プレスリリース

2010年3月16日

ルート探索や地図表示、案内の詳細設定・調整が可能な新機能「ストラーダチューン」を搭載

StradaミドルクラスHDDカーナビステーション 3機種を発売

CDダイレクト録音に非圧縮の「CD音質」モードを搭載、「音の匠」も新モードで音質を強化

HX910D(HX910D データ容量:94KB)HW890D(HW890D データ容量:93KB)HW860D(HW860D データ容量:122KB)

品名 品番 本体希望
小売価格
発売日 月産台数
7V型ワイドVGAインダッシュ 地上デジタルTV/AVシステム
DVD/CD内蔵HDDカーナビステーション(Bluetooth®内蔵)
CN-HX910D オープン価格 6月下旬 1,000台
7V型ワイドVGAモニター 2DIN AVシステム
地上デジタルTV/DVD/CD内蔵HDDカーナビステーション(Bluetooth®内蔵)
CN-HW890D オープン価格 6月下旬 2,000台
7V型ワイドVGAモニター 2DIN AVシステム
地上デジタルTV/DVD/CD内蔵HDDカーナビステーション
CN-HW860D オープン価格 6月下旬 5,000台

パナソニック株式会社 オートモーティブシステムズ社(代表者 津賀 一宏)は、HDDカーナビステーション※1「ストラーダ」新製品3機種を6月下旬より発売します。
近年の市販カーナビゲーション市場は、より手軽なPND(パーソナルナビゲーションデバイス)の需要が急伸する一方、本格的なナビゲーション機能やAV機能を重視するお客様には高性能な「AV一体型ナビゲーション」商品にも根強い需要があります。
本製品はナビゲーションの基本機能であるルート探索・音声案内・地図表示をより便利にお使いいただくために、ユーザーの好みに合わせた設定・調整が可能な「ストラーダチューン」機能を搭載しました。ルート探索時には道幅や抜け道、有料道路の反映レベルが設定可能、加えて音声案内の頻度や地図色・文字サイズなどきめ細やかな調整ができ、初心者からベテランドライバーまで、好みに合わせたユーザー仕様のナビゲーション設定が可能です。
また、AV機能では、音楽CDをHDDに録音する際のコーデックに非圧縮録音モードを新搭載。
さらに音響システムには好評の「音の匠」にSクラスで採用中の「快適メモリーミュージック」モードを、ミドルクラス専用に再チューンして追加、メリハリのある快適なサウンドで楽しめます。
当社は、本製品の発売により、さらなる市場拡大を図るとともに、多様化するお客様のニーズに呼応する新しい「カーライフスタイル」を提案してまいります。

特長

【1】ナビゲーション機能をユーザー好みに設定・調整できる新機能「ストラーダチューン」を搭載

●道幅・抜け道・有料道路の各種条件の優先度を設定して好みのルート探索を実現する「ルートチューン」。
●ルート案内中の音声案内の頻度変更やON/OFF設定ができる「ガイダンスチューン」。
●地図色はもちろん、道路の色や文字サイズまでカスタマイズ可能な「マップチューン」。

【2】HDDへの録音に非圧縮モードを搭載、「音の匠」も新モードでさらに快適な音響空間に

●大容量60GB HDD搭載。CDダイレクト録音に、CD音質で録音可能な非圧縮の「CD音質」録音モードを搭載。
●「音の匠」には圧縮音源に適したサウンドモードを追加。また「音の匠」モードはイコライザー調整も可能に。

【3】純正ステアリングスイッチやDSRC車載器との連携でさらに使い易さが向上

●アダプター無しでオーディオ操作が可能な主要国産車対応「学習型ステアリングスイッチ設定」機能搭載。
●別売の当社DSRC※2車載器(CY-DSR1000D)との接続で充実した最新の道路交通情報にも対応。

