プレスリリース

2011年1月28日

業界初(*1)、ブルーレイ3Dディスク再生対応

HDD内蔵CATVデジタルセットトップボックス
TZ-BDT910M/TZ-BDT910F/TZ-BDT910Pを発売

新規格BDXLTMやフルハイビジョンW(*2)15倍録画(*3)に対応

TZ-BDT910M

TZ-BDT910F

TZ-BDT910P

品名 CATVデジタルセットトップボックス
品番 TZ-BDT910M/TZ-BDT910F/TZ-BDT910P
発売時期 2011年3月

パナソニック株式会社は、2011年3月より、業界初(*1)のブルーレイ3Dディスク再生に対応したHDD内蔵CATVデジタルセットトップボックス(CATV STB)、TZ-BDT910M、TZ-BDT910F、TZ-BDT910Pの3機種を発売します。

レコーダー需要が大きく伸びる中、3D対応や長時間録画の実現でブルーレイディスクレコーダーの構成比は約8割を越え、急速にブルーレイ化が進んでおります。今回発売の全3モデルをブルーレイ3Dディスク再生に対応し、ケーブルテレビ事業者様や加入者様の要望にお応えします。先進の機能と快適な操作性を兼ね備えた本シリーズで、誰でも手軽にデジタル放送の視聴・録画や3D映像を楽しめるケーブルテレビライフを提案します。

本製品は、ブルーレイ3Dディスク再生や、3D映像の奥行き・飛び出しをコントロール出来る「3D奥行きコントローラー」を搭載しました。また、長時間録画を実現する新規格「BDXLTM」や、第6世代のMPEG-4 AVC/H.264エンコーダー「新アドバンスドAVCエンコーダー」を搭載し、「フルハイビジョンW(*2)15倍録画 (*3)」を実現。これによりフルハイビジョンで2番組同時に長時間録画が可能になり(*2)、3層式(100GB)のブルーレイディスク1枚に最長約130時間(*4)記録できます。
それに加え、ホームネットワークやユニバーサルポータル、次世代放送対応など、多数の機能を搭載し、将来性を備えた次世代STBです。

また、従来品比(*5)、体積約24%削減の省スペースデザイン、質量約20%削減の軽量化、動作時消費電力約21%削減、待機消費電力0.1W(*6)の省電力を実現するなどの、エコ設計を追求し、地球環境に配慮した製品となっています。

今回、導入キャンペーンとして、ケーブルテレビ事業者様へ出荷する本製品に、初回出荷から2011年6月出荷分まで「AVATAR(アバター)」ブルーレイ3Dソフト(未発売)を同梱し、本製品をご利用のケーブル加入者様に無償提供します。映画「アバター」はジェームズ・キャメロン監督が、構想14年、製作4年という長い年月をかけて全篇3Dで製作され、超大ヒット映画として現在の3Dブームの牽引を果たす作品となりました。この機会に、迫力ある3D映像をお楽しみいただけます。

今後も当社は、ケーブルテレビ事業者様における新規加入者の獲得や既加入者のケーブルテレビ視聴環境の向上に貢献し、お客様の多様なニーズにお応えする製品を提供していきます。
尚、本製品のケーブルテレビ事業者様への販売はパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社が担当します。

