プレスリリース

2007年8月9日

スピーカーに「竹繊維振動板」を採用し、クリアな音の再生を実現 <HTR500>

すっきり設置・簡単操作の3.1chラックシアター
2機種(SC-HTR500-K・SC-HTR100-K)を追加発売

「VIERA Link」(ビエラリンク)対応でシアターも快適操作


(約84KB)

品名 3.1chラックシアター 3.1chラックシアター
品番 SC-HTR500-K
(推奨ビエラサイズ65〜58V型)
SC-HTR100-K
(推奨ビエラサイズ 37〜32V型) ※1
希望小売価格(税込) オープン価格 オープン価格
発売日 9月1日 9月1日
月産台数 1,500台 4,000台

パナソニックマーケティング本部は、発売以来、好評を頂いております「ラックシアター」(SC-HTR300・SC-HTR200)のラインナップを拡充するべく、今回新たに2機種を、9月1日より発売します。
ブルーレイディスクやDVD、デジタル放送の音楽・映画・スポーツ番組などを、大画面テレビと、迫力のサラウンドを楽しむホームシアター市場が拡大しています。
今回発売のSC-HTR500-Kは、BD-Videoに収録されている5.1chや7.1chリニアPCMの音声入力に対応しております。さらに別売のワイヤレスリアスピーカーキット(SH-FX60)と、リアスピーカーを接続することで、更に臨場感あふれる大迫力サラウンドをお楽しみ頂けます。また、SC-HTR100-Kは、より省スペースでの設置が可能となっております。
もちろん両機種とも、現行のラックシアターで好評の「振動キラー」サブウーハーと前面ガラス扉も採用し、ラック内のホコリも溜まりにくい構造となっています。また独立したセンター部を含む3.1chのドルビーバーチャルスピーカーと、当社独自の「リアルセンター機能」で、セリフやボーカルなどが画面から聞こえてくるような、音と映像のより一体感のある再生を実現しています。加えて、ビエラのリモコンひとつで簡単に操作ができる「VIERA Link(ビエラリンク)」に対応しています。さらにSC-HTR500-Kの天板には天然木の突板を採用し、表面部分は高級感あふれる光沢塗装で仕上げました。

当社は今回の2モデルを追加した、合計4モデルの「ラックシアター」シリーズのラインナップ(※2)により、65V〜32V型までの「VIERA(ビエラ)」に対応致します。この充実のラインナップで、高画質映像と一体となった大迫力のサラウンド空間を実現する、新たなホームシアタースタイルを、引き続き強力に提案してまいります。

<主な特長>

  1. スピーカーに「竹繊維振動板」を採用し、クリアな音の再生を実現 【HTR500のみ】
  2. サラウンドスピーカーを、ワイヤレスで増設が可能 【HTR500のみ】
  3. 快適操作のVIERA Link(ビエラリンク)&すっきり設置・簡単接続

※1 37V型はアンダースピーカータイプを推奨
※2 SC-HTR500-K,HTR300-K,HTR200-K,HTR100-K の計4モデル

【お問い合わせ先】

お客様:お客様ご相談センター
                   フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時)
        携帯電話・PHSでのご利用は 06-6907-1187(受付9時から20時)
ホームページURL  http://panasonic.jp/theater/

<特長>

1.フロントとセンターのスピーカーに「竹繊維振動板」を採用【HTR500のみ】

・強靭でしなやかな「竹繊維振動板」を採用し、クリアな音の再生を実現。

フロントとセンターのスピーカーユニットの振動板に、強靭でしなやかな竹繊維を採用。竹繊維表面をミクロフィブリル化(羽毛化)することにより、振動板に利用することが可能になりました。この素材の採用により、信号に対し忠実に振動することができ、音の立ち上がりにも優れ、高域も伸びるクリアな音の再生を実現しました。

