プレスリリース

2007年11月29日

パナソニック コミュニケーションズ株式会社
KDDI株式会社

パナソニック コミュニケーションズとKDDIが
無線LAN対応au携帯電話活用のモバイルソリューションで協業



パナソニック コミュニケーションズ株式会社(本社:福岡市、代表取締役社長:藤吉 一義、以下、PCC)とKDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼会長:小野寺 正、以下、KDDI)は、KDDIの無線LAN対応au携帯電話「E02SA」を活用した内線ソリューション「OFFICE FREEDOM(オフィスフリーダム)」(注1)を、協業にて提供します。

近年、携帯電話の普及により、ビジネスシーンにおいて1台の端末を社内では内線電話として、社外では携帯電話として利用したいというユーザーからの要望が強くなっています。
このような要望に対応するために、PCCとKDDIは、無線LAN対応au携帯電話「E02SA」を活用した内線ソリューションに関して提携し、PCCのIP-PBX「IP-Digaport JII/XII」を中核としたモバイルソリューションを協業で提供することに合意しました。

KDDIの無線LAN対応au携帯電話である「E02SA」は、社内のIP-PBXの端末として収容することで、社内では無線LAN対応のIP内線電話として活用でき、社外ではauの携帯電話として利用できるものです。これにより、1台の端末で社内でも社外でもシームレスにつながる効率的なネットワークを構築することができます。さらに、無線LAN対応のIP内線電話の実現により、社内での便利な使い方に加え、社内のレイアウト変更時の移設や増設のためのコストの削減にも貢献します。

PCCのIP-PBX「IP-Digaport JII/XII」は、これまで、音声通話の使いやすさに、IP技術やモバイルソリューション、業務支援アプリケーション等を取り込むことで、企業内の業務効率の改善や通信コストの削減をサポートしてきました。

両社は、「IP-Digaport JII/XII」と「E02SA」の場所を問わないシームレスなコミュニケーション手段の提供を目指すことによって、ビジネスの機動性を一層高める環境を提案していく予定です。
なお、「OFFICE FREEDOM(オフィスフリーダム)」に対応した「IP-Digaport JII/XII」は2007年度中の提供を予定しています。

両社は、今後、IP-PBXと無線LAN対応のau携帯電話を活用したモバイルソリューションを協業して展開していくことで、ユーザーに一層のメリットをもたらすサービスの提供を進めていきます。

注1. 「OFFICE FREEDOM(オフィスフリーダム)」:KDDIの無線LAN対応au携帯電話「E02SA」を活用した内線ソリューションの総称です。PCCは本ソリューションの認定パートナーとして活動していきます。

【お問い合わせ先】

<報道関係者様>
パナソニック コミュニケーションズ株式会社
  オフィスネットワークカンパニー PBXマーケティングチーム
                                清水        電話:045-540-5650
  広報グループ                  村田、荒田  電話:092-477-1800
KDDI株式会社            広報部  渡辺        電話:03-6678-0690

<お客様>
パナソニック コミュニケーションズ株式会社
  オフィスネットワークカンパニー PBXマーケティングチーム
                                清水        電話:045-540-5650
KDDI株式会社
  モバイルソリューションサポートセンター
                          電話:0077-7041/0120-925-041(無料)
                                受付時間:9:00〜20:00(土・日・祝日も受付)

以上