※1 カーナビステーション ・・・「カーナビゲーション機能+エンタテイメント機能」を組み合わせたカーナビゲーションシステムです。
※2 DSRC ・・・ETCなどに用いられている狭い範囲での双方向を目的とした無線通信方式の一種です。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
TEL:フリーダイヤル 0120-50-8729 (受付時間 9:00〜17:00 365日)


特長

【1】ナビゲーション機能をユーザー好みに設定・調整できる新機能「ストラーダチューン」を搭載

●道幅・抜け道・有料道路の各種条件の優先度を設定して好みのルート探索を実現する「ルートチューン」。

  • 「有料道路優先」「道幅優先」「抜け道優先」という各条件の優先度合いを自分好みに調整し、ルート探索に反映させることができます。

●ルート案内中の音声案内の頻度の調整やON/OFF設定ができる「ガイダンスチューン」。

  • ルート案内中の分岐音声案内の頻度が調整可能になり、また「カーブ案内」「合流案内」「レーン案内」「踏切案内」「事故多発地点案内」の設定も容易になりました。お好みのアレンジで音声案内の設定ができます。

●地図色はもちろん、道路の色や文字サイズまでカスタマイズ可能な「マップチューン」。

  • 基本の地図色は「クルージング」「タウン」「トラフィック」「トワイライト」の4テーマ色から、道路色は濃度別に4タイプから、文字はサイズ別に4段階からと、各種の条件を組み合わせると昼・夜モードで各々64通りの多彩な設定が可能です。

●ETC専用のインターチェンジ「スマートIC」を自動的に考慮したルート探索が可能。

  • 高速道路の本線やサービスエリア、パーキングエリア、バスストップから乗り降りができるように設置されるETC専用のインターチェンジ「スマートIC」の利用を自動的に考慮したルート探索(利用可能な時間帯/出入り方向も考慮されます)に対応。高速道路をより効率的に利用することができます。
    実際のスマートIC利用には、ETC車載器もしくはETC/DSRC車載器が必要です。

●ストラーダユーザー限定ドライブコンテンツ「おでかけストラーダ」の情報に加え、多くのユーザーから支持されている「GoogleマップTM」、Yahoo! JAPAN提供の「路線・地図アプリ」で調べたドライブスポットの位置情報も、ナビゲーションの目的地として設定可能。

  • 当社はより新しい、おすすめのドライブスポット情報をストラーダユーザーに提供するため、ストラーダユーザー向けコンテンツ「おでかけストラーダ」を2007年6月に開設、利用者のドライブのサポートを行っています。
  • 「おでかけストラーダ」では、「食べる」「見る」「遊ぶ」などのジャンルからスポット情報を検索し(おでかけスポット)、検索したデータを目的地や経由地に設定したドライブプランを作成(おでかけプランナー)できます。また、「おでかけスポット」は最大5,000件、「おでかけプラン」は最大20件、「Myデータ」としてWeb上で保存可能です。
    「おでかけストラーダ」URL: http://club-strada.panasonic.jp (PC版)
  • 「GoogleマップTM」やYahoo! JAPAN提供の「路線・地図アプリ」から取得した観光スポットやお店の位置情報は、一旦「おでかけストラーダ」内の「Myデータ」に転送、「Myデータ」を保存したSDメモリーカードを、ナビ本体に挿入することで、ナビゲーション本体に転送、ルート探索の目的地として利用できます。
    「おでかけストラーダ」、「GoogleマップTMとの連携」、「路線・地図アプリとの連携」(Yahoo! JAPAN提供)をご利用いただく場合、ユーザー登録および、ユーザーアカウントの取得が必要です。
    GoogleTMおよびGoogleロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。
    Yahoo! は米国Yahoo! Inc. の登録商標です。

【2】HDDへの録音に非圧縮モードを搭載、「音の匠」も新モードでさらに快適な音響空間に

●大容量60GB HDD搭載。CDの情報量を圧縮することなく録音可能な「CD音質」録音モードを搭載。

  • CDからHDDミュージックへの録音時に非圧縮録音方式を採用することで高音質HDDミュージックを実現した「CD音質」モードを搭載しました。
  • 高音質CD録音に対応し大容量60GB HDDを採用、128kbpsモードで約7500曲、「CD音質」モードで約800曲の収録が可能です。