【主な特長】

CATV
デジタルセットトップボックス
TZ-BDT910M、TZ-BDT910F、TZ-BDT910P
(写真はTZ-BDT910M)
  1. 3D対応(ブルーレイ3Dディスク再生対応、他)
  2. 長時間録画(BDXLTM対応、フルハイビジョンW(*2)15倍録画(*3)、500GB HDD内蔵)
  3. ホームネットワーク(サーバ/クライアント)対応(*7)/放送転送機能/無線LAN対応(*8)
  4. ユニバーサルポータル対応
  5. 次世代放送方式(H.264/256QAM)(*9)に対応可能なハードウェアを装備
  6. 音声で番組内容を確認できる「音声読み上げ機能」
  7. 従来品比(*5) 体積約24%削減、消費電力約21%削減の小型化・省電力設計を実現
  1. ※“Blu-rayTM(ブルーレイ)”“Blu-ray DiscTM(ブルーレイディスク)”“Blu-ray 3DTM (ブルーレイ3D)”は、 ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
  2. *1:CATV用デジタルセットトップボックスとして。2011年1月28日現在。
  3. *2:2番組同時録画の録画先は、HDDまたはHDDとブルーレイディスク、HDDとDVDの組み合わせ。
  4. *3:HZモード(約1.6Mbps)録画時。BSデジタルHD放送(約24Mbps)DRモード録画時との比較において。
    サラウンド音声やマルチ音声の場合、録画時間が短くなる場合があります。
  5. *4:HZモード(約1.6Mbps)録画時。
  6. *5:従来機種TZ-BDW900との比較において
  7. *6:クイックスタート「切」、時刻表示消灯、ケーブルモデム「切」時。
  8. *7:DLNA認証取得予定
  9. *8:無線LANを使用するためには無線LANアダプターとアクセスポイントが必要になります。IEEE802.11n(2.4GHz/5GHz同時使用可)の無線ブロードバンドルーター(アクセスポイント)をお選び下さい。なお無線電波状況により、接続できない場合もあります。
    対応無線LANアダプター:当社製DY-WL10-K(オープン価格)、ルーター推奨機器:バッファロー社製 WZR-HP-AG300H/V
  10. *9:将来放送:CATV局内のネットワークを「MPEG2/64QAM」から「H.264/256QAM」へ対応した場合。

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時〜17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)
【ホームページ】http://panasonic.biz/broad/catv/

【特長の説明】

1. 3D対応

1)ブルーレイ3Dディスク再生
ブルーレイ3Dディスクの再生に対応し、3D対応テレビと接続することで、フルHDの3D映像をお楽しみ頂けます。また、データ処理能力が向上した「新ユニフィエ(*10)」を搭載したことにより、ブルーレイ3Dディスク再生時に、映像本来のディティールや質感を忠実に再現する事ができます。

  1. *10:「UniPhier®」はパナソニック株式会社の登録商標です。

2)好みに合わせて3Dが楽しめる「3D奥行きコントローラー」搭載
3D映像を再生する際に映像の奥行・飛び出しをコントロールすることが可能。これにより、映像素材や好みに合わせて、より快適に3D映像をお楽しみいただくことが可能となりました。
さらに2D映像を擬似的(*11)に3Dに変換して表示する「2D→3D変換」機能を搭載。通常の2Dでのテレビ放送を録画した番組や、ブルーレイ・DVDソフトを手軽に3D映像として再生して楽しむことができます。

  1. *11:映像によって3Dの効果には差があり、その感じ方にも個人差があります。

3)3Dテレビ連携
3D対応ビエラ(*12)とのHDMI接続により、従来ビエラリモコンで行っていたビエラの3Dモード切換をSTBリモコンから行うことが可能です。また、3Dモード切換時、サブメニューなども3D表示に対応(*13)することにより、3Dメガネを掛けたままでの快適操作を実現します。 また、将来機能として、3Dモード自動切換にも対応予定です。

  1. *12:対応機種 VT2シリーズ、RT2Bシリーズ 2011年1月28日現在。
  2. *13:3Dメガネをかけた状態でも正常にメニューが見えるように、右目用、左目用のメニューを生成し表示

2. 長時間録画

1)新規格「BDXLTM(*14)対応
新規格の「BDXLTM(*14)に対応したディスクドライブを搭載。追記型3層式(100GB)のBD-Rディスクや今後発売が見込まれる4層式(128GB)のBD-Rディスク、書き換え可能な3層式(100GB)のBD-REディスクにも対応しています。これにより、地上デジタル放送(約17Mbps)を最高画質(DRモード)で録画しても3層式(100GB)のブルーレイディスクに約12時間残せます。1時間のドラマなら、1クール(全12話)を最高の画質のまま1枚のディスクに残すことが可能です。

  1. *14:ブルーレイディスクアソシエーションにより決定された、大容量ブルーレイディスクに関する規格です。
    “BDXLTM”は、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。

