プレスリリース

2008年2月21日

パナソニック コミュニケーションズ株式会社

「HD-PLC」検証ハウスでの「HD-PLC」採用機器の各種検証を開始



パナソニック コミュニケーションズ株式会社は、高速電力線通信の「HD-PLC」を採用した製品間での通信互換性の向上などを目指して、本社敷地内に「HD-PLC」検証ハウスを建設し、同ハウスでの「HD-PLC」採用機器の通信互換性などの各種検証をこのほど開始しました。

「HD-PLC」の普及拡大を目指すHD-PLCアライアンスは、「HD-PLC」を採用している国内外のメーカーのPLCアダプターなどの相互接続検証など各種検証を行ない、通信互換性の向上を目指した活動を行うとともに、「HD-PLC」の世界的普及を目指した活動を推進してきました。このような中、HD-PLCアライアンスのメンバー各社のほか、「HD-PLC」を採用している多くのメーカーからは、「HD-PLC」を採用した製品間での通信互換性の一層の向上へ向けて、ユーザーの使用環境により近い環境下での各種検証の必要性が求められていました。

これに対応して、当社は、HD-PLCアライアンスで「HD-PLC」の普及拡大を推進するメンバーの一員として、ユーザーの使用環境により近い環境で、「HD-PLC」を採用した製品の性能検証や相互接続検証等が行えるように、「HD-PLC」検証ハウスを建設し、同ハウスを活用した各種検証を開始しました。「HD-PLC」検証ハウスは、ユーザーの実使用環境を想定して、パソコンや、テレビ、録画機器などのAV機器、電話機やFAXなどの通信機器のほか、冷蔵庫、電子レンジ、掃除機、ドライヤーといった一般家電製品を備え、ユーザーの実際の住環境に近いものになっています。

同ハウスを活用することにより、これまで困難であった実際の住宅を使用しての、メーカーの異なる「HD-PLC」採用機器の相互接続性などの検証や、各種機器の通信性能評価を実際の使用環境を想定した同一環境下で行うことができるようになります。

当社は、HD-PLCアライアンスのメンバーのほか「HD-PLC」を採用するメーカー等とともに、同ハウスを活用して「HD-PLC」の互換性や性能の向上を図り、加えて「HD-PLC」の世界的普及を目指した活動を推進していきます。

<「HD-PLC」検証ハウスの概要>

名称 「HD-PLC」検証ハウス
所在地 福岡市博多区美野島4丁目1-62
パナソニック コミュニケーションズ(株)本社構内
建築物概要 軽量鉄骨造2階建 延床面積:141.2平方メートル(42.7坪)
ハウス内設備 住宅設備、家電機器、互換性検証機材、通信性能評価機材
検証実施内容 「HD-PLC」採用機器の互換性認証、相互接続性検証、ベンチマーク、想定使用検証

【お問い合わせ先】

<報道関係者様>
  パナソニック コミュニケーションズ(株)
    ホームネットワークカンパニー PLC標準化・アライアンス推進室
                                  井形、宮崎  電話 092-477-1671
                    広報グループ  村田、荒田  電話 092-477-1800