プレスリリース

2007年6月28日

膨大なデータを一元管理するD-MAS II*1を活用

テキスト・画像・音声データを位置情報と統合管理、マルチに配信する
POI*2情報ダウンロードサービスを開始

カーナビゲーション「おでかけストラーダ」*3サービスから


 松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリューションズ社(代表者:遠山敬史)は、デジタルメディアアーカイブシステム(D-MAS II*1)を活用し、カーナビゲーションシステムに最新のスポット情報やおすすめドライブコースを取り込むことのできるPOI情報*2ダウンロードサービスを「おでかけストラーダ」*3として提供、同サービスは2007年6月28日より運用開始されます。
 当社は、同サービスを構築するPOI情報管理*4プラットフォームを活用した「POI情報管理システム」の受注を6月28日より開始します。

 カーナビゲーションシステムでは、通常、年数回の地図データ更新時にPOI情報が更新されますが、利用者からは最新のスポット情報などがリアルタイムに反映されたPOI情報を取得したいという要望が強くあり、これを解決する方法として、POI情報をカーナビゲーションシステムへダウンロードするサービスが注目されています。

 また、これまで提供されている位置情報、文字情報に加えて、アイコンデータ、画像データ、音声データ、映像データなどPOI情報のマルチメディア化も今後加速されます。このたび、当社は新聞社様等に多数納入実績のあるD-MAS IIを活用し、最新のデジタル地図とユーザーの利用用途に応じたPOI情報をデータベース化し、様々なデジタル機器に配信できるシステムを開発しました。

 第一号の納入システムとして、松下電器 パナソニック オートモーティブシステムズ社のカーナビゲーション Strada Fクラス向けPOI情報ダウンロードサービス「おでかけストラーダ」が、6月28日より運用スタートされます。これにより、利用者は最新のスポット情報やおすすめドライブコースをパソコンやデジタルTV、携帯電話などを通じて、Stradaに取り込めることになります。

【お問い合わせ先】

松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリューションズ社
  モビリティシステム本部 シナプス&ソリューション事業グループ
    松尾、赤羽 TEL:045-540-5015
*1 D-MAS II : デジタルメディアアーカイブシステム II
膨大なデジタルデータをデータベース化し、一元管理することで、共有化と有効活用を実現する松下電器のマルチメディアデータベースシステムの名称です。 2000年に販売を開始し、主に新聞社を中心に約70件納入しています。
*2 POI:Point Of Interest
施設情報、スポット情報など位置情報と連動したデジタルコンテンツデータのことです。
*3 おでかけストラーダ:Stradaユーザー向けコミュニティサイト「Club Strada」内のサイトのことです。最新のスポット情報をStradaにダウンロードすることができるサービスです。
詳しくは松下電器 パナソニック オートモーティブシステムズ社 ニュースリリースを参照ください。
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn070515-3/jn070515-3.html
*4 POI情報管理プラットフォーム:位置情報とデジタルコンテンツデータの統合管理およびデジタル地図への重畳表示を可能にするサービスプラットフォームです。

【POI情報管理システムの外販について】

品名 受注開始 価格
POI情報管理システム 6月28日 システム構築費
個別見積

 POI情報ダウンロードサービス「おでかけストラーダ」は、D-MAS IIの技術を取り入れたPOI情報管理プラットフォーム*4を活用したサービスです。
 POI情報管理プラットフォームは、お客様が保有する施設情報や、コンテンツなどを管理するデータ管理機能や、全文検索機能、ユーザー管理機能、アクセス管理機能、デジタル地図表示機能、ダウンロード機能などで構成される汎用プラットフォームです。まずは、6月28日より、本プラットフォームを核とした、業務用ソリューション「POI情報管理システム」の受注を開始します。

 当社は、電力・ガス業界、道路関連事業者向けに業務用ナビゲーションと連動した、施設情報管理、施設点検ソリューションや、カーメーカー、カーナビメーカー向けコンテンツ配信サービスなどへ、本ソリューションを順次展開していくことで、導入事業者様の顧客サービス向上へ幅広く貢献していきます。将来は、POI情報管理ASP*5サービスへ展開する予定です。

*5 ASP:アプリケーションサービスプロバイダのことです。

【POI情報管理システム例】

【POI情報管理プラットフォームの主な特長】

1.高速全文検索でコンテンツをすばやく検索

松下電器の高速全文検索エンジンPanaSearch/KB*6を採用。きわめて高速な検索スピードを保ちながら、高度な近傍検索・自然文検索を実現しています。さらには、検索サービスを停止せず、更新処理が行えるノンストップ検索を実現しています。

2.文書、画像、映像、音声などあらゆるマルチメディアデータを一元管理

文書、画像、映像、音声などあらゆるファイルフォーマットのデータをデジタル保存。マルチメディアデータの一元管理により、管理の効率化と省スペースを実現します。

3.多彩なデータフォーマットとテンプレートによりユーザーニーズに応じたデータベース構築が可能

CSV、XML、NewsML(XMLをベースにしたニュース配信フォーマット)などの複数のマルチメディアデータフォーマットに対応しております。また、文書管理用テンプレート、画像管理用テンプレートなど標準的なテンプレートを予め登録しており、ユーザーの多様なニーズに応じたデータベースシステムを短期間に開発可能です。

4.デジタル地図へのコンテンツ重畳表示が可能

(株)昭文社ちず丸ASP検索Webサービス*7を活用し、駅、住所、公共施設等の目標物を検索し、デジタル地図へ表示します。該当する地点の周辺POI情報を検索する周辺施設検索機能や、選択した複数のPOI情報を一画面に表示する全ルート表示機能を実現し、操作性の良い画面インターフェースを実現しています。また、年間複数回の定期更新により常に最新のデジタル地図が提供されます。

*6 PanaSearch/KB:松下電器の提供する知的全文検索エンジンのことです。業界最高レベルの超高速検索(平均50億文字以上/秒)などの特長を持ちます。
*7 ちず丸ASP検索Webサービス:(株)昭文社が提供する地図情報及びPOI情報(住所、駅、目標物、天気予報など)配信サービスのことです。