プレスリリース

2007年11月8日

家電連携性に優れたケーブルモデム内蔵の新製品登場

CATVデジタルセットトップボックスTZ-DCH1520 / 1820を発売

全STBラインナップでHDMI端子、i.LINK端子を標準搭載


品名 CATVデジタルセットトップボックス
品番 TZ-DCH1520 / TZ-DCH1820
価格(税込み) オープン(価格)
発売時期 2008年1月

松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリュ-ションズ社(代表者 遠山敬史)は、2008年1月、ケーブルモデム内蔵CATVデジタルセットトップボックスTZ-DCH1520/TZ-DCH1820をケーブル事業者様向けに発売します。

新製品のTZ-DCH1520/TZ-DCH1820は、それぞれTZ-DCH1000/TZ-DCH1800の後継機種にあたり、2007年9月に発売した標準モデルTZ-DCH520、OFDMチューナー内蔵モデルTZ-DCH820をベースにDOCSIS2.0相当のケーブルモデムを内蔵し、双方向機能を追加しました。双方向機能は日本ケーブルラボの運用仕様SPEC011に準拠し、PPV(ペイ・パー・ビュー)サービスや双方向データ放送、視聴状態の確認やVOD(ビデオ・オン・デマンド)など、便利な各種双方向サービスの構築が可能です。

また、本製品はデザインの一新はもちろんのこと、市場のHD映像ニーズの高まりを受け、フルデジタル伝送が可能なHDMI端子や、外付けHDDレコーダーTZ-HDD250などの拡張録画機器へのHD画質録画を可能とするi.LINK端子を標準搭載しました。今後も松下電器ならではの家電連携機能の強化で、魅力あるコンテンツおよびサービスを展開されるケーブルテレビ事業者様の“既存加入者の定着”、“新規加入者の獲得”へ大きく貢献します。

松下電器では、これまでハードディスク(HDD)内蔵セットトップボックスTZ-DCH2000/2800/2810や外付けHDDレコーダーTZ-HDD250など市場ニーズにあわせた豊富なラインナップの提供を展開してきました。また全国規模での保守サポート体制構築をおこなうなど、ハード面・ソフト面含め業界のリーディングカンパニーとして積極的に商品・システム・サービスを推進しています。これからもケーブルテレビのサービス充実に対し、ケーブル事業者様、視聴者様の多様な要望にお応えしてまいります。

【主な特長】

CATVデジタル
セットトップボックス
TZ-DCH1520/ 1820
(写真はTZ-DCH1520)
1. DOCSIS2.0相当のケーブルモデム内蔵の標準モデル/OFDM対応モデル
2. 「新らくらくリモコン」採用で使いやすさを向上
3. フルデジタル伝送のHDMI端子搭載
4. STBリモコン一つでテレビ/ホームシアターの操作が可能
5. 拡張録画機器と接続してハイビジョン番組を録画/再生できる「i.LINK端子」搭載
6. TZ-DCH520 / 820に搭載の機能を踏襲
7. シンプルな新デザイン
8. 環境に配慮した「RoHS指令対応」/省エネ設計

【お問合せ先】

パナソニック システムソリューションズ社 ブロードメディア本部
<報道関係者様>
  広報宣伝担当  常山/持田
    電話045-540-5898(代表)
    E-MAIL cbmd@gg.jp.panasonic.com
<お客様>
  お客様ご相談センター
    電話フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時〜18時<土・日・祝日除く>)
【ホームページ】http://panasonic.biz/broad/product/catv/lineup/

【特長の説明】

1.DOCSIS2.0相当のケーブルモデム内蔵の標準モデル/OFDMチューナー内蔵モデル

TZ-DCH1520/TZ-DCH1820はTZ-DCH1000/TZ-DCH1800の後継機種となります。それぞれ、DOCSIS2.0相当のケーブルモデムを内蔵し、TZ-DCH1520は標準モデル、TZ-DCH1820はOFDMチューナー内蔵モデルとして、ケーブルテレビ事業者様のサービス状況に合わせてご利用いただけます。