2)フルハイビジョンW(*2) 15倍録画(*3)、500GB HDD内蔵
フルハイビジョンで2番組同時(*2)に長時間録画が可能です。
また、長時間録画のさらなる高画質記録が可能になり、MPEG-4 AVC/H.264での記録モード(HZモード)で記録すれば、3層式(100GB)のブルーレイディスクに約130時間(*4)のフルハイビジョン録画が可能で、2時間映画なら約65本分をフルハイビジョンでディスクにまるまる記録することができます。
また、500GB HDDを内蔵し、HDDに約675時間(*4)のフルハイビジョン録画が可能です。

3.ホームネットワーク(サーバ/クライアント)対応(*7)、無線LAN対応(*8)

本機は、ホームネットワーク機能(*7) を活用して、映像サーバとしてもクライアント機としても利用でき、更に無線LANにも対応しています。

1)映像サーバ機能
本機に録画した番組を、別室のDLNA対応のテレビやパソコンで再生して楽しむことができます。
また、別室の当社製クライアント対応機器(*15)からは、使い慣れた見やすい本機の操作画面で操作できるので、とても使いやすく便利です。
  1. *15:対応機種
  2. [ビエラ] G3シリーズ / X3シリーズ / VT2シリーズ / RT2Bシリーズ / R2Bシリーズ / D2シリーズ / V2シリーズ / Z1シリーズ / V1シリーズ / PZR900シリーズ
    [ディーガ] DMR-BZT900 / DMR-BZT800 / DMR-BZT700 / DMR-BZT600 / DMR-BWT500 / DMR-BRT300 / DMR-BWT3100 / DMR-BWT2100 / DMR-BWT1100 / DMR-BW890 / DMR-BW690 / DMR-BR590 / DMR-BR585 / DMR-BF200
    [ブルーレイディスクプレーヤー] DMP-BV200 / DMP-HV100 / DMP-HV50 / DMP-BDT110 / DMP-BDT900 / DMP-BD65 / DMP-BV100 / DMP-BD60
    [STB] Z-BDT910シリーズ / TZ-HDW600シリーズ / TZ-LS300シリーズ
    2011年1月28日現在。

2)クライアント機能
別の部屋のDLNA対応録画機に録画した番組を、本機で再生することができます。

3)放送転送機能
本機に録画した番組に加えて放送中の番組も別室のお部屋ジャンプリンク(*16)対応機器(*17)で視聴することが可能になります。別室の地上デジタル専用テレビでも「お部屋ジャンプリンク」で放送中の番組を本機で録画し、それを追いかけ再生することでBSやCATV多チャンネル放送を楽しむことができます。

  1. *16:「お部屋ジャンプリンク」とは、AVコンテンツを家中どの部屋でも見ることが可能な、パナソニックが提案する新たなリンク機能です
  2. *17:お部屋ジャンプリンク/放送転送機能対応接続機種
  3. [ビエラ] G3シリーズ/X3シリーズ/VT2シリーズ/RT2Bシリーズ/R2Bシリーズ/D2シリーズ/V2シリーズ
    [ディーガ] DMR-BZT900 / DMR-BZT800 / DMR-BZT700 / DMR-BZT600 / DMR-BWT500 / DMR-BRT300 / DMR-BWT3100 / DMR-BWT2100 / DMR-BWT1100 / DMR-BW890 / DMR-BW690 / DMR-BR590 / DMR-BR585 / DMR-BF200
    [ブルーレイディスクプレーヤー] DMP-BV200 / DMP-HV100 / DMP-HV50 / DMP-BDT110 / DMP-BDT900 / DMP-BD65
    [STB] TZ-BDT910シリーズ / TZ-HDW600シリーズ / TZ-LS300シリーズ
    2011年1月28日現在。

4)無線LAN対応(*8)
従来のLAN端子による接続に加え、別売りの無線LANアダプター(*8)をUSB端子に接続すれば、わずらわしい配線無しで、LAN端子の無い部屋でも、手軽にお楽しみ頂けます。
無線LANアダプターとアクセスポイントを認証する設定に関しても、AOSS(*18)とWPS(Wi-Fi Protected Setup(*19))に対応しているので、かんたん設定が可能です。

  1. *18:AOSSは株式会社バッファローの商標です。
  2. *19:「Wi-Fi Protected Setup」はWi-Fi Allianceの商標です。

