プレスリリース

2007年12月27日

パナソニック コミュニケーションズ株式会社
薄型・軽量のノートパソコンへの搭載の設計自由度を向上

世界最薄(注1)、9.5mm厚Blu-ray Discドライブのサンプル出荷を開始

「2008 International CES」に出品


世界最薄、9.5mm厚 Blu-ray Discドライブのサンプル出荷を開始(データ容量:20KB)

パナソニック コミュニケーションズ株式会社は、世界最薄の9.5mm厚のパソコン内蔵型Blu-ray Discドライブのサンプル出荷を、このほどパソコンメーカーへ向けて開始しました。

当社は、光ディスクドライブのキーデバイスの内製化などにより、今までパソコン内蔵型のDVDスーパマルチドライブとして12.7mm厚や9.5mm厚、さらには7mm厚のものなど、薄型・軽量の光ディスクドライブを業界に先駆けて発売してきました。また、2006年5月には、業界で初めてパソコンメーカー向けに内蔵型12.7mm厚のBlu-ray Discドライブの出荷を開始するなど率先してBDディスクの利便性を追求してきました。
今回当社がサンプル出荷を開始したBlu-ray Discドライブは、薄型2レンズアクチュエータや薄型球面収差補正機構等のほか、光学処理技術などの当社独自技術の結集により、Blu-ray Discドライブとしては世界最薄の9.5mm厚を実現したものです。

当社はBlu-ray Discドライブとして世界最薄の本品を、今後ますます薄型化や軽量化が求められるノートパソコンに適した高付加価値製品として訴求するとともに、今後も一層の機能・性能の強化を進めていく予定です。

なお当社は、本品を2008年1月7日から米国ラスベガスで開催される世界最大規模のコンシューマエレクトロニクスショー「2008 International CES」に出品する予定です。

<主な特長>

  1. 世界最薄(注1)、9.5mm厚のBlu-ray Discドライブ
  2. BD-R / BD-REとも2倍速の記録・再生を実現
  3. BD/DVD/CDの多様なメディアに対応
注1. 世界最薄:パソコン向けBlu-ray Discドライブのサンプル出荷品として。 なお、外形寸法は、厚さ(高さ)が9.5mmで、幅が128mm、奥行が127mmです。

【お問い合わせ先】

<報道関係者様>
  パナソニック コミュニケーションズ(株)
                       デバイスカンパニー  井手、加納  TEL:0968-86-4834
                       広報グループ        村田、荒田  TEL:092-477-1800
ホームページURL:http://panasonic.co.jp/sn/psn/

【開発の背景】

パソコンで扱うデータ容量の増大化に加え、高精細なデジタル映像の普及に伴って今後一層の増加が予想されるBDディスクでの映像コンテンツ供給等により、Blu-ray Discドライブに対するニーズがますます高まっています。
当社は2006年5月に業界で初めて、パソコンメーカー向けに内蔵型の12.7mm厚のBlu-ray Discドライブの出荷を開始し、率先してBlu-ray Discドライブの利便性を追及してきました。このような中、さらに薄型化、軽量化が進むノートパソコンへの搭載要望が増してきています。
この要望に対応するため、当社はこれまで培ってきた薄型化に適した光学設計技術を基にしながら、当社独自の先進技術を新たに付加することにより、Blu-ray Discドライブとしては世界最薄の9.5mm厚を実現し、パソコンメーカー向けにサンプル出荷を開始しました。

【主な特長】

1.世界最薄(注1)、9.5mm厚のBlu-ray Discドライブ

本品は、Blu-ray Discドライブとして世界最薄9.5mmの厚さを実現したものです。
本品は、薄型化と駆動感度を両立したレンズアクチュエータや薄型球面収差補正機構および小型光学構成などの当社独自技術の結集により実現したものです。
従来はパソコン内蔵型Blu-ray Discドライブとしては12.7mm厚が最薄だったものから9.5mm厚へと大幅に薄型化した本品により、一層の薄型化・軽量化が求められているノートパソコンへの搭載の設計自由度を向上させることができます。

2.BD-R / BD-REとも2倍速の記録・再生を実現

本品は、厚さわずか9.5mmという薄型にもかかわらず、光の利用効率の向上や記録波形の高速化および受光素子の広帯域化により、BD-R/BD-REとも2倍速での記録/再生を実現しました。また、BD-R DL(2層・50GB)/BD-RE DL(2層・50GB)の記録/再生にも対応しています。
さらに、本品は今後発売が予定される有機色素系BDメディアにも対応の予定です。

3.BD/DVD/CDの多様なメディアに対応

本品は、BD系では4種類(BD-R、BD-RE、BD-R DL(2層)、BD-RE DL(2層))のメディアへの記録と、5種類(上記4種類にBD-ROMを追加) のメディアの再生に対応しています。
さらに、DVD/CD系では7種類(DVD-RAM、DVD-R、+R、DVD-RW、+RW、CD-R、CD-RW)のメディアへの記録と、9種類(上記7種類にDVD-ROM、CD-ROMを追加) のメディアの再生ができるスーパーマルチ仕様です。また、9.5mm厚のBlu-ray DiscドライブでもDVD-R/+Rへの記録は8倍速を実現しているので、DVDの使用においてもスムーズに活用できます。

【薄型の次世代DVDドライブ(注2)の需要動向】

注2. Blu-ray DiscドライブとHD DVDドライブ
  2008年度(予測) 2009年度(予測) 2010年度(予測)
薄型の次世代DVDドライブ 500万台 1,200万台 2,000万台
世界市場(当社予測)

【基本スペック(BD部のみ)】

メディア 記録速度 再生速度
・BD-RE Max. 2X (CLV) Max. 2X (CLV)
・BD-R Max. 2X (CLV) Max. 2X (CLV)
・BD-RE DL Max. 1X (CLV) Max. 2X (CLV)
・BD-R DL Max. 1X (CLV) Max. 2X (CLV)

以上