プレスリリース

2010年3月25日

Stradaカーナビステーション「ストラーダ」
累計販売台数200万台を達成!



 パナソニック株式会社 オートモーティブシステムズ社(代表者 津賀 一宏)が発売する市販カーナビステーション※「ストラーダ」は2010年3月で累計販売台数が200万台に達しました。
 当社は1993 年に業界に先駆け、目的地をインプットするだけで推奨ルートを探索・表示してくれる自動ルート探索機能を搭載したGPS+自立航法式カーナビゲーションシステム(CN-V1000D)を開発し、発売。 以来市販カーナビゲーション業界を牽引し、トップクラスのシェアを獲得してまいりました。2003年にはパナソニック オートモーティブシステムズ社(現オートモーティブシステムズ社)の設立とともに、家庭で楽しむ映像や音楽を車内へと持ち込む『From Home To Car』をコンセプトに、カーナビゲーションとエンタテイメントの高度な融合を目指したカーナビステーションを発売しました。カーナビの新しい「道」を拓き、「人」と「クルマ」と「道」を結ぶカーナビという意味を込めて、イタリア語で「道」を意味する「Strada」(ストラーダ)と命名、その後順調に販売を伸ばし、2007年には導入5年目にして累計販売台数100万台を達成。さらに「ストラーダ」の知名度拡大に伴い、自動車メーカーのオプションモデルとしても「ストラーダ」が採用されるなど販売規模は拡大。 近年ではPND(パーソナルナビゲーションデバイス)モデルの販売伸長に加え、高性能AV一体型モデルのシェア拡大により、6年9カ月で200万台達成に至りました。
 当社は、今後もカーナビステーション「ストラーダ」のさらなる進化をはかり、お客様のニーズに呼応する新しいカーライフスタイルを提案して参ります。

カーナビステーション「ストラーダ」累計販売台数 推移

※カーナビステーション…「カーナビゲーション機能+エンタテイメント機能」を組み合わせたカーナビゲーションシステムです。

【当社の市販カーナビゲーション略沿革】

1993年 業界初の自動ルート探索機能を搭載したGPS+自立航法ナビゲーション(CN-V1000D)発売
1994年 業界初の一体型ポータブルナビ発売
1997年 DVDカーナビゲーション発売
 
2003年 ストラーダ(ナビとSD連携のAVナビ)一号機発売
2004年 ストラーダFクラス発売
2006年 業界初の地デジチューナー標準装備Fクラス発売
2007年 ストラーダ累計販売台数100万台達成
2008年 ストラーダポケット発売
2009年 世界初の車載用BDプレーヤー、ストラーダSクラス発売
2010年 ストラーダ累計販売台数200万台達成
その他のパナソニックが先駆けた新機能
VICS3メディアユニット
VICS3メディアユニット対応カーナビ
ワイドVGA(地図・ディスプレイ)カーナビ
DVDビデオ再生機能搭載カーナビ
車載用地上デジタルチューナー
ホームリンク機能付きカーナビ
インターネット地図対応カーナビ
ワイドXGA液晶搭載カーナビ

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
TEL:フリーダイヤル 0120-50-8729
(受付時間 9:00〜17:00 土・日・祝祭日・当社休日を除く)


【世界の景勝地をイメージに使用した「ストラーダ」の広告】

スペインの美しい景観を背景に使用
2003年
【CN-DV250D】
2003年
【CN-DV250RD】
イタリアの景勝地 コモ湖をロケ地として撮影
2003年
【CN-DV250RD】
2004年
【CN-DS100D/KD/TD】
ギリシャ ミコノス島にて撮影
2004年
【CN-HS400D】
2004年
【CN-HDS950MD】
香港の夜景をイメージに採用
2004年
【CN-HDS930MD】
フランスの世界遺産「モン・サン・ミシェル」をイメージに採用
2007年
【CN-HDS965TD】
2007年
【CN-HDS700TD】
日本を代表する美景「富士山」をイメージで使用 ストラーダポケットの広告に「方向音痴侍」を採用
2008年
【CN-HX1000D】
2009年
【CN-MP200D】