プレスリリース

2009年6月19日

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
工場の生産性向上に「見える化」で貢献

レンゴー(株)に、「工場見える化システム・DEJIDON」を納入

「トレーサビリティシステム」とも連動し、品質確保に効果を発揮


パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(代表取締役社長 岩佐 次夫、本社 東京都港区)は、このたび大手パッケージング・メーカーであるレンゴー株式会社様に、段ボール工場における生産性向上や品質確保に加え、同社の開発した「トレーサビリティシステム」(※1)との連携も目的として、パナソニック株式会社製の生産性向上支援ソリューション「工場見える化システム」(ネットワークカメラi-pro(アイプロ)シリーズ、ネットワークディスクレコーダーと見える化ソフト(ソフトウェア品番Z-APTF30))や「見える化」専用サーバソフト「DEJIDON」(ソフトウェア品番 Z-APTF80 (※2))などを納入しました。

レンゴー株式会社様では、すでに2006年度、同社の新京都事業所に「工場見える化システム」を導入し、生産設備のトラブル等、異常の見える化と品質の確保、生産性向上に実績を上げてきました。このたびはさらに、トレーサビリティシステムとの連携により、見える化のより一層の進展を目指し、新京都事業所に「DEJIDON」を追加するとともに、新たに東京工場にも「工場見える化システム」および「DEJIDON」を導入いただいたものです。

(※1) 「原料の履歴書」管理用システム。生産地や種類のほか、加工、流通経路などのデータを記録・管理するもの。
(※2) DEJIDON(デジドン)は、生産設備や管理システム等からのアラーム情報(イベント)を収集し、システムカメラ・ネットワークディスクレコーダーを制御することで、今まで曖昧だったトラブル発生時の“その時”の様子を映像で記録し「見える化」するシステムです。さらに映像と情報を工程各所に設置したディスプレイに表示し、「見せる化」によって工場内の課題共有化を図るシステムへの発展が可能です。

【お問い合わせ先】

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
 経営企画グループ コミュニケーションチーム 遠田(えんだ)、河野
 TEL 03-6403-3890

「工場見える化システム」詳細ホームページ http://panasonic.biz/solution/factory/


<システム構成図(イメージ)>

<導入写真>

<写真左:映像表示用プラズマディスプレイ>
<写真右:DEJIDONサーバ(左)とネットワークディスクレコーダー等ラック(右)>

<レンゴー株式会社様について>

設立:1920年5月2日 (創業:1909年4月12日)
代表者:代表取締役社長 大坪 清

事業内容: 1 段ボール、段ボール箱、紙器、その他紙加工品の製造・販売
2 板紙(段ボール原紙、白板紙、紙管原紙等)の製造・販売
3 軟包装製品、セロファンの製造・販売 など

住所:大阪市北区中之島2-2-7 中之島セントラルタワー
概要:日本で最初に段ボールを製造しその名も付けた、段ボールの最大手。今年4月、創業100周年を迎えた。パッケージング・ソリューション・カンパニーを標榜し、包装に関わる総合的なソリューションを提供、国内36箇所の直営工場と、国内外66社のグループ企業を有する。