5)「スカイプ」対応(*20)
大事な人とインターネット(世界中)を介してビデオ通話ができるサービス「スカイプ」に対応。テレビとコミュニケーションカメラとつなぐ事でどこでもテレビ電話が可能となります。留守録機能も搭載しているので、不在時は内蔵HDDに録画できるので安心です。

  1. *20:スカイプは、対応ソフトウェアのダウンロードで対応予定です(ダウンロード開始日程については未定)

4.ユニバーサルポータル対応

本機は、CATV STBの新たなサービスとして、当社が提案する、CATV事業者様が独自に作成できるSTBのポータル画面「CATVユニバーサルポータル」のシステムに対応が可能。 地域密着情報やCATV局独自メニューによるサービス提供を実現し、利用者も簡単な操作でサービス選択が可能になります。

5.次世代放送方式(H.264/256QAM)に対応可能なハードウェアを装備

将来機能として、次世代放送方式の高能率符号化方式(H.264/256QAM)にも対応予定(*21)。ケーブル事業者様が長期間安心してご使用いただけるSTBを提供します。
(ソフトウェアバージョンアップでの対応を予定)

  1. *21:現在詳細仕様が定まっていない放送方式への対応であり、機能上の制約が出る可能性があります。

6.音声で操作を確認できる便利な「音声読み上げ機能」を搭載

番組表表示中や選局などの操作時に、放送局名や番組名、番組内容を音声で読み上げる「音声読み上げ」機能を新たに搭載。メニューの音声ガイド機能を「オン」でご利用いただけます。
“多くの方に便利にお使いいただきたい”、そんな想いからの便利なユニバーサル仕様です。

7. 地球環境に配慮したエコ設計(小型化、省電力等)

1)省スペース、軽量化
幅430mm・高さ59mm(脚含む)・奥行き239mm(端子含まない)の省スペースデザインにより、従来品(TZ-BDW900)比、体積約24%削減。また、3.2kgと軽量化し、従来品比、質量約20%削減。

2)環境に配慮した省電力設計
電源回路の効率化等により、動作時消費電力を従来品(TZ-BDW900)比で約21%削減。また、待機時消費電力0.1W(*6)を実現しました。

3)当社薄型テレビ「ビエラ(*22)」の節電機能に対応
先進のリンク機能により、接続したビエラ(*22)がSTBを自動的に節電。
  • 「こまめにオフ」機能
    STB以外の入力に切り替えた際、STBの電源を自動でオフします。
  • 「ECOスタンバイ」機能
    ビエラ(*22)を視聴していない時は、自動でSTBの待機電力モードを最小にします(*23)

4)RoHS(*24)指令に対応
本製品は有害6物質(鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエテール)の使用を禁止したRoHS指令に対応しています。

  1. *22:対応機種
    RTシリーズ/VTシリーズ/Vシリーズ/Dシリーズ/Gシリーズ/Zシリーズ/Rシリーズ/Sシリーズ/Xシリーズ/Cシリーズ/Fシリーズ。2011年1月28日現在。
  2. *23:クイックスタート「入」時。
  3. *24:RoHS(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)
    特定有害物質使用制限指令:電気・電子機器における特定有害物質の使用規制

8.その他の便利な機能

1)「アクトビラ」「TSUTAYA TV」に対応
全機種「アクトビラ ベーシック」に対応。
本機にブロードバンド回線を接続すれば、アクトビラが提供するニュースや気象情報など、知りたい情報や役に立つ情報を文字や写真でお楽しみ頂けます。
また、TZ-BDT910Pは、「アクトビラ ビデオ・フル」や「TSUTAYA TV」、「アクトビラ ビデオ・ダウンロードサービス」にも対応。「アクトビラ ビデオ・フル」「TSUTAYA TV」では、自宅にいながら、映画や音楽・アニメなど幅広いジャンルの映像をフルハイビジョン映像でお楽しみ頂けます。「アクトビラ ビデオ・ダウンロードサービス」では、映画などをハードディスクにダウンロードしてブルーレイディスクにダビングできるなど、自宅にいながら簡単に映画ソフトを購入することが可能です。

2)動画共有サイト「YouTube(*25)」対応
世界的な動画共有サイトである「YouTube(*25)」に対応。本機にブロードバンド回線を接続すれば、リビングで「YouTube(*25)」の動画を手軽にお楽しみいただけます

