プレスリリース

2007年10月31日

水平一本読み出し2/3インチ220万画素IT-CCD搭載

機能・デザインを一新した、マルチフォーマットデジタルカメラ
AK-HC3500を発売

低重心で人間工学に基づいた設計とデザイン


MULTI FORMAT DIGITAL CAMERA SYSTEM
品名 マルチフォーマットデジタルカメラ
品番 AK-HC3500
発売時期 2007年12月

松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリューションズ社(代表者:遠山敬史)は、機能・デザインを一新したマルチフォーマットデジタルカメラAK-HC3500を発売します。

マルチフォーマットデジタルカメラAK-HC3500は、HD化時代のニーズに応える多彩な撮影機能と、スタジオ、中継など、撮影現場で使いやすいメカデザインを追求した次世代ハンディカメラです。

パナソニック独自の水平一本読み出し2/3インチ220万画素IT-CCDを搭載し、空間画素ずらし技術とあわせて、モアレの少ない高感度・高解像度で撮影。また最新世代の38ビットデジタル信号処理(DSP)と新開発14ビットA/D変換LSIの搭載で、S/N 60 dB、広ダイナミックレンジ機能(DSR)など、高画質・高機能を実現します。
さらに、低重心で人間工学に基づいた設計とデザインや、ケーブル接続なしでのビルドアップユニットへの簡単脱着など、徹底したメカデザインの追求をおこない、撮影現場における使いやすさを大幅に向上させました。

同カメラは『Inter BEE 2007』(11月20〜22日:幕張メッセ 展示ホール2・3・4・5・6・7・8)のパナソニックブース(展示ホール6)に展示します。

【主な特長】


マルチフォーマットデジタルカメラ
AK-HC3500
1. 水平一本読み出し2/3インチ220万画素IT-CCD搭載で高画質
2. 最新世代の38ビットデジタル信号処理(DSP)搭載と新開発14ビットA/D変換LSIの搭載
3. 人間工学に基づいた設計・デザインで使いやすさを追求

【お問合せ先】

パナソニック システムソリューションズ社 ブロードメディア本部
<報道関係者様>
  広報宣伝担当  常山/持田
    電話045-540-5898(代表) E-MAIL cbmd@gg.jp.panasonic.com
<お客様>
  お客様ご相談センター
    電話フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時〜18時<土・日・祝日除く>)

【特長の説明】マルチフォーマットデジタルカメラ AK-HC3500

1. 水平一本読み出し2/3インチ220万画素IT-CCD搭載で高画質

2/3型220万画素IT-CCDを搭載。水平一本読み出しCCD方式と画素ずらし処理により、高レスポンス・帯域内モアレを大幅に低減します。また、ブルーチャンネル3dB改善に加え、アイリスを半分に留め、ブルー感度を向上。信号ノイズによるざらつきを抑えた、鮮やかでつややかな青色を再現します。

2. 最新世代の38ビットデジタル信号処理(DSP)と新開発14ビットA/D変換LSIの搭載

最新世代の38ビットデジタル信号処理(DSP)と14ビットA/D変換LSIの採用で、ワイドレンジ機能(DRS機能)など実現。例えば日中のスポーツ中継など、コントラスト比の大きな映像の見えづらさも、リアルタイムガンマ可変機能で大幅に改善します。また、12軸を個別に彩度・色相調整ができる12軸色補正回路によるカラーコレクター機能や、フィルムライクな色再現を可能にするシネガンマカーブなど、HD化時代に求められる高い映像クオリティに応えるための多彩な機能を強化・搭載しました。

3. 人間工学に基づいた設計・デザインで使いやすさを追求

ボディを低重心に設計しただけでなく、ショルダーパットが前後に24mm移動することで、重量バランスの調整が可能。機動力が向上し、カメラの撮りまわしが一層円滑になります。また、ケーブルの抜き差しなしで簡単にビルドアップへ脱着できるワンタッチビルドアップ装着や、ビルドアップにマウントして箱型レンズを使用する際にカメラとレンズのどちらからでもマウントできる新レンズマウント機構を採用しています。さらに、暗い場所での作業が多くなる撮影現場において操作性をアップさせるため、背面パネルの操作面にバックライトを採用するなど、細やかな配慮を施しました。ハンディでの使用、ビルドアップでの使用の双方で、使いやすい現場仕様を追求しています。

[主な仕様]

基本仕様
撮像素子 2/3"IT-CCD 220万
方式 GBR3板式
総画素数 2010(H)×1120(V)
有効画素数 1920(H)×1080(V)
分光系 F1.4プリズム方式
内蔵フィルタ (ND)キャップ,100%,25%,6.3%,1.6%
(CC)Cross,3200K,4300K,6300K,Diffusion
レンズマウント バヨネット式
感度 F10(typ @59.94Hz)
映像S/N 60dB(typ)
スミア -130dB(typ)以下
フォーマット 1080/59.94i
1080/50i
水平変調度 50%以上(@27.5MHz)
消費電力 約25W
外形寸法 幅135×高さ260×奥行360mm
質量 約4.7kg
入出力信号
HD-SDI出力 HD信号:0.8 Vp-p 75Ω(BNC)
モニター出力 HD信号:0.8 Vp-p 75Ω(BNC)(メニューにて、カメラ、拡張用VF、RET SDI出力を切換)
テレプロンプター出力 VBS信号:1Vp-p 75Ω(BNC×2)
GENLOCK入力 3値SYNC/BB(BNC×1)
AUX出力 D/C(D1またはVBS)、テレプロンプタ出力、RET Y入力をメニューにて切換え
*D/C(D1またはVBS)は、D/Cオプション装着時
マイク入力 -20dBm/-30dBm/-40dBm/-50dBm/-60dBm (XLR3P-FM2系統)(メニューにて切換)
インカム 0dB/600Ω (XLR 4pin×2)