・センタースピーカーに多孔性カーボン素材を採用し、より自然な音を再生

センタースピーカー部のボックス内部に微細孔構造を持つ多孔性カーボン素材を採用。ボックス内の不要な定在波を低減し、より自然な音を再生します。

・ドルビーバーチャルスピーカー搭載3.1chサラウンドシステム

本体に搭載された3.1chスピーカー(フロント左・右,センター,サブウーハー)だけで後方にリアスピーカーを設置した時のような臨場感のあるサラウンド音場を再現します。
「REFERENCE」リファレンスモード:
 音質と正確なスピーカー定位に主眼を置き、実際の5.1ch音響システムをシミュレートします。
「WIDE」ワイドモード:
 より広いイメージと包囲感のある音場効果を作り出すために、フロント左右スピーカーからの音がさらに外側に定位するようバーチャル化します。

・「リアルセンター機能」搭載で音と映像の一体感をアップ

2way3スピーカー構成の独立したセンタースピーカーの搭載に加え、当社独自の「リアルセンター機能」により、セリフやボーカルがクリアで聞きやすくなるとともに、画面の中から聞こえてくるような音と映像のより一体感のある再生を実現しています。

・不要な振動を抑えながら、迫力ある重低音を再生する「振動キラー」サブウーハー
(デュアルドライブ方式)

2つの13cmウーハーユニットを本体の左右に対向配置し、当社独自のデュアルドライブ方式を採用することで不要な低音振動を約65%カットでき、床や壁への振動伝播・本体への不要共振を大幅に抑え、ユニット間に距離を設けたことで部屋の定在波も低減します。
さらにSC-HTR500-Kは、ウーハー内容積を約30リットル(当社比2.7倍)の大容積にすることでさらに迫力ある重低音が楽しめます。

・BD-Videoの5.1chや7.1chリニアPCM音声入力に対応

ブルーレイソフトに採用されている7.1ch」リニアPCM音声の入力が可能。さらに、別売りのサラウンドスピーカーを設置することで、より臨場感の高いサラウンドが再生できます。

2.サラウンドスピーカーを、ワイヤレスで増設が可能 【HTR500のみ】

・ワイヤレスリアスピーカーキットに対応し、5.1chへのシステムアップが可能

ワイヤレスリアスピーカーキット(SH-FX60)に対応することにより、サラウンドスピーカーの増設が可能となり、より臨場感のあるサラウンドを総合出力400Wの大迫力で楽しむことができます。
(推奨サラウンドスピーカーシステム:「9月1日発売 SB-HS500A-K」)

3.快適操作のVIERA Link(ビエラリンク)&すっきり設置・簡単接続

・VIERA (ビエラ)のリモコンひとつでラックシアターの操作も簡単便利

ビエラのリモコンでラックシアターのサウンドモード(スタンダード・スタジアム・ミュージック・シネマ・ニュース)の切り替え、音量調整、電源ON・OFFなどの操作が簡単に行えます。

・周辺機器もスッキリ収納できるラックスペース

DIGA(ディーガ)などの周辺機器を、SC-HTR500-Kは4台まで、SC-HTR100-Kは2台まで収納できるラックスペースを確保、さらに棚板を3段階の高さで調整でき、家庭用ゲーム機器など周辺機器の効率的な収納が可能です。

・接続はケーブル3本で簡単、スッキリ接続

VIERA(ビエラ)・DIGA(ディーガ)とのVIERA Link接続はHDMIケーブル 2本 光デジタルケーブル 1本で簡単に接続(スピーカーコードは接続済み)でき、設置後すぐに使え、配線ケーブルも目立ちません。

・壁寄せピッタリ・配線スッキリ

天板を壁にピッタリ寄せて設置しても、配線用のくぼみを設けてあり、またアンプの放熱スペースやサブウーハーの音道も確保できる本体設計なので、省スペースで壁にピッタリくっつけて設置することができます。
さらにSC-HTR100-Kは、本体の後部を斜めにカットした設計なのでお部屋のコーナーにもピッタリ設置が可能です。

