プレスリリース

2008年1月8日

最新のプラズマテレビとネットワーク対応機器で「Living in High Definition」を提案

2008 International CES パナソニックブース展示概要と見どころ



松下電器産業(株)は、2008年1月7日(月)〜10日(木)まで、米国ラスベガスで開催される「2008 International Consumer Electronics Show」に松下グループによるパナソニックブースを出展します。

成長を続ける高画質技術は、ネットワークの進展と相まって、かつて経験をした事がない美しくまた鮮明な映像を、家庭で楽しめる世界「Living in High Definition」が現実のものになろうとしています。このような世界では、テレビはAV機器と相互に連携を取るため、今までの「見るテレビ」から「使うテレビ」に進化します。そして、この「使うTV」が「Bring Back Family Time(家族の団欒を再び取り戻す)」を実現します。

パナソニックブースでは「コーポレートシアター」と「Entertain」、「Living in High Definition」、「Create」、「Share」、「Connect」および「Mobile」ゾーンで構成され、最新の高画質技術により生み出された、最新かつ最高レベルの機器を配し、「Living in High Definition」を訴求します。

主な展示内容は、以下の通りです。

コーポレートステージ:

大きさ、薄さ、発光効率が著しく進化した、最新のPDP技術を紹介します。さらにこれら技術とネットワークに対応したVIERAや、壁一面に広がるハイビジョンディスプレイ「Life Wall」により実現される「Living in High Definition」の世界をダイナミックに表現します。

展示ゾーン:

世界最大のフラットパネルディスプレイである150インチフルハイビジョンPDPテレビ、PDPではフルフラット形状で厚さが24.7mm(*1)の50v型フルハイビジョンPDP、従来に比べ2倍(*2)の発光効率をもつPDPを展示します。ネットワークに対応したVIERAによる、PCを介さない、動画共有サイトYouTubeやオンライン写真共有サービスPicasaウェブアルバムとの連係をご覧いただきます。また32GBのSDHCメモリーカードや4層に対応したBlu-ray DiscTMプレーヤのプロトタイプを出展します。
(*1:ガラス表面からの最厚部は23.7mm、*2:当社従来比)

その他の展示物など詳しくは、当社ホームページ

http://www.panasonic.co.jp/exhibition/ces2008

をご覧下さい。