プレスリリース

2007年12月21日

パナソニック エレクトロニックデバイス株式会社

「パナソニック エレクトロニックデバイス ジャパン株式会社」設立について

−国内子会社の一体化による製造力強化の加速−


パナソニック エレクトロニックデバイス株式会社[社長:小林 俊明]は、その傘下の子会社8社を合併し、「パナソニック エレクトロニックデバイス ジャパン株式会社(Panasonic Electronic Devices Japan Co., Ltd.)」を2008年4月1日付けで設立します。

当社ではこれまで、松下電器グループの中でデバイス事業を担当する100%子会社として、「お客様価値創造企業」をめざし、グローバルに拠点を展開し事業活動を行ってまいりました。その中で日本国内では、複数の子会社を設け、それぞれに自主責任経営を遂行することで、競争力を高めてまいりました。
一方デバイス業界では、セット機器のデジタル化や情報・通信・AV業界の融合などにより、電子機器におけるデバイス機能の重要性は益々高まっており、今後、技術開発力、製造力のさらなる強化が必要不可欠となっております。

今回の新会社設立により、それぞれが保有する強み(ブラックボックス技術・ものづくり技能)をより積極的に子会社の枠を超えて活用していくことが可能となり、さらなる事業強化に繋げてまいります。
具体的には、

(1)事業資産の流動性向上を活かしたさらなる事業の集中と強化
(2)技術・技能力の高位平準化
(3)業務の合理化・効率化によるコスト力の強化

を図り、お客様により高い価値を提供できる戦略パートナーを目指してまいります。

【お問合せ先】

パナソニック エレクトロニックデバイス株式会社 広報担当  松嶋 雄二、笠松 恵子
  電話:06-6906-1652、FAX:06-6906-1639、URL:http://panasonic.co.jp/ped/

【新会社の概要(予定)】

会社名 パナソニック エレクトロニックデバイス ジャパン株式会社
設立予定日 2008年4月1日
本社所在地 大阪府門真市大字門真1006番地
資本金 2億円(パナソニック エレクトロニックデバイス株式会社100%出資)
社長 小林 俊明
事業内容 電子部品の製造・販売
従業員数 約3,500名
[合併する8社]
パナソニック エレクトロニックデバイス北海道(株)
パナソニック エレクトロニックデバイス富山(株)
パナソニック エレクトロニックデバイス福井(株)
パナソニック エレクトロニックデバイス若狭(株)
パナソニック エレクトロニックデバイス但馬(株)
パナソニック エレクトロニックデバイス津山(株)
パナソニック エレクトロニックデバイス松江(株)
パナソニック エレクトロニックデバイス山口(株)

【会社概要】

社名 パナソニック エレクトロニックデバイス株式会社
本社所在地 大阪府門真市大字門真1006番地
設立 1976年2月
資本金 230億円
事業内容 各種電子部品(コンデンサ、抵抗器、コイル、スピーカ、電源、機構部品、高周波部品、プリント配線板 他)の開発・製造・販売
事業規模 グローバル売上高 4,875億円(06年度実績)
株主 松下電器産業株式会社
代表取締役社長 小林 俊明
従業員数 グローバル 約34,000名

以上