2.「新・らくらくリモコン」採用で使いやすさを向上

TZ-DCH520 / 820でも使われている「新らくらくリモコン」を採用。ラウンドフォルムで持ちやすく、ユニバーサルデザインの視点で使いやすく家族みんなにわかりやすいリモコンです。
文字やボタンを大きく、「番組表」ボタンなど、よく使うボタンを見やすい配色にしました。
また、2007年9月に発売した外付けHDDレコーダー TZ-HDD250の操作ボタンを追加し、STBのリモコン1つでTZ-HDD250の簡単操作が可能です。

3.フルデジタル伝送のHDMI端子搭載

別売HDMIケーブルを使えば、フルデジタルでテレビと接続可能。外付けHDDレコーダー TZ-HDD250や当社製ハイビジョンBDレコーダー(DIGA)などに録り貯めたデジタルハイビジョン番組も、そのままの美しさで再生して楽しめます。

●HDMI、HDMIロゴ、及びHigh-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing LLCの商標または、登録商標です。

4.STBリモコン一つでテレビ/ホームシアターの操作が可能

[HDMI電源連動]
ビエラリンクに対応したパナソニック製薄型テレビ「ビエラ」とHDMIケーブル(別売)で接続すれば、STBの電源オン・オフに連動して、自動でビエラの電源オン・オフと入力切換を行います。STBのリモコン1つで、快適に操作いただけます。

[シアター連携]
ビエラリンク対応のパナソニック製薄型テレビ「ビエラ」に加え、ビエラリンク対応のホームシアターシステムとHDMIケーブル(別売)で接続すれば、ビエラ搭載のスピーカーまたはホームシアターシステム搭載のスピーカーの好きな方に音声出力先を切替え、音量を制御することがSTBのリモコン一つで可能です。また、ホームシアターシステムに音声出力を切替えた際、ホームシアターシステムの電源がOFFであれば、電源オンを行います。STBのリモコン1つで、快適に操作いただけます。

●ビエラリンク機能を搭載したパナソニック製薄型テレビ「ビエラ」と、HDMI規格準拠HDMIケーブルで接続した場合。なお、ビエラリンク機能の全ての操作ができるものではありません。(当社製HDMIケーブルを推奨いたします。詳しくは(http://panasonic.jp/cord/hdmi.html)で確認下さい。尚HDMI規格に準拠していないケーブルでは、HDMI電源連動が動作しない場合や、映像や音声が乱れたりすることがあります。最新情報はサポートサイト(http://panasonic.biz/broad/support/catv/)で確認ください。)
・2006年4月以降発売のパナソニック製 ビエラリンク対応テレビ「ビエラ」
パナソニック製テレビについては、「VIERAホームページ」(http://viera.jp)で確認ください。
・シアター連携可能機種:SC-HTR300、SU-XR700、SU-XR57

5.別売録画機器と接続してハイビジョン番組を録画/再生できる「i.LINK端子」搭載

外付けHDD レコーダー TZ-HDD250や、当社製ハイビジョンBDレコーダー(DIGA)などのi.LINK対応録画機器とi.LINKケーブルで接続※1すれば、デジタル放送のハイビジョン番組を録画/再生できます。

※1 i.LINK対応機器との接続について:本機では当社製ハイビジョンBDレコーダーやHDD内蔵DVDレコーダーなどに接続できます。
詳しくはサポートサイト(http://panasonic.biz/broad/support/catv/)で確認ください。

6.TZ-DCH520 / 820に搭載の機能を踏襲

[おすすめ番組をお知らせする「番組推薦機能」EPGの搭載]
視聴/予約録画の履歴とユーザの好みの入力(ジャンル・フリーワード)からユーザの好みを学習し、おすすめの番組を推薦する機能です。EPG上でのおすすめアイコン表示やおすすめ番組の一覧表示、別の番組視聴中における、おすすめ番組開始の自動お知らせなどを行います。

[連続ドラマを自動で毎週録画「探して毎回予約機能」の搭載]
「探して毎回予約」機能により、放送日や放送時間が一定でないシリーズ番組などを、番組表データの放送チャンネル、時間帯、番組名から次回の放送を自動的に検索して録画予約できます。

