プレスリリース

2011年11月25日

マレーシアに太陽電池工場を新設
ウエハからセル、モジュールまで一貫生産へ

パナソニック株式会社は、2011年12月、マレーシアにパナソニック エナジー マレーシア株式会社(所在地:マレーシア ケダ州 クリム ハイテクパーク工業団地)を設立し、太陽電池生産の新たな拠点として、ウエハからセル、モジュールまで一貫生産を行う新工場を建設します。 新工場の年間生産能力は300MWを予定しており、2012年12月より生産を開始します。投資金額は450億円です。

太陽電池市場は、世界的な環境意識の高まりや、日本をはじめ各国における補助金制度・電力買取制度の導入等によって、今後もさらなる拡大が見込まれており、特に、HIT®太陽電池の主戦場である住宅用を中心に旺盛な需要が期待されます。

当社は、今回の新工場建設により、太陽電池の生産量を拡大し、市場の要請に応えるとともに、ウエハ、セル、モジュールの一貫生産を実現することで、コスト競争力のさらなる強化を図ります。
さらに、これまでのモジュール販売に加え、蓄電池等を組み合わせたシステム販売や、パナソニックグループの総合力による「まるごとソリューション事業」との連携により、グローバル展開を加速してまいります。

■新会社概要

【会社名】 パナソニック エナジー マレーシア株式会社
Panasonic Energy Malaysia Sdn. Bhd.
【所在地】 マレーシア ケダ州 クリム ハイテクパーク工業団地
【設立時期】 2011年12月(生産開始2012年12月)
【資本金】 9億2,000万リンギット(約225億円)
【出資形態】 パナソニック アジアパシフィック株式会社 100%
【事業内容】 HIT®太陽電池の生産(ウエハ、セル、モジュールの一貫生産)
【建屋面積】 約7万平米
【従業員数】 1,500名程度
【生産能力】 年産300MW