プレスリリース

2007年4月25日

複合機のタッチパネル操作で名刺データベースを簡単作成

名刺OCRソフト「ScanToOffice Card Ver.2」を発売

名刺データを有効活用し、情報収集力を向上


品名 名刺OCRソフト
愛称 ScanToOffice Card Ver.2
希望小売価格(税込) 105,000円(5ライセンス付属)
発売日 2007年4月25日
年間出荷予定本数 3,600本

 パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(社長:岡本 博幸、本社:東京都港区芝1-7-17)は、複合機連携用の名刺OCRソフト「ScanToOffice Card Ver.2」を開発しました。

 本製品は、キヤノン株式会社(以下キヤノン)製複合機imageRUNNER、Color imageRUNNERシリーズのアプリケーションプラットフォーム「MEAP*1」に対応した名刺OCRソフトです。複合機でスキャンした名刺画像をタッチパネル操作で、指定したパソコンに転送すると、自動的に名刺管理ソフト「名刺読取革命Lite Ver.2」*2が起動して簡単に名刺データの編集・管理ができます。複数枚の名刺を一括で電子データ化し、データベースとして有効活用できるため、業務効率の向上を図ることができます。

 本製品はパナソニック ソリューションテクノロジー株式会社が開発し、販売はキヤノンマーケティングジャパン株式会社(社長:村瀬 治男、本社:東京都港区港南2-16-6)が行います。

主な特長

(1) 複合機から複数枚の名刺を一括読み込み
(2) 名刺管理ソフト「名刺読取革命Lite Ver.2」を搭載し簡単名刺データベース編集
(3) 企業情報データベース閲覧サービスとの連携機能を装備*3
*1 Multifunctional Embedded Application Platformの略で、キヤノンのデジタル複合機「imageRUNNER」、「Color imageRUNNER」シリーズにおいて、プログラミング言語「Java」ベースのアプリケーションソフトを実行するためのプラットフォームです。
*2 「名刺読取革命Lite Ver.2」は、名刺管理ソフト「名刺読取革命Ver.2」の機能限定版ソフトウェアです。
*3 株式会社ランドスケイプ(以下ランドスケイプ)の企業情報データベースと連携が可能です。

【お問い合わせ先】

  パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社 企画室
  広報担当 倉光  TEL.092-477-1181   FAX.092-477-1562
 [ホームページURL]
     http://panasonic.co.jp/sn/psn/pstc/

●開発の背景

 パナソニック ソリューションテクノロジーでは、2006年10月、高精度のOCRエンジンを搭載した名刺管理ソフト「名刺読取革命Ver.2」を発売しました。発売以来、名刺を簡単にデータベース化できる便利なソフトウェアとして、好評を得ています。
 今回、当社が開発を行った「ScanToOffice Card Ver.2」は、複合機との連携によって、名刺をデータベース化できるキヤノンのMEAP専用ソフトウェアです。
 名刺の編集作業をより簡便化したいというニーズに対応するため、「名刺読取革命Ver.2」の基本機能に特化した「名刺読取革命Lite Ver.2」を搭載しました。ユーザーインターフェースに優れた「名刺読取革命Lite Ver.2」を使用することで、初心者でも簡単に名刺情報を編集することができ、業務効率が向上します。
 さらに、効率的な情報収集を行うために、名刺データの企業名から企業情報データベースにアクセスする連携機能も装備しています。

●主な特長の説明

(1)複合機から複数枚の名刺を一括読み込み

複数枚の名刺を複合機でスキャンし、タッチパネル操作で、指定したパソコンに一括で転送することが可能です。同梱されているコクヨS&T株式会社製の「クールフェイス」替紙を使用することで、標準的なサイズの名刺を一度に最大20枚スキャンできます。名刺データベースを簡単に作成でき、業務効率が向上します。

(2)名刺管理ソフト「名刺読取革命Lite Ver.2」を搭載し簡単名刺データベース編集

パナソニックの高精度のOCRエンジンを搭載した「名刺読取革命Lite Ver.2」は、高い認識率で名刺画像からテキストデータを抽出します。操作性にも優れており、名刺画像とテキストデータを見比べながら編集作業が可能なため、初心者でも簡単に使用できます。

(3)企業情報データベース閲覧サービスとの連携機能を装備

読み込んだ名刺の企業情報を検索したい場合は、ランドスケイプの企業情報データベース閲覧サービスにアクセスできます。各企業の事業所、支店ごとの売上情報などが参照できるため、効率的な情報収集ができます。

●利用イメージ

●ScanToOffice Card Ver.2 パソコン側ソフトウェアの主な仕様

入力画像 ファイル形式 TIFF形式(非圧縮/G3/G4/JPEG/Exif/PackBits)(*.tif/*.tiff)
JPEG形式(*.jpg/*.jpeg)
解像度 150〜400dpi(300dpi推奨)
原稿サイズ 最大A3版(400dpiの場合)
文字認識 対象書体 マルチフォント(明朝体、角ゴシック体、丸ゴシック体、教科書体、ワープロ書体、正楷書体などの活字書体)
対象文字種 約4,000文字
英字、数字、ひらがな、カタカナ、記号、第1水準漢字、第2水準漢字の一部(551字) 、ギリシャ文字の一部
対象文字サイズ 6〜60ポイント(400dpiの場合)
名刺形式 縦書き、横書き
画像編集 ノイズ除去、傾き補正、回転
直接連携ソフト 名刺読取革命Ver.2、名刺読取革命Lite Ver.2

●動作環境

複合機側
対応機種 キヤノン
imageRUNNER
iR 105i/2250i/2270/2850i/2870/3200+MEAP拡張キット/
3350i/3570/4570/5160i/5570/6570/6060i/
7105i/7095i/7086N/7270N/8570N
キヤノン
Color
imageRUNNER
iR C2570/C2570F/C2620/C2620N/C2880/C2880F/
C3170/C3170F/C3220/C3220N/
C3380/C3380F/C3880/C3880F/
C4580/C4580F/C5180/C5180N/C5870/C5870N/
C6870/C6870N
パソコン側
コンピューター本体 インテル® Pentium® III以上のCPUを搭載したパーソナルコンピューター
(インストール時にCD-ROMドライブが必須)
対応OS Microsoft® Windows® 2000 Professional 日本語版SP4以上
Microsoft® Windows® XP Home Edition 日本語版
Microsoft® Windows® XP Professional 日本語版
Microsoft® Window VistaTM 日本語版(32bit版のみ)
最小稼動メモリー 128MB(256MB以上を推奨)
ハードディスク 128MB以上の空き容量
ディスプレイ 800×600以上(1024×768以上を推奨)
High Color(16ビット)以上
Microsoft、Windows、Windows Vistaは、米国マイクロソフトコーポレーションの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。
インテル、Pentiumは、インテルコーポレーションの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
その他記載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

以上