プレスリリース

2011年6月9日

パナソニック株式会社
パナソニック電工株式会社

中国での照明事業を強化し、省エネに貢献
〜2011広州国際照明展覧会に出展〜

【広州国際照明展覧会 パナソニックブースイメージ】

パナソニックグループは、中国における照明事業を強化することにより、中国の省エネへの貢献を目指します。

2011年6月9日から12日までの間、中華人民共和国広東省広州市の広州国際会議展覧センターで開催される「2011広州国際照明展覧会」に出展します。

展示会には、今後中国で販売予定のLED照明や蛍光灯など高効率な照明器具やランプなどの新製品を展示するほか、日本市場で販売している光の質にこだわった最新のLED照明などを展示。また、4月にイタリアで開催された世界最大級の国際家具見本市ミラノサローネに出展したLED照明を使った展示の一部を再現します。

パナソニックグループでは、1987年に中国に初めて合弁会社を設立し、以来、「中国への貢献」という考え方を基本として、中国での事業を進めてきました。その後照明事業としては、パナソニック電工が1993年に照明器具などを製造する合弁会社を北京に設立。1995年にはパナソニックが北京の子会社でランプの製造を開始し、2001年にランプ製造子会社を設立するなど、グループで照明器具やランプ、照明デバイスなどの製造拠点(インフラ)の強化を進めてきました。2005年には上海に中国生活研究センターを設立し、中国に根ざした商品開発のための情報収集をおこない、より中国の生活様式に適合した製品の開発に役立てています。

今後、パナソニックグループならではの『強みの技術』である「省エネ技術」「ソフト技術」「モノづくり・品質管理技術」と、中国におけるデバイス・ランプ・器具の企画・開発・製造・販売までの「現地一貫体制」という『強みのインフラ』とのシナジーを最大限に発揮し、中国でのLED照明を中心とする照明事業の本格展開を通じて、省エネに貢献するとともに、快適な照明空間を提案してまいります。

これによりパナソニックグループは、中国での照明事業の売上高を、2015年度には2009年度実績比約5倍を目指します。さらに、中国照明事業のLED照明比率については、2015年度に60%以上を目指します。

【お問い合わせ先】

パナソニック株式会社ライティング社
経営企画グループ 072-682-5521(大代表)
パナソニック電工株式会社
照明事業本部 中国事業統括部 事業企画グループ
TEL:06-6908-1131(大代表)受付(平日のみ) 8:50〜17:30

■照明に関するパナソニックブランドの中国での信頼感の高まり

  • 中国省エネ協会認定 省エネ中国優秀技術モデル企業 照明メーカーとして1社選出
  • 北京市消費者協会 省エネ比較試験結果 5つ星評価の取得 
  • 設計士が選ぶ優秀照明ブランドトップ10に選出
  • 中国有力デベロッパー500社が選ぶ採用したい建築設備ブランドに選出(照明器具4位、配線器具3位)

■中国における非住宅照明事業の展開

  • 既存建物の照明を高効率照明に取り換えするリノベーション事業を中国政府と協力し、中国全土への快適&エコな街づくりを展開
  • 一般プロジェクトにおいても省エネ照明の普及に貢献。
  • 2011年度以降は、LED照明のラインナップを強化し、オフィス・店舗・道路など、ビルまるごと、街まるごとへさらなる省エネ提案を拡大し、快適&エコな街づくりへの貢献をめざします。

【LEDダウンライト
−ワンコア(ひと粒)タイプ−】

■中国における住宅照明事業の展開

  • 照明器具などの専門販売店のネットワークを2015年度には5,000店まで拡大。
    さらに内陸部への店舗展開を強化します。
  • 照明販売間口でパナソニック・ブランドのプレゼンス向上を目指し、エンドユーザーへの直接的な家まるごとソリューションの提案を強化します。
  • また百貨店や量販店などの流通チャネルも拡大します。

【上海の専売店(旗艦店)】

■中国におけるランプ事業の展開

  • 一般家庭向けに、白熱灯から省エネの電球形蛍光灯「パルックボール」グローバルモデルへの取り換えを積極的に推進、300万本の実績があります。
  • 今後は、政府によるLED化推進政策に合わせて、LED電球発売に向けて、企画開発を推進してまいります。

【電球形蛍光灯「パルックボール」
グローバルモデル】

■広州照明展覧会のみどころ

(1)ミラノ・サローネと広州の融合発信
パナソニックのLED照明が生み出す、光の表現力の可能性をミラノから、広州から、世界へ
(2)先進技術体験ゾーン
空間の表現力を変えていく、光と色の先進技術が見える、わかる
(3)空間、商品体験ゾーン
パナソニックのLED照明が、オフィスを、住まいを暮らしをかえていく

【ミラノサローネで展示したLED照明による多彩なインタラクティブ空間】

■ミラノサローネについて

2011年4月12日から17日まで、イタリア ミラノで開催された世界最大級の国際家具見本市ミラノサローネ(正式名称:Milano Salone del Mobile)に出展した内容の一部を広州国際照明展覧会で再現します。
ミラノでの展示コンセプトは「(standard)3 piano-forte(スタンダード3乗 ピアノフォルテ)」とし、イタリア人デザイナーのフェルッチョ・ラビアーニ氏によるインタラクティブな展示を展開。 LED照明や有機EL照明パネル、センサーなどを使ったインタラクティブな展示により、パナソニックが追求する空間における光の質を表現しました。

以上