●圧縮音源に適した「快適メモリーミュージック」モードを「音の匠」に追加。「音の匠」サウンドの調整も可能に。

  • 新搭載の「快適メモリーミュージック」は圧縮により音質が落ちたiPodやHDDミュージックのサウンドを音の匠チューニングによって、心地いい快適サウンドで楽しめます。
  • 「音の匠」モードでは、各「音の匠」モードのイコライザー調整が可能になりました。好評の「音の匠」モードをベースに、自分の車に合わせたお好みの音質に調整することができます。

●使っているオーディオソースの音響効果やタイトル情報を画面表示

  • 現在使用している音声系オーディオのソース名やタイトル、録音モード(HDDミュージックの場合)、利用している音響効果などの情報が地図画面上に表示可能です。

●車室内環境に合わせ細かい設定が可能な13バンドパラメトリックイコライザー搭載。

  • 車室内空間に合わせた音質調整が可能な13バンドパラメトリックイコライザーを搭載しているので、あらゆるAVソースをより奥行きのある高音質でお楽しみいただけます。

●高精度音響DSPを採用、5.1chサラウンドプロセッサ、SRS音響搭載で、高音質で快適な音楽再生を実現。

  • 32/64ビット浮動小数点演算DSPを採用し、卓越した処理能力で高音質を実現します。高精度デコーディング技術により、幅広い帯域の音が高音質で再生できます。特に高音域については、MP3/AACなどの非可逆圧縮形式データで欠落していた帯域をリアルタイムに解析し、補完、響のある高音質再生を実現します。
  • DSPの高い処理能力により、高音質なAACでしかも最大約7倍速のリッピングや追っかけ再生も可能です。
  • ドルビーデジタル、さらに、圧縮音楽の再生にサラウンド効果を発揮する音響技術SRSを採用、4スピーカー用の「SRS CS Auto DX」、2スピーカー用の「SRS WOW HD」を搭載しています。
  • 5.1chサラウンドプロセッサ内蔵(CN-HX910Dのみ)

●高性能「4チューナー×4アンテナ」技術を採用し、2チューナー×2アンテナ機種よりも地上デジタル放送(フルセグ)の受信可能範囲、高速走行中の受信性能も向上しました。これにより「ワンセグ放送」に切り換わる機会も少なくなり、地上デジタル放送の「高画質・高音質」を車室内でも快適に楽しむことができます。

  • 4つのチューナーとアンテナによるキャリアダイバーシティ方式を採用。4つのアンテナ間の電波強度差を順位付けし、当社独自のアルゴリズムで重み付け合成して電波受信を最大化。地上デジタル放送(12セグ)の受信可能距離が2チューナー×2アンテナ方式に比べ広がりました。
  • 車の速度が高速になれば低下していく受信感度についても向上しました。

●高画質「PEAKSプロセッサー」、ワイドVGAモニターで美しい映像を再生。

  • パナソニック独自の「PEAKSプロセッサー」が映像信号の入力から出力までをフルデジタル処理。薄型テレビ「ビエラ」ゆずりの高画質を実現します。
  • ワイドVGAモニター採用により、よりクリアで繊細な映像を再現します。

【3】純正ステアリングスイッチやDSRC車載器との連携でさらに使い易さが向上

●アダプター無しでオーディオ操作が可能な主要国産車対応「学習型ステアリングスイッチ設定」機能搭載。

  • 車両の純正ステアリングスイッチでオーディオ機能を操作できる学習型ステアリングスイッチ設定を搭載。
    キー電圧学習型なので多彩な車種に対応します。また、アダプターなど別売オプションは不要です。
    対応する車種につきましては別途ホームページに掲載する予定です。

