プレスリリース

2007年9月3日

3in1タイプ小型LED素子の採用で、至近距離でも自然な映像、高輝度・高精細を実現

大型映像表示装置「アストロビジョン/AZ-LE12Fシリーズ」発売開始

千葉市様新設官民複合ビル「Qiball(きぼーる)」へ国内1号機納入


品名 大型映像表示装置「アストロビジョン/AZ-LE12Fシリーズ」
発売開始日 2007年9月3日
年間販売目標 30システム

松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリューションズ社(代表者:遠山敬史)は、高輝度・高精細タイプの「アストロビジョン/AZ-LE12Fシリーズ」を2007年9月3日より販売を開始します。

本製品は、大型映像表示装置で、最も重要な「高輝度・高精細・広視野角」を実現するため、発光素子にはSMD型(表面実装型)3in1LEDを採用。また、小型のSMD型LEDを採用することで、混色性が高く自然で滑らかな表示を可能にしています。またより広い視認角を実現し(左右145°上下80°、従来は左右140°上下60°)、高輝度(5,000cd/m2、従来品3,500 cd/m2)を実現しており、屋外・太陽光下でも高いコントラストを確保できます。

本年8月末日、先行納入として、千葉市中央区に建設された官民複合ビル「Qiball(きぼーる)」(千葉市様の公共共用部分)へ本製品を納入しました。選定にあたっては、外光入射の環境下における、高いコントラスト映像をご評価いただきました。

松下電器は、本施設を皮切りに、今後も公共施設のほか、商業施設などの情報発信の「顔」として「アストロビジョン/AZ-LE12Fシリーズ」は貢献していきます。

<特長>

  1. 絵素(ピクセル)12.5mmピッチで、高精細を実現
  2. 至近距離でも自然で滑らかな表示を実現する3in1タイプの小型LED素子を採用
  3. 映像や文字が左右145°の範囲から、色ズレ(変色)なく視認可能な広視認角を実現
  4. 映像の低階調部分の表現力を最大128倍向上し、黒つぶれの無いリアルな表現が可能

【お問合せ先】

パナソニック システムソリューションズ社 ブロードメディア本部
<報道関係者様>
  広報宣伝担当  常山/持田
    電話045-540-5898(代表)E-MAIL cbmd@gg.jp.panasonic.com
<お客様>
  お客様ご相談センター
    電話 フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時〜18時<土・日・祝日除く>)

【仕様】

発光素子 フルカラーSMD型3in1LED
絵素ピッチ 12.5mm
画面輝度 5,000cd/m2
制御階調 17Bit
視認角度 左右145° 上下80°(上30°、下50°)
最小視認距離 5m

【第1号機納入先】

納入施設名称:「Qiball(きぼーる)」 (千葉中央第六地区第一種市街地再開発事業)
納入先:千葉市様
納入年月:2007年8月末日
画面サイズ(m2):縦3.00m×横4.00m(12.0m2

<写真1>施設概観 <写真2>施設内アストロビジョン