プレスリリース

2010年7月14日

デルフト工科大学と大阪産業大学のソーラーカーチームに
高容量リチウムイオン電池を提供

2010ドリームカップソーラーカーレース鈴鹿に出場

パナソニック株式会社は、オランダのデルフト工科大学のNuon Solar Teamと大阪産業大学のOSUチームに高容量(3.1Ah)のリチウムイオン電池セルを提供いたします。両チームは7月31日、8月1日に鈴鹿サーキットで開催される「2010ドリームカップソーラーカーレース鈴鹿」に当社のリチウムイオン電池を搭載したソーラーカーで参戦します。

「2010ドリームカップソーラーカーレース鈴鹿」は、1992年から開催されているFIA国際自動車連盟公認の国際レースで、大学や企業などが全国の各地域から広く出場しており、海外チームも参加しています。1周5.8kmのコースを4時間2ヒート制の8時間で周回数を競います。今年で第19回を迎え、世界的に有名なソーラーカーレース「ワールド・ソーラー・チャレンジ」(オーストラリアの「グローバル・グリーン・チャレンジ」のソーラーカー部門)に次ぐ歴史を誇る大会です。今年は総勢84チームが出場予定で、Nuon Solar Team、OSUチームともにDREAMクラスに出場します。

ソーラーカーは、ソーラーパネルで発生した電気エネルギーをモーターに供給して走るとともに、残りの電気エネルギーは電池に蓄電します。電気エネルギーが不足した場合には、電池に蓄えた電気エネルギーを供給する構造となっています。ソーラーカーの性能を向上させるには、ソーラーパネルの高性能化に加えて電池の高容量化と電池パックの軽量化などが求められます。

当社が両チームに提供するのは円筒形の18650サイズで3.1Ahの高容量リチウムイオン電池です。当社独自のニッケル系正極を採用した業界最高レベルのエネルギー密度を持ち高容量かつ軽量であるため、駆動時間が長く、電池パックの軽量化につながるなどの特長を持っています。レースのルールで、ソーラーカーに搭載する電池には重量制限があるため、当社の高容量で軽量という特長が有利であるとの高い評価を得て採用されました。
さらに昨年、当社のリチウムイオン電池を搭載した東海大学のチャレンジセンターチームは、オーストラリアで開催された「ワールド・ソーラー・チャレンジ」で優勝しており、今年、鈴鹿のレースに出場する2チームの活躍も大いに期待されます。

当社は、ニッケル系正極を用いたリチウムイオン電池の「高容量」「軽量」「耐久性」の特長を生かし、今後EVや家庭用蓄電システムおよびバックアップ電源など「環境エネルギー分野」で貢献してまいります。

なお、レースに先立ち、オランダ・Nuon Solar Teamのソーラーカーのお披露目式をオランダ総領事館が主催して7月14日に弊社住之江工場において実施いたします。さらに、大阪市役所の正面玄関において7月20、21日の2日間、同チームのソーラーカーの展示を行います。

【お問い合わせ先】

パナソニック株式会社 エナジー社 経営企画室 広報グループ
電話:06-6994-4706