●別売の当社DSRC車載器(CY-DSR1000D)との接続で高速道のスポット通信サービスによる情報提供に対応。

  • 別売の当社DSRC車載器(CY-DSR1000D)と連動し、リアルタイムに配信される高度な道路交通情報や安全運転支援情報を、音声や画像で案内します。その時必要な情報をタイムリーに得ることができるので、より快適で安心なドライブを実現します。CY-DSR1000DにはETC機能も搭載しているので、接続すればETCの料金の音声案内や料金履歴表示も可能です。
    CY-DSR1000Dとの接続には、別売り専用ケーブルCA-DC10Dが必要です。
    スポット通信サービスの詳細は、国土交通省ホームページをご覧ください。
    http://www.mlit.go.jp/road/ITS/j-html/spot_dsrc/index.html

●Bluetooth®ユニットをナビ本体に内蔵(CN-HX910D・CN-HW890Dのみ)。

  • これにより携帯電話のハンズフリー通話や、音楽データのワイヤレス再生だけでなく、ナビゲーションからBluetooth®対応携帯電話を経由し自宅のエアコンや照明のON/OFFを切り換えたり、ネットワークカメラで撮影した自宅内の静止画像を確認することができます。
    ご利用いただくにはBluetooth®対応携帯電話機や情報端末などが必要です。また、ご利用の際には通信料が発生します。

【Bluetooth®技術を利用し、ナビとの連携が可能な主な機能】

  • 「おでかけストラーダ」の「Myデータ」情報を、かんたんな操作でナビに転送。
  • ネットワークカメラ連携・・・別売りのネットワークカメラに接続して、車内から自宅の状況(静止画)を確認できます。
    ご利用いただくにはパナソニックネットワークサービシズ(株)が運営するリアルタイムに遠隔モニタリングが可能なダイナミックDNSサービス「みえますねっと」(有料)への加入をお奨めします。
    参照ウェブサイト http://panasonic.jp/mnet/
  • ライフィニティ連携(CN-HX910Dのみ)・・・松下電工(株)(現パナソニック電工(株))が2006年7月に発売した、インターネットを活用した新築戸建住宅向け設備ネットワークシステム「ライフィニティ」に対応。
    車から自宅の照明やエアコンのON/OFFを切換えたり、帰宅する旨を「ライフィニティ」のコントロールパネルに表示(かえる通知)することができます。
    参照ウェブサイト http://panasonic.jp/Lif
  • ディモーラ連携(CN-HX910Dのみ)・・・パナソニック(株)が運営する遠隔録画予約サービス「ディモーラ」(ご利用いただくにはブロードバンド回線及び会員登録が必要です。利用料は無料です。)に対応。これにより本製品から自宅の「DIGA」を遠隔操作、放送中のテレビ番組を録画したり、録画予約することができます。
    なお、本サービスは一部の「DIGA」には対応しておりません。
    対応機種等、サービス詳細はディモーラサイト(http://dimora.jp/)を御確認ください

【4】オプション製品

品名 AV一体型ナビ操作リモコン ナビ・AV接続
4mケーブル
ナビ・AV接続
6mケーブル
品番 CA-RM010D CA-LND041D CA-LND061D
希望小売価格
<税込・取付費別>
4,200円 16,590円 19,740円
対応機種 全機種 CN-HX910D CN-HX910D

