プレスリリース

2007年6月6日

“Panasonicで「快適ケーブルテレビLife」”をテーマに、
『ケーブルテレビショー2007』へ出展

デジタル家電とSTBで快適なケーブルテレビ環境をご提案


松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリューションズ社(代表者:遠山敬史)は、“Panasonicで「快適ケーブルテレビLife」”をテーマに、『ケーブルテレビショー2007』(6月14〜16日:東京ビッグサイト)へ出展します。

今年の展示は“Panasonicで「快適ケーブルテレビLife」”をテーマに、1台のセットトップボックス(以下STB)で実現する楽しい「ケーブルテレビ LIFE」、そしてパナソニックならではの「デジタル家電とSTBで快適なケーブルテレビ環境」を、具体的にSTBを活用した生活スタイルのご提案としてメインプレゼンテーションと展示を中心に展開します。

ケーブル事業者様や加入者様の様々な環境や用途にあわせて選べる多彩なSTBラインナップ紹介や体験コーナーを設置します。発売以来好評なTZ-DCH2000、新製品のTZ-DCH2800/2810も見て触れる展示にし、使いやすさにこだわった高機能STBをご体感いただけます。
また、携帯電話予約サービスやデジタル家電連携による便利さ向上、VODサービスや「アクトビラ」の活用による新サービスの実現など、毎日を楽しく、快適にするための松下電器のアイデアをご紹介します。

今年も松下電器は、ケーブルテレビ機器・システムのリーディングカンパニーとして、ワンストップソリューションでケーブルテレビ業界の発展をお手伝いします。また、併設開催と致しまして、パナソニックセンター(東京)にて、ケーブル事業者様を中心としたお客様をご招待し、システム商材・放送機器を中心としたテクニカルスイート(6月14・15日:有明パナソニックセンター)を開催いたします。

■出展のポイント
●メインプレゼンテーション : STBで広がる快適生活をご提案
●CATVデジタルSTB

STBラインナップ TZ-DCH520/820/1000/1800/2000/2810/2800、TZ-HDD250
STB体験コーナー TZ-DCH2800/2810

●デジタル家電連携 : STBとデジタル家電(DIGA、VIERA)との連携機能
●VODサービス : BML VODサービス他各種VODサービス
●「アクトビラ」 : 「アクトビラ」サービスをご紹介
●マルチルームSTB(参考出品)
●携帯電話予約録画サービス(参考出品)

【お問合せ先】

パナソニック システムソリューションズ社 ブロードメディア本部
<報道関係者様>
  広報宣伝担当  常山/持田
    電話 045-540-5898(代表) E-MAIL cbmd@gg.jp.panasonic.com
<お客様>
  お客様ご相談センター
    電話フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時〜18時<土・日・祝日除く>)