プレスリリース

2007年6月6日

HDD録画のニーズに対応する新ラインナップ

CATVデジタルセットトップボックス専用外付けHDDレコーダー TZ-HDD250を発売

i.LINK端子搭載のSTBに接続してハイビジョン録画機能を実現


品名 CATVデジタルセットトップボックス専用外付けHDDレコーダー
品番 TZ-HDD250
価格(税込み) オープン(価格)
発売時期 2007年9月

松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリュ−ションズ社(代表者 遠山敬史)は、2007年9月、松下電器製CATVデジタルセットトップボックス専用 外付けHDDレコーダー TZ-HDD250を発売します。

地上デジタル放送の全国展開にともない、コンテンツのHD化が浸透しており、HD録画のニーズも急速に拡大しております。家庭のテレビ録画メディアとしてハードディスク(HDD)が主流になり、導入を検討する家庭は年々増加しています。そこで松下電器では2006年にHDD内蔵デジタルセットトップボックスTZ-DCH2000を市場に投入し、差別化・高付加価値化を推進してきました。TZ-DCH2000は、昨年度販売目標を大きく上回る出荷ペースで、2007年4月には出荷台数10万台突破し、50局様以上でのご採用を達成しています。更に、2007年6月にはOFDM対応HDD内蔵CATVデジタルセットトップボックス TZ-DCH 2800/2810を発売し、同様に好評を博しています。

この度、更なるケーブル局様のサービスアップのため、i.LINK接続で250GBの大容量録画が可能な松下電器製CATVデジタルセットトップボックス専用 外付けHDDレコーダー TZ-HDD250を発売します。新発売のTZ-DCH520、TZ-DCH820に接続することで、新たにハイビジョン録画機能の提供を実現し、HDD内蔵STB TZ-DCH2000、TZ-DCH2800/2810に接続することで、内蔵HDDと併せて容量の増設が可能となります。(当社製STBラインナップのうち、i.LINK端子搭載のSTBであるTZ-DCH500とも接続可能ですが一部制限事項があります。※1)

松下電器では、このSTB専用外付けHDDレコーダー TZ-HDD250でケーブルテレビ事業者様における新規加入者の獲得や増加、そして既にご加入の視聴者には、新しい機能でより高い付加価値を提供します。


CATVデジタルセット
トップボックス(STB)専用
外付けHDDレコーダー
TZ-HDD250
1. i.LINKによる簡単接続でHD録画に対応
2. 250GBのハードディスクでデジタル放送をそのまま記録再生
3. STBリモコンひとつで簡単操作が可能
4. STBとの一体感のあるデザイン

【お問合せ先】

パナソニック システムソリューションズ社 ブロードメディア本部
<報道関係者様>
  広報宣伝担当  常山/持田
    電話 045-540-5898(代表) E-MAIL cbmd@gg.jp.panasonic.com
<お客様>
  お客様ご相談センター
    電話フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時〜18時<土・日・祝日除く>)

【特長の説明】

1. i.LINKケーブルによる簡単接続でHD録画に対応

HDD内蔵STB TZ-DCH2000/2800/2810をご使用の加入者様のHDD大容量化要求や、HDD非内蔵STBに対するHD録画の要望を、i.LINKケーブルによる簡単接続で容易に実現します。また、TZ-DCH2000/2800/2810の内蔵HDDへ録画した「1回だけ録画可能」な番組をTZ-HDD250へムーブすることも可能です。
STBでTZ-HDD250に録画またはムーブした番組は、他のSTBにTZ-HDD250をつなぎ変えても再生することが可能であり、複数のSTB間で可搬メディアとして利用することも出来ます。

2. 250GBのハードディスクでデジタル放送をそのまま記録再生

250GBの大容量で、BSデジタル・地上デジタルのHD画質約23時間、標準画質で約69時間の録画が可能です。また、1台のSTBに2台まで増設可能であり、より長時間の録画が可能となります。
TZ-DCH2000/2800/2810における内蔵HDD操作と同様に、EPGからの録画予約や再生ナビからの再生を行うことができ、2007年9月発売予定のTZ-DCH520/820においても、内蔵HDD感覚で簡単録画再生が可能で、追っかけ再生など便利な機能も搭載しています。
(TZ-DCH500は機能に制限事項があります。※1)

3. STBリモコンひとつで簡単操作が可能

TZ-DCH2000/2800/2810/520/820で採用の「新・らくらくリモコン」にHDD用ボタンを設け、STBリモコンひとつで録画/再生を簡単操作。
巻き戻しや早送り、30秒スキップなどのトリックプレイにも対応しています。
(TZ-DCH500は「新・らくらくリモコン」ではないため操作方法に制限事項があります。※1)

4. STBとの一体感のあるデザイン

新発売のSTB TZ-DCH520/820と統一されたデザインで、既存のSTBとも調和の取れるデザインを採用しています。HDD非内蔵STB TZ-DCH500/520/820 と並べて設置すれば、HDD内蔵STB TZ-DCH2000/2800/2810 と同じサイズで設置出来ます。

※1 TZ-DCH500接続時の制限事項
D-VHSモードのみの接続となります(ディスクモードでは接続できません)ので、追っかけ再生などディスクモード特有の機能は使用できません。
再生、ストップ、30秒スキップなどのボタンがリモコンにありませんので、GUIからの操作になります。