プレスリリース

2011年8月4日

「3WAYロータリーマイク&低域補正マイク」搭載だから臨場感のある録音ができる(XR820)

ICレコーダー RR-XR820、RR-XS650、RR-XS410を発売

「過去録音機能」(※A)で約5秒前の音声から録音できるから急な録音時も便利

RR-XR820、RR-XS650、RR-XS410

品名 ICレコーダー
品番 RR-XR820 RR-XS650 RR-XS410
カラー -K(ブラック) -S(シルバー) -W(ホワイト)/-P(ピンク)
希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 9月8日
月産台数 1,000台 4,000台 6,000台

デジタルAVCマーケティング本部は、「3WAYロータリーマイク&低域補正マイク」搭載のXR820をはじめ臨場感のある録音ができるICレコーダー RR-XR820、RR-XS650、RR-XS410を、9月8日より発売します。

ICレコーダーは、従来のビジネスユースのみならず、お稽古や語学勉強など様々な用途に拡がり、高音質や長時間録音、簡単操作など、さらなる機能充実に対する要望がますます高まっています。

XR820は、シーンに合わせて3ポジション(XY、ズーム、ワイド)にマイク部が可動する「3WAYロータリーマイク」と、低域もしっかり集音する「低域補正マイク」を小型軽量ボディに搭載しました。また、3機種とも「過去録音機能」(※A)を搭載。本体の録音ボタンを押してから約5秒前の音声から録音することができるので、会議中など急に録音が必要になった時に便利です。さらに、FMチューナーを内蔵しているので、緊急時のラジオ受信はもちろん、お好みの放送を本体に録音することも可能です。テレビや会話などの音声を強調して聞くことができる「サウンドモニター機能」も搭載していますので聞き取りにも便利です。

当社は、本製品を含めた充実のICレコーダーのラインナップで、ビジネスユースだけではない、様々な録音の楽しみ方を提案し、より豊かな生活を提案してまいります。

<主な特長>

  1. 「3WAYロータリーマイク&低域補正マイク」搭載だから臨場感のある録音ができる(XR820)
  2. 「過去録音機能」(※A)で約5秒前の音声から録音できるから急な録音時も便利
  3. FMチューナー内蔵だから、緊急時のラジオ受信やお好みの放送も録音できる
  1. ※A:過去録音設定ON、録音スタンバイ時

なお、パナソニックコンシューマーマーケティング(株)が運営するショッピングサイト「PanaSense パナセンス(http://ec-club.panasonic.jp/mall/sense/open/)」で、本製品の限定モニター販売を2011年8月4日14時から8月24日11時まで行います。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時)
ホームページURL http://panasonic.jp

<特長>

1.「3WAYロータリーマイク&低域補正マイク」搭載だから臨場感のある録音ができる(XR820)

指向特性を確保しながら低域もしっかり集音するマイクシステムを開発。シーンに合わせて3ポジション(XY⇔ズーム⇔ワイド)にマイク部が可動する「3WAYロータリーマイク」と、低域録音を可能にする「低域補正マイク」を小型ボディに搭載しました。さらに高感度・低ノイズの高性能マイクにより、臨場感と明瞭感を再現します。

2.「過去録音機能」(※A)で約5秒前の音声から録音できるから急な録音時も便利

「過去録音機能」(※A)をONにしておくと、録音ボタンを押した約5秒前から録音可能です。大切な講義や会議など、急に録音が必要になった時に便利です。

3.FMチューナー内蔵だから、緊急時のラジオ受信やお好みの放送も録音できる

緊急時に役立つFMチューナー搭載。お好みの放送局の録音も可能です。

4.その他の特長

  • 音声ガイド付き
  • シーンに合わせて2ポジション(ズーム/ステレオ)簡単切替
    「飛び出すズームマイク」搭載(XS650)
    前方正面の集音性に優れ、セミナーや講義などに適した「ズームポジション」と360度バランスよく周囲の音を集音し、会議などに適した「ステレオポジション」を搭載。
    用途に合わせてワンタッチで切り換えて活用できます。
  • 迫力音から静寂音まで忠実に録音
    「自動・マニュアル録音レベル調整機能」&「ピークリミッター」
    音場に合わせてより忠実に録音できるので、抑揚のある楽器演奏録音などで効果を発揮。
    0〜60段階のきめ細やかな調整が可能です(感度高・低で各30段階、録音レベル調整:手動時)。また録音ピークリミッターで突然大きな音が鳴った時でもひずみを抑えて録音可能です。
  • 6種類の録音設定から選べる「録音シーンセレクト」
    録音シーンに合わせたおすすめの録音設定をあらかじめ準備していますので、6種類(語学学習/会議/楽器演奏/会話/カラオケ/講義)の中から、録りたいシーンを選ぶだけで、録音設定を呼び出せます。また、録音設定を変更して「お気に入り」にも登録可能です。
  • マイクポジションに合わせて最適なシーン録音ができる「マイク連動録音シーンセレクト」(XR820/XS650)
  • 聞き取りにくい、会話やテレビの音声を自然な音で聞きやすくする「サウンドモニター機能」
  • 音楽CDを凌ぐ「48kHz/16bit PCM録音」のほか、MP3も「320kbps録音」に対応
  • 本体でファイルの分割・結合・削除ができる「ファイル編集機能」
  • パソコンにもすぐ接続できる「スライド式USBダイレクト接続」
  • 内蔵メモリー+microSDHCカードスロットの「Wメモリーシステム」
  • オプションとしてダイレクトに接続できない時に便利なUSB延長ケーブル RP-CUMB20を9月上旬より発売します。

