プレスリリース

2008年1月8日

超薄型軽量PDP

フルフラット 厚さ24.7mm(*1)
50v型プラズマディスプレイパネルを開発



(データ容量:100KB)

 松下電器産業株式会社は、フルフラット形状で厚さが24.7mm(*1)の50v型フルハイビジョンプラズマディスプレイパネル(以下PDP)を開発しました。

 PDPは自発光型のため、バックライトなどの光源部品が不要であることから薄型化が容易なデバイスですが、このたび、新開発の駆動・回路技術により、駆動電圧や電力ロスを低減し回路の小型化に成功しました。さらに、パネル構造や回路レイアウトの大幅な見直しを図り、パネルの薄型化・軽量化を実現。これにより、50v型サイズにおいて、フルフラット形状で厚さが現行機種(TH-50PZ750SK)比約1/4となる24.7mm、重さが同比約1/2の22kgの超薄型軽量PDPが実現しました。

 このPDPを使えば、壁掛けはもちろんのこと、天吊りなど多様な設置方法が可能となり、テレビ視聴スタイルの自由度が増します。
 さらに、当社がこのたび開発した「WirelessHD規格に基づく無線伝送システム」(*2)と組合せると、機器間のケーブル接続が不要になり、様々な場所でレイアウトフリーなハイビジョン映像の視聴が可能になります。

 放送サービスのデジタル化や、デジタルAV周辺機器とのリンク機能拡大などに伴い、テレビは「見るテレビ」から「使うテレビ」へと進化が加速しています。
 今後、無線技術の発展や通信との融合により、視聴スタイルの多様化がますます進むと予測される中、PDPなら、動きの速い映像再現や斜めからの視聴環境下でも、コントラストや精細度を落とすことなく、色鮮やかで高精細な映像表現が可能であり、多様な視聴スタイルに柔軟に対応できます。

 当社は、今後もPDPならではの大画面・高画質で新しい映像体験を創造すべく、更なる技術開発に取り組んでまいります。

*1: ガラス表面からの最厚部は23.7mm
*2: 2008年1月6日(現地時間)米国・ラスベガスにて発表

フルフラット 厚さ24.7mm 50v型プラズマディスプレイパネル

【特許】

国内特許 40件、海外特許 13件(出願中を含む)

【主な仕様】

サイズ 50v型
画素数 207万画素(水平1,920×垂直1,080)
厚さ 24.7mm
(ガラス表面からの最厚部は23.7mm)
重量 22kg
コントラスト(周囲光無) 30,000:1

以上