プレスリリース

2008年1月8日

i-pro Sinapse-Net対応
画像認識機能の搭載で、不審者検知の精度を向上

ネットワークインターフェースユニット DG-NT314を発売

JPEG/MPEG-4デュアルエンコードに対応


DG-NT314(DG-NT314 データ容量:42KB)

品名 ネットワークインターフェースユニット
品番 DG-NT314
本体希望小売価格 787,500円(税抜750,000円)
発売日 2008年1月15日
生産台数 年間200台

松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリューションズ社(代表者 遠山敬史)は、フルIP対応のセキュリティシステム「i-pro(アイプロ)シリーズ」※1の新製品ラインナップとして、ネットワークインターフェースユニットDG-NT314を、2008年1月15日に発売します。

DG-NT314は、2007年2月に発売したDG-NT304の機能面を強化したネットワークインターフェースユニットです。DG-NT314では新たに、AVMD(拡張ビデオモーション検知:Advanced Video Motion Detection)を活用した画像認識機能を搭載し、物理センサーでは検知しにくい不審者検知の精度を向上(4ch中2chに搭載)。さらにDG-NT304の基本特長である、最大4台のアナログカメラ映像をデジタル変換してネットワークに配信する機能でも画質をさらに鮮明にしました。
なおi-proシリーズは、松下電器グループのIP統合ネットワークプラットフォーム「シナプスネット」※2に対応。複数地点を結ぶ遠隔監視から大型施設の統合監視まで、多様化するセキュリティシステムへのニーズに応えます。

【主な特長】

  1. 画像認識機能の搭載で、不審者検知などに活躍
  2. 最大4台のアナログカメラ映像をJPEG/MPEG-4方式でネットワーク配信
  3. 使いやすいシステム構築で、優れた運用性と高い信頼性を実現
  4. IP統合ネットワークプラットフォーム「シナプスネット」に対応

【お問合せ先】

松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリューションズ社
<報道関係者様> 営業企画グループ 広報宣伝担当 蒔田 電話045-540-5677
<お客様>       お客様ご相談センター               電話フリーダイヤル0120-878-410
                                                    (受付:9時〜18時<土・日・祝日除く>)
[i-proシリーズ ホームページURL] http://panasonic.biz/security/camera/ipro/
※1 i-proシリーズ:i-pro(アイプロ)シリーズは、「IP Network」と「Intelligence」と「professional」を融合するという意味のパナソニック システムソリューションズ社のIP映像セキュリティコンポーネントのシリーズ名です。
※2 Sinapse-Net:Sinapse-Net(シナプスネット:Symphonic IP Network Architecture for People's Safety & Ecology)は、ネットワーク上の各コンポーネントがつながり、多様に連携するための情報のやり取りを共通化させるプラットフォームです。概念的に神経細胞間の情報のやり取りの接合部(Synapse:結合)に似ていることにちなみ命名し、ユーザーニーズにマッチしながら進化・発展し続ける意味も込めています。

【特長の解説】

1.画像認識機能の搭載で、不審者検知などに活躍

AVMD(拡張ビデオモーション検知:Advanced Video Motion Detection)は、木の揺れなど様々なノイズに影響を受けません。また、対象が小さい場合や照明に変化がある場合でも、非常に高い精度で人や車を区別して検知できる高性能な画像センシングシステムです。DG-NT314はそのAVMDを、4ch中2chに画像認識機能として搭載。“人”以外の動くもの(木、枝の揺れや小動物の動きなど)も検知してしまう従来カメラの検知システムで課題になった、誤報や検知精度を飛躍的に高めました。

2.最大4台のアナログカメラ映像をJPEG/MPEG-4方式でネットワーク配信

最大4台のアナログカメラ映像をデジタル変換し、JPEG/MPEG-4方式でネットワークに配信します。MPEG-4とJPEGのデュアルエンコーディングが可能で、MPEG-4による動画性の高いモニタリング(VGA 640×480:最大7 fps)と、JPEGによる高精細録画(VGA 640×480:最大10fps)の同時運用を実現(4ch)。またJPEGのみ、MPEG-4のみの場合は、VGA(640×480)で最大30 fpsの滑らかな映像をネットワーク出力することができます(1ch)。

3.使いやすいシステム構築で、優れた運用性と高い信頼性を実現

接続された最大4台のカメラ映像は、LANあるいはインターネット上のクライアント側パソコンから同時にモニタリングすることができます。さらに、接続された屋外ハウジング一体型カメラやプリセットコンビネーションカメラの、パン/チルト/ズーム/フォーカスといった制御を、パソコンから遠隔操作でき、詳細なモニタリングを実現します。またSDメモリーカード用スロットを搭載。ネットワークに障害が発生した場合に、配信できなかったデータを自動的にバックアップとして保存します。
※集音時はアンプとマイク、拡声時はアンプとスピーカーが必要です。

4.IP統合ネットワークプラットフォーム「シナプスネット」に対応

i-proシリーズは、IP統合ネットワークプラットフォーム「シナプスネット」に対応しています。これは、松下電器グループが提供している映像監視、情報配信などのAV系システムや情報系システム、生体認証システム、および防災、照明、空調などの設備系システムを、ひとつのエリアあるいは施設で連携・統合する構想で、複数地点を結ぶ遠隔監視から大型施設の統合監視まで、用途に応じた一段と高度なセキュリティシステムを実現します。

■仕様

基本仕様
電源 DC12 V(ACアダプター同梱)
使用温度範囲 -10 ℃〜+50 ℃(常時通電状態で使用の場合、推奨温度範囲35 ℃以下)
使用湿度範囲 90 %以下
寸法 210 mm(幅)×44 mm(高さ)×307 mm(奥行)(ゴム足、突起部含まず)
質量 約2.0 kg
入出力
映像入力 1.0 V[P-P]/75 Ω×4 NTSCコンポジット(BNC)
映像出力 1.0 V[P-P]/75 Ω アクティブループスルー出力×4、NTSCコンポジット(BNC)
音声入力 -10 dBV 10 kΩ、不平衡×1(RCAピン)
音声出力 ラインレベル、不平衡×1(RCAピン)
パラレルポート 入力×4、出力×4、AUX出力×1、時刻合わせ入力×1
ネットワーク部
画像解像度 640(H)×480(V)/320(H)×240(V)から選択
画像圧縮方式 JPEG/MPEG-4
音声圧縮方式 G.726
対応プロトコル HTTP、RTP、TCP/IP、UDP/IP、FTP(サーバ、クライアント)、SMTP、DHCP、NTP、SNMP
カメラ同軸制御 パン/チルト/ズーム/フォーカス/プリセット/AF
(松下電器産業株式会社製ドーム型コンビネーションカメラ使用時)
ネットワーク 10BASE-T/100BASE-TX(RJ-45)
セキュリティ対策 パスワード対応
動作確認済み
SDメモリーカード(別売)
松下電器産業株式会社製
対応容量:64 MB、128 MB、256 MB、512 MB、1 GB、2 GB
※SDHCメモリーカードには対応していません。