プレスリリース

2009年1月20日

当社独自※1のハイブリッド方式※2が進化

ハイブリッド方式※2除湿機「F-YHE120」を発売

定格消費電力 約2分の1※3を実現


F-YHE120-W(F-YHE120-W データ容量:64KB)

品名 ハイブリッド方式除湿機
品番 F-YHE120
希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 3月25日
月産台数 6,000台

ホームアプライアンスマーケティング本部は、コンプレッサー方式とデシカント方式を融合して運転する当社独自※1のハイブリッド方式※2を進化させ、定格時の消費電力において従来品の約2分の1※3を実現したハイブリッド方式※2除湿機を、3月25日に発売します。

近年、除湿機は、梅雨時の湿気対策だけではなく、冬場の結露防止や衣類の部屋干し乾燥としての用途が増加し、年中使用する機器としてニーズが高まっています。そうした中、オールシーズン快適に使用できるハイブリッド方式※2除湿機の需要が伸長しています。また、環境意識の高まりとともに、より省エネ性能に優れた除湿機が望まれています。

本製品は、ハイブリッド方式※2をさらに進化させ、除湿効率を大きく向上することで、定格消費電力 約2分の1※3を実現しました。また、衣類乾燥運転時でのスピードで、業界No.1※4を実現しています 。
さらに、従来から好評の衣類の乾き具合を見極める「カラッとセンサー」制御をさらに進化させ、乾き具合をランプでお知らせする「ドライナビ」機能を新たに搭載しました。

当社は本製品により、「オールシーズン快適に除湿・衣類乾燥」をコンセプトに、除湿機の年中使用を積極的に提案してまいります。

<特長>

  1. 除湿効率の向上により、定格時の消費電力 約2分の1※3 250Wを実現
  2. 温度に応じた風量制御で、衣類乾燥スピード 業界No.1※4を実現
  3. 新搭載の「ドライナビ」により、衣類の乾き具合をランプでお知らせ
※1: 2009年1月20日現在。除湿方式(コンプレッサー方式とデシカント方式)の組み合わせにおいて
※2: コンプレッサー方式とデシカント方式の両機構を融合
※3: 温度27℃、湿度60%、除湿(強)モード時。 当社従来品F-YHD100との比較。〔F-YHE120〕250W 〔F-YHD100〕510W (60Hz時)
※4: 2009年1月20日現在 除湿機において。衣類乾燥(速乾・ターボ)モード時。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
携帯電話・PHSでのご利用は TEL:06-6907-1187(受付9時〜20時)
ホームページ:http://panasonic.jp/air


【特長】

1.除湿効率の向上により、定格時の消費電力 約2分の1※3 250Wを実現

従来品では、冷媒ガスの特性上、冷却器の一部に結露しにくい部分があったため、除湿効率が低い状態でした。本製品では、冷媒ガスが通る配管部分にて熱交換させる構造としたことで、冷却器全体で効率的に除湿できるようになりました。さらに、吸湿材である除湿ローターを通る風路を改善し水分の吸放湿性を効率化したことなどで、除湿効率を向上させました。その結果、定格時において、これまで必要であったヒーター運転が不要になり、定格消費電力 約2分の1※3を実現しました。
また、最大除湿能力が12.5L/日※5に向上しました。

<冷却器イメージ図>

従来品 F-YHD100 新製品 F-YHE120
※5: 温度27℃、湿度60%、60Hz、衣類乾燥(速乾・ターボ)モード時。当社従来品 F-YHD100は、11.0L/日

【参考:除湿機の方式(イメージ)】

ハイブリッド方式※2では、コンプレッサー方式とデシカント方式の両機構を融合させることで、低温時の除湿能力の低下と夏場の室温上昇という、両方式の課題を解決し、オールシーズン快適な除湿・衣類乾燥を実現しています。

  コンプレッサー方式 デシカント方式 ハイブリッド方式※2
模式図
特性 ●低温時の除湿能力が低い
●室温上昇が少ない
●低温時の除湿能力が高い
●室温上昇が大きい
●低温時の除湿能力が高い
●室温上昇が少ない

2.温度に応じた風量制御で、衣類乾燥スピード 業界No.1※4を実現

最大除湿能力が12.5L/日※5に向上したことに加え、本体内部への風量を制御するためのダンパー(風量調整板)を設けることで、温度に応じた効率的な風量制御が可能となり、衣類乾燥効果が高まりました。梅雨時は約45分※6、冬場は60分※7と、衣類乾燥スピード 業界No.1※4を実現しています。