  1. *25:YouTube及びYouTubeロゴはGoogle Incの登録商標です。

3)Gガイド(*26)対応(「注目番組」「NHK・WOWOW番組特集」「WOWOW1ヶ月番組表」)
「Gガイド(*26)」がサービスを開始している「注目番組」「NHK・WOWOW番組特集」「WOWOW1ヶ月番組表」に対応。放送局の情報を基にして「Gガイド(*26)」がお勧めする最大1ヵ月先までの番組を録画予約することができます。テレビ紹介雑誌のように、番組紹介記事が写真付きで表示される機能もあるため、視覚的にも楽しく、先の番組までたっぷり録画予約できます。
さらに、本機をLANに接続すれば、最大1ヵ月先までのNHKやWOWOW(*27)のおすすめ番組情報を表示。おすすめ番組をワンボタンでまとめて予約ができて便利です。また、WOWOW(*27)では「1ヵ月番組表」が使用できます。

G-GUIDE

  1. *26:電子番組表は、米国Rovi Corporationが開発したGガイドを採用しています。ロヴィ、Rovi、Gガイド、G-GUIDE、Gガイドモバイル、G-GUIDE MOBILE、およびGガイド関連ロゴは、米国Rovi Corporation および/またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です
  2. *27:WOWOW放送の視聴には別途契約が必要です。

4)ホームネットワークで接続したHDD内蔵テレビなどからのダビング(ムーブ)に対応(*7)
ホームネットワーク(LAN)で接続したHDD内蔵テレビやTZ-HDW600シリーズの内蔵HDD、TZ-LS300シリーズの外付けHDDに録画した番組を、本機のHDDにダビング(コピー、ムーブ)することが可能です。これにより、本機のHDDにダビング後、ブルーレイディスクに番組を保存することが出来ます。

5)機器に合わせて高画質・ワンセグ画質を選んで番組を持ち出せる「新・番組持ち出し」
地上デジタル放送やBS、CATV多チャンネルの録画番組や「アクトビラ ビデオ・ダウンロードサービス(*28)」で購入したコンテンツ、ハイビジョンムービーで撮影したAVCHD映像をSDカードに書き出して、高画質・ワンセグ対応携帯電話(*29)やビエラ・ワンセグ(*30)で視聴できる「新・番組持ち出し」に対応。お使いの機器に合わせて、ワンセグ放送と比べて画素数が4倍(*31)の高画質、もしくはワンセグ画質を選択して持ち出せるため、より幅広い機器で録画番組を楽しめます。これにより朝の通勤電車の中でニュース番組やドラマを視聴するなどSTBで録画した番組を、好きなところで手軽に楽しむことができます。
ワンセグ画質の場合は、1時間の録画番組をSDカードに最速約40秒で高速転送が可能で、あらかじめ「かんたん転送」の設定をした番組に関しては、SDカードを挿入して「かんたん転送」を選択するだけで自動的に高速転送できるため、わずかな時間で番組を転送できます。
また、USBケーブル(*32)(別売)での転送にも対応しているので、携帯電話からmicroSDカード(*33)を取り出さなくても転送することができます。

  1. *28:コンテンツによってはSDカードに持ち出せない場合があります。
  2. *29:VGA・ワンセグ対応携帯電話(SD録画対応モデル)。
  3. *30:対応機種 SV-ME850V/750/700/650/550/75/MC75/MC55。2011年1月28日現在。
  4. *31:ワンセグ放送の画素数(320×180)と高画質モードの画素数(640×360)との比較において。
  5. *32:データ転送対応の携帯電話/USB変換ケーブル。
  6. *33:microSDカードを使用する場合、専用のSDアダプターに装着して使用。

6)著作権保護されたコンテンツのBD-RE/R→HDDムーブに対応
ブルーレイディスク(*34)にダビングした番組を再度ディーガのハードディスクへムーブ(*35)が可能。複数枚のディスクに保存した番組をハードディスクに取り込み、100GBのブルーレイディスク1枚にまとめるなどの整理ができます。

