プレスリリース

2007年7月13日

【お知らせ】2017年4月12日 パナソニック株式会社は「くるみん」の認定を辞退しました。

「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称「くるみん」)を取得



松下電器産業株式会社は、2007年6月に、「次世代育成支援対策推進法※」認定マーク(愛称「くるみん」)を取得しました。

同マークは、2005年4月施行の「次世代育成支援対策推進法」に基づいて、企業が子育て支援のための行動計画を策定・実施し、その実績が認められた場合に取得できるものです。

今回、当社は、2005年4月1日〜2007年3月31日を計画期間として策定した、下記の目標を達成したことが認められました。

<行動計画の概要>

【期間】
2005年4月1日〜2007年3月31日
【目標】 1. 育児休業の取得率向上
2. 育児休業者の職場復帰支援の充実、徹底
3. 妊娠、育児中の部下を持つ上司に対する教育・啓発
4. 妊娠・出産・育児に関する情報提供
5. 働き方の見直しに向けた環境整備
6. 子どものための文化・芸術活動、青少年の健全な育成を目指す活動への支援
 

当社は、性別・年齢・国籍にかかわらず多様な人材が活躍できる風土の実現を目指し、「ワーク&ライフサポートプログラム」(社員が仕事と家庭を両立するための支援施策)を2000年より導入しています。(http://panasonic.co.jp/jobs/career/woman/system/index.html

2005年にはこれらの取り組みが評価され、ファミリー・フレンドリー企業表彰「厚生労働大臣優良賞」を受賞しています。また、2007年4月以降も次世代育成支援のための行動計画を策定し、従業員が働きながら子どもを生み育てやすい職場環境づくりを積極的に推進していきます。

※「次世代育成支援対策推進法」

次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ育つ環境をつくるために、2005年4月1日から、301人以上の労働者を雇用する事業主は、次世代育成支援対策のための「一般事業主行動計画」を策定し、その旨を都道府県労働局に届け出ることが義務付けられています。

【お問い合わせ先】

松下電器産業(株) コーポレートコミュニケーション本部  広報グループ
  東京 03-3436-2621  大阪 06-6908-0447