【国内需要動向】

(当社調べ)
  2009年 実績 2010年度 実績 2011年度 見込み 2012年度 予測
ICレコーダー 111万台 123万台 133万台 140万台

【主な仕様】

品番 RR-XR820 RR-XS650※1 RR-XS410
内蔵メモリー容量 8GB※2 4GB※2
録音時間
(最大約)※4
PCM-48kHz(ステレオ) 11時間 5.5時間※3
PCM-44.1kHz(ステレオ) 12時間 6時間※3
MP3-320kbps(ステレオ) 54時間 27時間
MP3-192kbps(ステレオ) 90時間 45時間
MP3-128kbps(ステレオ) 136時間 68時間
MP3-64kbps(ステレオ) 272時間 136.5時間
MP3-32kbps(モノラル) 544時間 273時間
最大ファイル数 A、B、C、Dフォルダ(マイク録音用)、Lフォルダ(ライン録音用)、
FMフォルダ(FMラジオ録音用):各199ファイル、MUSICフォルダ(音楽用):1フォルダに付き199ファイル
FMラジオチューナー FM:76.0〜90.0MHz(0.1MHzステップ)
スピーカー出力 Φ16mm、8Ω、80mW(JEITA)
インサイドホン端子 Φ3.5mm、16Ω、10+10mW(JEITA)
マイク/ライン入力端子 Φ3.5mm、1.00mV、プラグインパワー対応
録音モード
XR820/XS650
ステレオ モノラル FM
ラジオ
PCM PCM MP3 MP3 MP3 MP3 MP3 MP3
48kHz 44.1kHz 320kbps 192kbps 128kbps 64kbps 32kbps 128kbps
電池持続時間(約) 使用電池、
付属単4形
(ニッケル水素
充電式電池×1本)
録音時
※5
7.0時間 7.0時間 9.0時間 9.0時間 9.5時間 13.0時間 14.5時間 録音時
(※6)
4.0時間
再生時
※6
6.0時間 6.5時間 7.5時間 7.5時間 7.5時間 8.5時間 9.0時間 受信時
(※8)
4.5時間
録音モード
XS410
ステレオ モノラル FM
ラジオ
PCM PCM MP3 MP3 MP3 MP3 MP3 MP3
48kHz 44.1kHz 320kbps 192kbps 128kbps 64kbps 32kbps 128kbps
電池持続時間(約) 使用電池、
付属単4形
(アルカリ乾電池×1本)
録音時
※5
9.5時間 10.0時間 13.0時間 13.0時間 13.5時間 18.5時間 21.0時間 録音時
(※6)
5.5時間
再生時
※6
8.5時間 9.0時間 10.5時間 11.0時間 11.0時間 12.0時間 13.0時間 受信時
(※8)
6.5時間
本体電源 DC1.5V
(別売単4形アルカリ乾電池×1本)
DC1.2V
(付属ニッケル水素充電式電池HHR-4AG×1本)
DC1.5V
(付属単4形
アルカリ乾電池×1本)
DC1.2V
(別売ニッケル水素充電式電池HHR-4AG×1本)
最大外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約40.9×
122.2×24.2mm
約40.9×
108.3×16mm
約40.9×
99.1×16mm
本体寸法
(幅×高さ×奥行)
約39.9×
120.7×14.9mm
約39.9×
108.3×14.2mm
約39.9×
99.1×14.2mm
質量
(付属電池含む/含まず)
約71g/約59g 約61g/約49g 約55g/約44g

●各モードの最大録音時間は、それぞれ1つだけで使い切ったときの時間です。
電池持続時間は使用条件によって短くなる場合があります。

  1. ※1:マイクポジションをZOOMにして録音をすると、モノラル録音になります。
  2. ※2:カードの使用可能領域は表示容量より少なくなります。
  3. ※3:RR-XS650では、マイクポジションをZOOMにしてPCM録音する場合は、録音時間が約2倍になります。
  4. ※4:内蔵メモリー使用時(XR820は8GB、XS650/XS410は4GB)。
  5. ※5:録音モニターなし、録音ランプOFF、録音レベル調整 自動。
  6. ※6:ステレオインサイドホン接続、出力設定:自動切換、音量:0、録音ランプOFF
  7. ※7:スピーカー再生:音量9、再生速度1倍速
  8. ※8:スピーカー出力時

以上