プレスリリース

2010年3月19日

日本初・「テレビコマーシャル字幕放送 実験」を実施



パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、地上波デジタル放送においてドラマ番組等で実施している「字幕放送」を日本で初めてテレビコマーシャル(以下、CM)で試験的に実施いたします。

既に地上波デジタル放送で視聴可能となっている字幕放送は、主に聴覚に障がいのある方々や高齢で耳の不自由な方に放送内容をお楽しみいただくため、テレビの音声を文字に、BGMやドラマの効果音を記号にして画面に表示するものです。パナソニックでは、これまで実現されていないCMの字幕付与に関して、株式会社TBSテレビ(以下、TBS)にご協力いただき、検討してまいりました。

今回の実験では、CM字幕放送化の早期実現に向け、技術的な課題や反響について調査いたします。“視聴者にやさしい放送”で、ユニバーサルな情報社会実現に向けた取り組みを、一層強化してまいります。

【実施日】 2010年3月22日(月)20時00分〜20時54分
TBS系列28局ネット パナソニックドラマシアター「ハンチョウ」内
企業宣伝CM(エコCM) 1本(60秒素材)