  1. *34:BD-REまたはファイナライズしていないBD-R。
  2. *35:コピーフリー番組はダビングとなります。また、DVDからのムーブはできません。

7)「e-moveTM(*36)対応
国内Blu-rayTMパッケージに記録されたワンセグ画質または高画質コンテンツをSDカードに転送するサービス「e-moveTM」(今春、サービス開始予定)に対応しています。

  1. *36:e-moveTMはパナソニック株式会社の商標です。

9.『アバター』ブルーレイ3Dソフト(未発売)(*37)プレゼントキャンペーン

2011年6月出荷分まで『アバター』ブルーレイ3Dソフト(未発売)を同梱致します。
3Dの迫力をご家庭ですぐにお楽しみ頂けます(*38)

  1. *37:『アバター』の2D版は、2010年4月よりDVDおよびブルーレイディスクで発売中。
  2. *38:3D視聴には3D対応テレビが必要です。

【基本機能の説明】

1. トランスモジュレーション方式/OFDMパススルー方式対応

TZ-BDT910Mはトランスモジュレーション方式、TZ-BDT910F、TZ-BDT910Pはトランスモジュレーション方式だけでなく、地上デジタル信号のOFDM信号を、そのままあるいは他の周波数に変換して伝送するOFDMパススルー方式での受信が可能です。

2. TZ-BDT910M、TZ-BDT910FはDOCSIS2.0相当ケーブルモデム内蔵、TZ-BDT910Pは100BASE-TX LAN端子搭載

DOCSIS2.0相当のケーブルモデムを搭載したモデルと100BASE-TXのLAN端子を搭載したモデルを用意。ケーブルテレビ事業者様のサービス状況に合わせてご利用いただけます。

[定格]

品名 CATVデジタルセットトップボックス
品番 TZ-BDT910M TZ-BDT910F TZ-BDT910P
使用電力 AC 100V、50/60 Hz
消費電力 電源入:30 W
電源切:7 W
(クイックスタート「入」、ケーブルモデム電源「切」、時計表示点灯時)
0.1W
(クイックスタート「切」、ケーブルモデム電源「切」、時計表示消灯時)
電源入:25 W
電源切:7 W
(クイックスタート「入」、時計表示点灯時) 0.1W
(クイックスタート「切」、時計表示消灯時)
デジタル放送
受信変調方式:
64QAM (Annex.C)
受信周波数帯域:
90 MHz〜770 MHz、
入力レベル:
49〜81dBμV(平均値)
受信変調方式:64QAM (Annex.C)、
受信周波数帯域:90 MHz〜770 MHz、
入力レベル49〜81dBμV(平均値)
受信変調方式:OFDM、
受信周波数帯域:90 MHz〜770 MHz、
入力レベル47〜81dBμV(平均値)
ケーブルモデム
受信変調方式:64QAM /256QAM(Annex.B)
受信周波数帯域:90 MHz〜770 MHz、入力レベル49〜79 dBμV(平均値)
送信変調方式:QPSK/8/16/32/64/128QAM
送信周波数帯域:10 MHz〜55 MHz、出力レベル:68〜118 dBμV
ハードディスク容量 500GB
接続端子
ケーブル端子:F型接栓、75 Ω
分配出力端子:F型接栓、75 Ω
映像出力端子(pin jack): 1系統 1.0 Vp-p、75 Ω
D端子映像出力端子(D1/D2/D3/D4端子):1系統
(Y) 1.0 Vp-p、75 Ω (CB/PB)0.7 Vp-p、75 Ω (CR/PR)0.7 Vp-p、75 Ω
HDMI(映像・音声)出力端子:1系統(19ピン、typeA端子)
音声出力端子(pin jack):1系統 250 mV[rms](標準)、出力インピーダンス 2.2 kΩ以下
光デジタル音声出力端子 :1系統 -18 dBm 660 nm
i.LINK端子:前面1系統(4ピン、IEEE1394準拠)
SDメモリーカードスロット:1系統
USB端子:2系統(前面 1/後面 1、USB2.0準拠)
LAN端子:1系統(10BASE-T/100BASE-TX)
外形寸法 幅430mm X 高さ59mm X 奥行249mm(突起部を含む)
質量 約3.2 kg
環境条件 許容周囲温度 5 ℃〜40 ℃ 許容相対湿度 10 %〜80 %RH(結露なきこと)