[シームレスEPG採用]
見やすい新聞のテレビ欄風の番組表だから、見たい番組をすぐに探せます。録画予約も、番組を選択するだけで簡単に設定できます。地上・BS・CATVデジタル放送の番組表を、放送ごとに切り替えることなくシームレスに確認できるので、多チャンネルの中からもお目当ての番組をラクラク見つけられます。

●番組表の内容は、ご契約のケーブルテレビ事業者様により異なります。

[「チャンネルスキップ機能」の搭載]
子供には見せたくないチャンネルなどを、視聴制限にかかわらずチャンネル単位でスキップの設定が可能です。

[「オフタイマー機能」の搭載]
オフタイマー設定により指定時間経過後にSTB電源がオフになります。15分、30分、60分、90分、120分の設定が可能です。

7.シンプルな新デザイン

2007年9月に発売したTZ-DCH520/820と同じく、シンプルで飽きのこないフォルムと光沢ブラックパネルによりデザインを一新しました。更に、ユニバーサルデザインの視点からも、操作ボタンの大きさ、配置、角度による操作性の向上と、蛍光表示管採用による視認性の向上を実現しました。また、外付けHDDレコーダー TZ-HDD250(2007年9月発売)とも統一されたデザインとなっており、接続時の一体感を実現します。

8.環境に配慮した「RoHS指令対応」/省エネ設計

環境負荷物質※2を不使用※3。EUの厳しい新環境基準である「RoHS指令」にも対応した、リサイクルしやすい設計で、低消費電力も実現しています。

●消費電力[TZ-DCH1520:16W(スタンバイ時:0.1W)、TZ-DCH1820:16W(スタンバイ時:0.1W)]

※2 鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリブロモビフェニル(PBB)、ポリブロモジフェニルエーテル(PBDE)。これらの物質は、RoHS指令に基づき、2006年7月からEUで電気・電子機器での使用が禁止されます。
※3 2005年10月末時点で、EUに適用除外申請されている部品については対象外としています。

[定格]

品名 CATVデジタルセットトップボックス
品番 TZ-DCH1520 TZ-DCH1820
使用電力 AC100 V 50 Hz/60 Hz
消費電力 電源オン 16 W、電源オフ 0.1 W(機能待機時 12 W)
方式 変調方式:64QAM(31.644 Mbps)
入力レベル49 dBμV〜81dBμV
(平均値)
変調方式:64QAM(31.644 Mbps)
入力レベル49 dBμV〜81dBμV(平均値)
OFDM(23.33 Mbps)
入力レベル47 dBμV〜81 dBμV(平均値)
受信周波数 90 MHz〜770 MHz
外形寸法 幅28 cm・高さ5.9 cm(脚含む)・奥行き29.1 cm(端子含む)
質量 1.6 kg
環境条件 使用周囲温度範囲 0 ℃〜40 ℃ 許容相対湿度 10 %〜80 %(結露のないこと)
接続端子
ケーブル端子:F型接栓、75 Ω
分配出力端子:F型接栓、75 Ω
D端子映像:D1/D2/D3/D4映像
出力端子 (Y)1.0 V[p-p]、75 Ω
(PB、PR)0.7 V[p-p]、75 Ω
出力1/出力2端子 (Y)1.0 V[p-p]、75 Ω
(C)0.286 V[p-p]、75 Ω
映像(1.0 V[p-p]、75 Ω)、音声(250 mV[rms] (標準)、2.2 kΩ以下)
光デジタル音声出力端子 :-18 dBm 660 nm
電話回線(モジュラー)端子:V.22bis(2 400 bps)、MNP4(着呼機能なし)
Irシステム端子:Irシステムケーブル用
i.LINK端子(2系統):IEEE1394準拠
HDMI映像・音声出力端子
ケーブルモデム
受信変調方式:64QAM/256QAM(Annex.B)、受信周波数帯域:90 MHz〜770 MHz、
入力レベル:49〜79 dBμV(平均値)
送信変調方式:QPSK/16/32/64/128QAM、送信周波数帯域:10 MHz〜55 MHz、
出力レベル:68〜118 dBμV