プレスリリース

2010年8月20日

2012年4月稼働予定

PDP国内第3工場のパネル製造設備を上海工場に移設

拡大・成長する中国市場での生産能力を増強

パナソニック株式会社は、PDP国内第3工場(尼崎における第1工場:以下、P3)第一期ラインの生産設備(月産能力約12万台(42型換算))を、中華人民共和国上海市において、プラズマディスプレイパネル(以下、PDP)およびPDP関連製品・部品の製造、販売を行っている「上海松下等離子顕示器有限公司(以下、PPDS)」に移設します。

PPDSは、2001年1月に松下電器(当時)と上海市との合弁で設立し、2001年12月から生産を開始し、PDPパネル生産とプラズマテレビのセット生産を行っています。
今回のP3の生産設備移設に伴い、PPDSの拠点を現所在地(浦東新区)の近隣地に移転し、現在、月産2万5千台(42型換算)の中国でのPDPパネル生産能力を大幅に増強します。
新拠点でのパネル生産は月産約12万台(42型換算)の体制で、2012年4月に稼働を開始する予定です。これにより、パネルからセットまでの一貫体制の強みを更に発揮することで、生産効率の最大化を図ります。

世界の薄型テレビ市場は2012年に2億4千万台を超える見込みですが、とりわけ中国市場は5000万台超の世界最大市場に成長すると期待されています。
また、デジタル放送の進展やフルHD・3Dテレビへの関心の高まりにより、中国市場においても、大画面・高画質ニーズを満たすPDPに対して、期待が高まっています。

当社は、PPDSにおける生産能力の増強により、拡大・成長する中国市場でのご要望に積極的にお応えする体制を整えると共に、中国におけるオペレーションの拡充を図ることでトータルコスト力を最大限に発揮します。これにより、薄型テレビ事業のグローバル競争力を一層強化し、薄型テレビ事業のグローバル成長戦略を推進してまいります。

以上

PPDS会社概要

現拠点

会社名 上海松下等離子顕示器有限公司
所在地 中華人民共和国上海市浦東新区金橋出口加工区金穂路1398号
資本金 1億6500万米ドル
合弁先 上海広電電子股有限公司等
出資比率 パナソニック株式会社:26.0%
松下電器(中国)有限公司:25.0%
上海広電電子股有限公司:43.0%
上海工業投資(集団)有限公司:3.8%
上海広電資産経営管理有限公司:2.2%
責任者 董事長:王 強(上海儀電控股(集団)公司総裁) 総経理:本宮大輔
役員構成 パナソニック:3名、中国側:3名
事業内容 プラズマディスプレイパネル、プラズマディスプレイパネルモジュール、および プラズマテレビセット完成品の生産・販売
設立時期 2001年1月20日
操業開始 2001年12月よりセット生産操業開始
人員 約1,700名(2010年3月末)
建物面積 約5.6万m2(敷地:約8.1万m2

移転先新拠点

新所在地 上海浦東金橋開発区内
着工時期 2010年12月(予定)
竣工/生産開始 2012年4月より操業開始予定
人員 操業時 約2,000名
建物面積 約8.5万m2(敷地:約10.0万m2

以上