して約34%の消費電力の削減を実現しました。

(2)ファンレスによる静音化と動作環境温度50℃対応を実現

本製品は、ファンレスによる省エネと静音効果の向上を実現し、動作環境温度についても50℃まで対応しました。工場や屋外の盤の中などの高温になりやすい場所に設置しても安定に稼動を実現します。また、壁取付金具も付属しているため壁面などにも設置可能です。

(3)電源回路内蔵でコンパクトに設置可能

本製品は、電源回路を本体に内蔵しているため、コンセント周りをすっきり収納することが可能です。さらに、本体と電源コードが一体化しているため、電源コードが抜ける心配もありません。
電源コードをアース付とすることで耐ノイズ性能も向上しています。さらに、19インチラックマウントキット(受注生産品)と組み合わせることで、19インチラックへの取り付けも可能です。

2Pアース付の電源コード 19インチラックマウントキット
(受注生産品)
  1. ※250/125μmのマルチモード光ファイバ(伝送帯域500MHz・Km)を使用した場合

<使用例>

【ご参考】

■仕様一覧

製品名 メディアコンバーター「MC1000SX」
品番 PN61314
ポート 1000BASE-T×1 ⇔ 1000BASE-SX(SC)×1
消費電力・電源・定格 定常時:最大3.3W AC 100V
50/60Hz 自動切替
サイズ(mm) 幅85×高32×奥行150
希望小売価格(税込) 76,125円
販売目標 2,700台/年(2012年度)

以上