主な定格

  CN-HX910D CN-HW890D CN-HW860D
電源 電源電圧 DC12 V (試験電圧14.4 V) マイナスアース
消費電流 5 A以下 (AUDIO OFF時)
液晶ディスプレイ 画面寸法(幅×高さ×対角) 7 V型ワイド
154 mm × 87 mm
× 177 mm
7 V型ワイド
157 mm × 82 mm
× 177 mm
映像入力 RGB (ナビゲーション画面)
画素数 1 152 000画素(縦480 × 横800 × 3)
有効画素数 99.99 %
表示方式 透過型カラーフィルター方式
駆動方式 TFT(薄膜トランジスタ)アクティブマトリックス方式
使用光源 内部光(Lの字型冷陰極蛍光灯)
タッチパネル 抵抗感圧式アナログタイプ(フィルム+ガラス)
アンプ 定格出力 20 W × 4
最大出力 50 W × 4
適合スピーカーインピーダンス 4 Ω
接続端子 ビデオ入力レベル 映像:NTSC 1.0 Vp-p (75 Ω RCAピンジャック)
音声:ステレオ 2.0 Vrms MAX (RCAピンジャック)
カメラ入力レベル 映像:NTSC 1.0 Vp-p (75 Ω RCAピンジャック)
ビデオ出力レベル 映像:NTSC 1.0 Vp-p (75 Ω RCAピンジャック)
サブウーファー出力電圧 2.0 Vrms(MAX)
サブウーファー出力インピーダンス 600 Ω
センタープリアウト出力電圧 2.0 Vrms (MAX)
センタープリアウト出力
インピーダンス
600 Ω
ナビゲーション 本体 外形寸法
(幅×高さ×奥行き)
178 mm × 50 mm
× 188 mm
(取付奥行き寸法
160 mm)
178 mm × 100 mm
× 180 mm
(取付奥行き寸法
165 mm)
質量 1.9 kg 3.2 kg
モニター 外形寸法
(幅×高さ×奥行き)突起部除く
178 mm × 50 mm
× 194 mm
(取付奥行き寸法
165 mm)
質量 2.1 kg  
DVDプレーヤー 信号方式 Y=1.0 Vp-p Cb=Cr=0.7 Vp-p
周波数特性 DVD 5 Hz〜22 kHz
CD 5 Hz〜20 kHz
信号対雑音比(SN比) 90 dB (IHF、A)
ワウ・フラッター 測定限界以下
MP3
デコーダー
ビットレート MPEG1 64 kbps〜320 kbps
MPEG2 64 kbps〜160 kbps
サンプリング周波数 MPEG1 32 kHz、44.1 kHz、48 kHz
MPEG2 16 kHz、22.05 kHz、24 kHz
FMチューナー 受信周波数 76.0 MHz〜89.9 MHz
実用感度(SN比、30 dB) 11.2 dBf
SN比 70 dB
ステレオ分離度 35 dB
実用選択度(±400 kHz) 75 dB
AM
チューナー
受信周波数 522 kHz〜1 629 kHz
実用感度(SN比、20 dB) 27 dBμV
イメージ妨害比 65 dB
デジタルTV
チューナー
受信可能放送 地上デジタル (ワンセグ対応)
受信周波数 470 MHz 〜 770 MHz (13 〜 62 ch)
入力信号レベル -75 dBm 〜 -20 dBm
入力インピーダンス 50 Ω
iPod
接続端子
通信方式 USB 2.0 FS
出力電圧 5V 500mA
Bluetooth® 通信周波数 2402 MHz 〜 2480 MHz
RF出力 - 4 dBm(0.4 mW)
通信方式 周波数ホッピングスペクトラム拡散
GPSアンテナ 形式 マイクロストリップ方式
コードの長さ 6 m
外形寸法(幅×高さ×奥行き) 31 mm × 12 mm × 36 mm
質量 113 g (コード含む)
受信周波数 1 575.42 MHz (C/Aコード)
受信感度 -130 dBm
受信方式 パラレル12チャンネル (常時12衛星受信可能)
マイク コードの長さ 6 m
外形寸法(幅×高さ×奥行き) 13 mm ×13 mm
×38 mm
質量 37 g
(コード含む)
地上デジタル
アンテナ
コードの長さ 4 m
外形寸法(幅×高さ) 94 mm x 137 mm
質量 170 g(コード含む)
出力インピーダンス 50 Ω
本機はMicrosoft Windows Automotive で動作します。
Microsoft、Windows、Windows Vista、Windows Automotive、Windows Mediaは、米国Microsoft Corporationの米国、またはその他の国における登録商標または商標です。