プレスリリース

2010年2月2日

パナソニック ハリウッド研究所アドバンスドオーサリングセンター

パナソニックがBlu-ray 3DTMのオーサリングサービスを開始


本リリースの正文は「PANASONIC FIRST OUT OF THE GATE WITH BLU-RAY 3DTM AUTHORING FACILITY」で、米国 カリフォルニア州 ユニバーサルシティにて、2010年2月1日(現地時間)に発信されたものです。

このたびパナソニックは、映像研究開発拠点であるパナソニック ハリウッド研究所内のアドバンスドオーサリングセンターで、オーサリングサービスを開始いたします。これにより、2010年春に映画会社よりBlu-ray 3DTMディスクタイトルの販売が可能となります。

パナソニック ハリウッド研究所は、Blu-ray 3DTMの規格策定時に、エンコーディング方式やメニュー、字幕表示方式を、ハリウッドの映画会社や映画製作関係者と連携して開発、提案してまいりました。これらの活動を通じて、アドバンスドオーサリングセンターは、Blu-ray 3DTM制作の鍵となるノウハウや技術を蓄積し、スタジオや制作会社に対して、3Dタイトルの企画初期段階のコンサルティングサービスを提供しています。

アドバンスドオーサリングセンター長のジェニーン・パットン(Jeannine Patton)は、「2D Blu-rayオーサリングで、高い評価を受けているHD画像圧縮技術(MPEG4-AVC)の実績から、3D画像圧縮技術(MPEG-4 MVC: Multiview Video Coding)でも、パナソニックが業界をリードすることを確信しています」と述べています。また、パットン センター長は続けて、「世界のエンターテイメントの中心地にある当センターが、映画業界に対して、機器メーカーとして初めて一貫したBlu-ray 3DTMエンコーディング・オーサリングサービスを提供することにより、Blu-ray 3DTMは、ホームエンターテイメント業界にとってエキサイティングで新しい世界を切り拓くでしょう」と語っています。

なお、先日ラスベガスで開催されたコンシューマー・エレクトロニクスショー(CES)で、パナソニックは、民生用3Dテレビ「ビエラ」からプロユースのフルHD・3DカメラレコーダーまでフルHD・3Dテレビと関連製品の幅広いラインナップを発表しています。

以上