プレスリリース

2009年1月8日

世界最少90kWh/年(*1)の省電力

高画質・高効率 37v型液晶ディスプレイを開発

LCDで世界最高(*2) 動画解像度1000本を実現


 パナソニック株式会社は、37v型フルハイビジョンクラスでは世界最少となる90kWh/年(*1)の超省電力で、LCDでは、世界最高(*2)の動画解像度1000本を実現する、高画質・高効率な37v型フルハイビジョンLCDを開発しました。

 本開発品は、以下の新技術により、高画質と、省エネをはじめとする環境性能の両立を実現しています。

(1)IPSαパネルの進化:

IPSαパネルは、光の透過率が高く省電力であることに加えて、広い視野角や高い動画解像度など多くの特長を有しています。
今回、光透過率が他方式比では1.8倍、IPSα現行比(*3)でも更に1割高めた新パネルを採用しています。

(2)新開発LEDバックライトを採用:

新開発の「高効率LEDバックライト」を採用すると共に、映像シーンの明るさだけでなく、当社独自の液晶駆動技術(液晶AI)により高精度に検出した映像情報に応じて、LEDバックライトの点灯を局所的に制御する、独自のLEDバックライト制御技術を開発。消費電力の大幅な低減と引き締まった黒再現を実現しました。

(3)新開発高速駆動技術の搭載

これまで倍速技術で培った、動き検知性能と映像補間技術の精度を更に向上すると共に、映像の動きに応じてバックライトを細かく制御する、独自の高速駆動技術を開発。これにより動画解像度を大幅に向上しました。

パナソニックは、(1)(2)(3)の三位一体によるシナジーの最大化を図る事で、電力効率を飛躍的に高める事に成功。37v型フルハイビジョンクラスでは世界最少となる、90kWh/年(*1)の超省電力を実現すると同時に、液晶テレビでは世界最高(*2)の動画解像度1000本を実現するなどPDPに迫る高画質を実現しました。本開発品を「NeoLCDeco(*4)」と称し、商品化に向けた取組みを強化してまいります。

当社は今後も、大画面のPDPから中・小型のLCDまで、垂直統合型ビジネスの強みを活かしながらデバイス特性に応じた技術開発を一層加速させ、多様化する世界中のお客様のニーズにお応えしてまいります。

*1: 2009年1月8日現在、37型フルハイビジョンタイプの液晶テレビとして。「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)で定められた液晶テレビの年間消費電力量の測定法に基づく(当社調べ)。
*2: 2009年1月8日現在、液晶テレビにおいて(当社調べ)。
当社現行機種(TH-37LZ85)比約半減に相当。
*3: 当社現行機種(TH-37LZ85)搭載パネル比
*4: 「NeoPDPeco」「NeoLCDeco」のecoは、e:(Environmentally Friendly)/c:(CO2 Minimizing Manufacturing)/o:(Outperforming Technology)を表し、「優れた技術力で、CO2削減をはじめとする環境性能と高画質・高性能を両立する、人や地球にやさしいモノづくり」を意図したもの。

高画質・高効率37v型LCD


【特許】

国内特許 15件(出願中含む)

【主な仕様】

サイズ 37v型
画素数 207万画素
(水平1,920×垂直1,080)
厚さ 27.3mm(最薄部)
動画解像度 1000本

以上