プレスリリース

2007年4月24日

KWN2007年国際部門コンテスト

ニュージーランドの作品が国際部門賞に決定

世界の子供たちのメッセージを紹介


松下電器産業株式会社は世界各地の小中学校を対象に展開している教育支援プログラム「キッド・ウイットネス・ニュース(KWN)」の2007年国際部門賞の審査の結果、地元河川の水質汚染に焦点を当てたニュージーランドのナティア小学校の作品「汚されたピアコ川」が今年の国際部門賞に選ばれたことを本日発表しました。作品を制作したナティア小学校は5月7日に米国で開催される「KWNニュービジョン・アワード」表彰式に出席します。

KWNは松下電器の米国現地法人が、米国の公立小中学校を対象にビデオ撮影・編集機器を提供し、子ども達の視点でニュースを制作する教育支援活動として1988年にスタートしました。その後全米50州に展開、近年はカナダ・日本などグローバルに広がり、現在では世界21カ国で500校以上校が参加しています。活動詳細についてはKWNサイトhttp://panasonic.co.jp/kwn/をご覧下さい。

毎年米国で開催される「KWNニュービジョンアワード・コンテスト」には、全米で約200のKWN参加校が作品を出品し、優秀賞に選ばれた学校が表彰されます。近年、米国外の参加国の増加に伴い、2004年からは外国作品部門として「国際部門賞」が設けられ第1回国際部門賞には日本の作品「全部やるぞ米作り」(福井県永平寺町立志比北小学校制作)が選ばれました。

今年のKWN国際部門賞には、18カ国から各国内審査および欧州やアジア大洋州の地域審査を経た代表作品が集まり、米国での最終審査の結果、国際部門賞にナティア小学校が決まりました。今年は環境問題を扱った作品や各地域の文化を紹介する作品の他、仲間同士の連帯や疎外された仲間を救おうとする内容の作品など、各国の作品に共通点も見られました。

国際部門賞に選ばれたナティア小学校は、小学5-6年生の生徒達が、地元のピアコ川の汚れに関する取材調査を行い、インタビューで聞き取った内容を生徒自身が演じて語るというユニークな演出で難しい環境問題を判り易く説明し、この問題を引き継ぐ世代としての決意を述べています。

【お問い合わせ】

コーポレートコミュニケーション本部
  広報グループ(大阪)06-6908-0447 (東京)03-3436-2621
  ブランドプロモーショングループ  06-6949-2293

<ご参考>

2007年KWN国際部門コンテスト各国代表作品

学校名 作品名 概要
アメリカ
カナダ セシルローズ・スクール
(ウィニペグ州マニトバ)
汚染された湖 “瀕死”状態にあるウィニペグ湖の汚染の原因とその影響。危機感を高めてもらうため、出来上がった作品を地元政府関係者に送る。
メキシコ ジョン・ピアヘット中等学校
(メキシコシティ)
ようこそ、メキシコへ 首都メキシコシティの建築物などを歴史を交えながら紹介。
ペルー ホアン第23中等学校
(リマ)
貧困を考える 貧困や貧困から生まれる問題解決に生徒としてできることはないか、スラムでプレハブ住宅の建設活動をしているNPOの活動を通して考える。
欧州
ドイツ ハインリッヒ・ハイネ小学校
(ハンブルク)
間違っても、そんなことしないで 校内喫煙の問題を中心に、いじめや先生への言いつけ、生徒同士のプレッシャーなどをからませながら、やがてクラスが一つになり、勇気をもって問題に対処するまでを描く。
イタリア サビン小学校
(ミラノ)
親愛なる友に綴るメッセージ クラスでいじめや仲間外れをしていたいじめっ子が、過ちに気付き、いじめた子に謝罪の手紙を読み上げる。
ポーランド 第3中学校
(メレッツ)
信じることから生まれる奇跡 歩行に障害をもった少年が夢に見た、同じ仲間としてのクラスメートとの触れ合いが正夢に。
スペイン カルロス・ロドリゲス・ヴァルカセル国際中学校
(マドリード)
インタビュー スペインの写真家イザベル・ムノツにインタビュー。彼女の作品を通してカンボジアの少女たちの過酷な運命を知る。
トルコ FMV 私立イシク小学校
(イスタンブール)
ゴミ箱 ゴミを海に投げ捨てていた少年が、アルバイト先の漁師の嘆きを聞き、「ゴミ箱」にゴミを捨てるようになる。
英国 カルチェス・スクール
(マンチェスター)
道をきれいに チューインガムのポイ捨てで汚れた道路。ポイ捨てに罰金が科せられていることを認識しているか、道行く人にインタビュー。
アジア大洋州地域
オーストラリア カウルナ・プレイン校
(南オーストラリア州)
カンガルーの尻尾の調理法 オーストラリア先住民の子供たちが、カンガルーの尻尾の伝統的な調理法を伝授。
中国 北京朝日区芳草地小学校
(北京)
北京五輪を笑顔で迎える子供たち 笑顔が世界をひとつにすると、笑顔を呼びかけるメッセージカードを手作りし、道行く人々に配り、アピール。
インドネシア ディアン・ディダクティカ小学校
(ジャカルタ)
アンクルング インドネシアの伝統的楽器であるアンクルングの作り方を紹介しながら、文化を伝承することの大切さを伝える。
日本 東御市立東部中学校
(長野県)
郷土の歴史に学ぶ—お地蔵さんが語るもの 郷土の歴史を調査やインタビューによってひもときながら謎を解決する過程で、江戸時代まで遡り大きな水害があったことを知る。
マレーシア メネンガ・ケバングサーン・シーフィールド校
(セランゴール州)
リサイクル芸術 ペットボトル、アルミ缶、雑誌などが無造作に捨てられるのを嘆き、それらを芸術作品に蘇生させる方法を伝授。
ニュージーランド ナティア小学校
(ワイカト)
汚されたピアコ川 ピアコ川の汚染の実態と原因を探り、汚染防止に努める地元農民の取り組みを紹介。
シンガポール ペイ・ホワ中学校
(シンガポール)
コンクリート・ジャングル 限られた土地を有効に使うために建てられた高層住宅の利点と、未来の“Eホーム”の姿を覗く。
タイ ワチラウィット校
(チェンマイ)
壁画に描かれた暮らし 壁画に描かれたタイの人々の歴史。“未来の中の過去”として、壁画の大切さを描く。
ベトナム トゥルング・ヴオング
中学校(ハノイ)
ささいな行動が、大きな害に “無責任な”チューインガムのポイ捨てによる害に焦点。