・お掃除ラクラク、前面ガラス扉付き

前面ガラス扉を採用しているので、ラック内や収納している機器へホコリが溜まりにくく、お掃除も簡単にできます。

4.その他

・天板に高級感あふれる天然木突板を採用【HTR500のみ】

天板素材に天然木突板を採用し、表面部分は8工程に及ぶ光沢塗装で、高級感あふれるデザインに仕上げました。

・1080pの映像信号、音声信号をデジタル伝送できるHDMI端子搭載

HDMIケーブル※2 1本で、ハイビジョン映像信号(1080i)を2倍高精細にプログレッシブ変換したDIGA(ディーガ)からの1080p映像信号と音声信号を、劣化することなくデジタルのまま伝送が可能です。
ドルビーデジタル/DTS/AACの各種デコーダーを搭載。さらにドルビープロロジック、ドルビーバーチャルスピーカーで2チャンネル音声もバーチャルサラウンドの再生が可能です。

・好みの臨場感や広がり感が楽しめる11種類のSFC(Sound Field Control)を搭載

「音楽」
 LIVE(ライブ) POP/ROCK(ポップ/ロック) VOCAL(ボーカル) JAZZ(ジャズ)
 DANCE(ダンス)
「映画」
 DRAMA(ドラマ) ACTION(アクション) SPORTS(スポーツ) MUSICAL(ミュージカル)
 GAME(ゲーム) MONO(モノラル)

【SC-HTR500-Kの主な仕様】

総合 -K (ブラック)
電源 AC 100 V 50/60 Hz
消費電力 110W(電源スタンバイ時の消費電力:約0.6W)
(省待機電力モード時の消費電力:約0.2W)
寸法 幅1620 mm×高さ 406 mm×奥行 458mm 
質量 約65.0kg
耐荷重量 天板 約120.0kg,棚板 約12.0kg,底板 約20.0kg
アンプ部 実用最大出力
(サラウンドモード、
各ch動作時)
フロント(L/R) 50W+50W (1kHz,4Ω,JEITA)
センター 50W (1kHz,4Ω,JEITA)
サブウーハー 120W (100Hz,6Ω,JEITA)
入力感度 BD/DVD,テレビ,外部入力1,外部入力2
450mV/47kΩ
接続端子
光デジタル入力 2系統, 同軸デジタル入力 1系統
HDMI入力 1系統, HDMI出力 1系統
  スピーカー
フロント部 センター部 サブウーハー部
使用スピーカー 8cmコーンタイプ×1,
6cmコーンタイプ×1
<2way 2スピーカー>
8cmコーンタイプ×2,
6cmコーンタイプ×1
<2way 3スピーカー>
13cmコーンタイプ×2

【SC-HTR100-Kの主な仕様】

総合 -K (ブラック)
電源 AC 100 V 50/60 Hz
消費電力 110W(電源スタンバイ時の消費電力:約0.6W)
(省待機電力モード時の消費電力:約0.2W)
寸法 幅920 mm×高さ 400 mm×奥行 458mm 
質量 約37.5kg
耐荷重量 天板 約80.0kg,棚板 約12.0kg,底板 約20.0kg
アンプ部 実用最大出力
(サラウンドモード、
各ch動作時)
フロント(L/R) 40W+40W (1kHz,4Ω,JEITA)
センター 40W (1kHz,4Ω,JEITA)
サブウーハー 100W (100Hz,6Ω,JEITA)
入力感度 BD/DVD,テレビ,外部入力1,外部入力2
450mV/47kΩ
接続端子
光デジタル入力 2系統, 同軸デジタル入力 1系統
HDMI入力 1系統, HDMI出力 1系統
  スピーカー
フロント・センター部 サブウーハー部
使用スピーカー 6.5cmハイブリット2wayコーンタイプ×3 13cmコーンタイプ×2

以上