プレスリリース

2009年1月8日

世界最高画質(*1)と省エネの両立をPDP/LCDで実現

超・高効率 薄型ディスプレイパネルの開発について

2009 International CESに参考出展


 パナソニック株式会社は、プラズマディスプレイ(以下PDP)と液晶ディスプレイ(以下LCD)において、薄型テレビの更なる高画質と省エネをはじめとする環境性能の両立を可能にする、新たな薄型ディスプレイパネル技術を開発しました。

 PDPでは(1)従来の3分の1(*2)の消費電力を実現する「高効率(発光効率3倍)(*2)」42v型PDPと、(2)「超薄型8.8mm(*3)」で世界最高(*4)フル動画解像度(1080本)を可能にした50v型PDPを、LCDでは(3)世界最少(*5)の省エネルギー(90kWh/年)で、PDPに迫る動画解像度1000本を実現する「高効率(透過率1.8倍(他方式比))」37v型LCDを、それぞれ新開発しました。
いずれも、テレビの基本性能である高画質化の一層の向上を図ると共に、人や地球環境にやさしい「eco技術」の取り組みを強化することで、世界最高画質(*1)と、省エネ・薄型化など、環境性能の両立に成功しました。

 当社は、これからの電子機器の必須要件となる「高性能/省エネ/低コスト」を実現する本開発品を、2009年1月8日(現地時間)から米国ネバダ州ラスベガス市で開催される「2009 International CES(*6)」に参考出展します。

 一昨年、画期的な技術革新で次世代PDPの基幹技術となる「NeoPDP(*7)」を開発し、2008年CESに出展しました。今回開発した新技術は、この「NeoPDP」技術を更に進化させ、放電ガスをはじめとする新たな材料開発や新駆動技術の開発などにより、PDPの進化を一層加速させると共に、LCDにおいてもIPSαパネルの優位特性を徹底的に追及し、LEDバックライトの採用と併せ、独自の「液晶駆動技術」を駆使する事で「Neo」の開発コンセプトの具現化を果たす事ができました。

 これにより、PDPでは、従来比3分の1(*2)の低消費電力と、世界最高(*1)「フル動画解像度(1080本)」の圧倒的な高画質で8.8mmの超薄型フォルムを可能にしました。一方LCDでも、世界最高(*8)の動画解像度1000本を確保しPDPに迫る高画質を実現した上で、世界最少(*5)90kWh/年という驚異的な省エネパネルの開発に成功しました。

 当社は、薄型テレビの更なる進化成長を約束する意味からも、本開発品を、それぞれ「NeoPDPeco」「NeoLCDeco(*9)と称し、今後の商品化に向けた開発を加速させていきます。


【開発の背景】

 薄型テレビ市場は、世界的なデジタル放送サービスの拡充に伴い急激な成長を続け、2008年度の薄型テレビ総需要は、テレビ世界総需要の半数を超える勢いにあります。
 生活必需品に近い性質をもつ耐久消費財であるテレビにおいては、景況感の影響を受け難いコンスタントな買い替え需要が見込める上、放送のデジタル化の一層の進展によるブラウン管から薄型テレビへのシフトが加速するなど、今後も確実な成長が期待できます。また、民生用のみならず、医療/文教/公共用などのビジネス市場の拡大にも大きな期待が寄せられています。
 こうした中、薄型テレビの核となるディスプレイパネルには、より一層高度な表示能力が求められると共に、人々の環境意識の高まりに伴い、省エネ性をはじめとする環境性能との両立が強く求められてきています。加えて、テレビは人々の感性に訴えるという、情緒的な側面を有する機器である事から、常に、時代と調和する限りない進化を追及していく事が、テレビメーカーに課せられた使命でもあります。

 当社は1935年に業界に先駆けテレビの研究開発に着手し1952年に業界最大サイズの17型で白黒テレビ第一号を発売しました。爾来、常に時代をリードするテレビを提供する事で世界のお客様に夢と感動をお届けし、2008年10月に業界で初めてテレビ生産累計3億台を達成しました。

 パナソニックは、このたび開発した、NeoPDPeco/NeoLCDeco(*9)技術で、またひとつ、テレビの新たな時代を築いていきます。そして今後も、時代の変化と共にますます多様化する地域やお客様のニーズにお応えする最新の技術シーズを創出し続け、テレビのコアデバイスであるディスプレイの弛まぬ技術開発を重ねる事で、より楽しく快適な映像ライフを提供し、人々のより豊かなくらし、より豊かな社会の実現に貢献してまいります。

以上

【用語説明】

*1: 動画解像度において、2009年1月8日現在。動画解像度とは、動画像において、人の目で識別できる表示の細かさを定量的に本数で表すものです。(次世代PDP開発センター(APDC)測定方式)
*2: 当社07年度機種(TH-42PZ750SK)比
*3: 2009年1月8日現在、PDPにおいて世界最薄(ガラス表面からの最薄部の厚さ)。
*4: 2009年1月8日現在
*5: 37型フルハイビジョンタイプの液晶テレビとして、2009年1月8日現在。「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)で定められた液晶テレビの年間消費電力量の測定法に基づく(当社調べ)。
*6: 会期【1月8日(木)〜1月11日(日)】/会場【ラスベガスコンベンションセンター】
*7: 2008年1月8日に開発発表した (1)消費電力半減(*2)の省電力型PDP (2)フルフラットで厚さ24.7mmの超薄型PDP (3)150v型の超大型PDP
*8: 液晶テレビとして、2009年1月8日現在。
*9: 「NeoPDPeco」「NeoLCDeco」のecoは、e:(Environmentally Friendly)/c:(CO2 Minimizing Manufacturing)/o:(Outperforming Technology)を表し、「優れた技術力で、CO2削減をはじめとする環境性能と高画質・高性能を両立する、人や地球にやさしいモノづくり」を意図したもの。