3.新搭載の「ドライナビ」により、衣類の乾き具合をランプでお知らせ

温度・湿度センサーで衣類の乾き具合を毎分チェックし、乾いたら自動停止する「カラッとセンサー」をさらに進化させました。衣類の乾き具合をTシャツ形のランプで表示する「ドライナビ」機能を搭載し、衣類乾燥用途での使い勝手を向上しました。また、水分の再吸着を防ぎ、カラッと仕上げる工夫をしています(乾燥キープ運転)。

【その他の特長】

シンプルで見やすい操作部
スポット冷風機能搭載
使用シーンに応じて使い分けできる「速乾」 & 「省エネ」の2つの衣類乾燥モード搭載
上下方向スイング&横方向(スポット・ワイド・ウエーブ)の「3Dルーバー」により、立体的に送風。
フィルターに、スーパーアレルバスター・バイオ除菌を添着し、アレル物質や菌・カビの活動を抑制し※8※9※10、清潔乾燥を実現
※6: (社)日本電機工業会自主基準(JEMA-HD090)に基づき以下の条件のもとで試験を行った値。 試験条件●部屋の広さ6畳相当●衣類の量2kg(Tシャツ3枚、Yシャツ2枚、パジャマ1組、下着7枚、靴下2足、タオル3枚)●衣類乾燥(速乾・ターボ)モード●60Hz●温度20℃、湿度70%
※7: 温度10℃、湿度70%
※8: ●試験機関:大阪市立工業研究所 ●試験方法:精製ダニアレルゲンの低減を酵素免疫測定法により確認 ●場所と方法:フィルターにスーパーアレルバスターを添着 ●試験結果:抑制を確認
※9: ●試験機関:(財)日本食品分析センター ●試験方法:標準寒天培地を用いた寒天平板培養法により確認 ●場所と方法:フィルターにバイオ除菌を添着 ●試験結果:菌を99%以上抑制を確認
※10: ●試験機関:(財)日本食品分析センター ●試験方法:防カビ試験方法(ハロー法)に基づく ●場所と方法:フィルターにバイオ除菌を添着 ●試験結果:ハロー試験による防カビ効果を確認

■パナソニックネットワークマーケティング(株)が運営するショッピングサイトPanaSenseパナセンス(http://club.panasonic.jp/mall/sense/open/)において、ハイブリッド方式除湿機(F-YHE120)の100台限定モニター販売を2009年1月20日(17:00以降)から 2月2日(13:00締切)まで行います。

【需要動向】

2006年度実績 2007年度実績 2008年度(見込み) 2009年度(予測)
約73万台 約77万台 約69万台 約70万台

<当社調べ>

【仕様一覧】

商品名 ハイブリッド方式除湿機
品番 F-YHE120
W(ホワイト)
除湿可能
面積の目安※11
50Hz 木造19m2(11畳)、プレハブ29m2(17畳)、鉄筋38m2(23畳)
60Hz 木造21m2(13畳)、プレハブ32m2(19畳)、鉄筋42m2(25畳)
定格除湿能力(50 / 60Hz)※12 9.0 / 10.0L
最大除湿能力(50 / 60Hz)※13 11.5 / 12.5L
衣類乾燥(50 / 60Hz) 速乾・ターボ 省エネ
  消費電力 700 / 720W 225 / 235W
運転音 48 / 49dB 40 / 40dB
除湿(50 / 60Hz) おまかせ・中
  消費電力 240 / 250W 225 / 235W 225 / 235W
運転音 48 / 49dB 40 / 40dB 35 / 35dB
冷風(50 / 60Hz)
  消費電力 240 / 260W 235 / 245W
運転音 48 / 49dB 40 / 40dB
製品寸法 高さ570×幅370×奥行225 mm
タンク容量(満水停止) 約3.2L
質量 13.5kg
※11: 除湿可能面積の目安は、JEMA(日本電機工業会)規格に基づいた数値です。
※12: 除湿(強)モード時。除湿能力は、室温27℃・相対湿度60%を維持し続けたときの、1日あたりの除湿量です。
※13: 衣類乾燥(速乾・ターボ)モード時。除湿能力は、室温27℃・相対湿度60%を維持し続けたときの、1日あたりの除湿量です。

■その他、ハイブリッド方式除湿機1機種と、デシカント方式除湿乾燥機2機種も発売します

【ハイブリッド方式除湿機】

  • 品番:F-YHE100 色:-W:ホワイト/-S:シルバー
  • 希望小売価格(税込):オープン価格 3月1日発売

【デシカント方式除湿乾燥機】

  • 品番:F-YZE100 色:-A:ブルー/-P:ロゼ
  • 希望小売価格(税込):オープン価格 3月1日発売
  • 品番:F-YZE60 色:-A:ブルー/-P:ピンク/-T:モカ
  • 希望小売価格(税込):オープン価格 3月1日発売

以上