プレスリリース

2007年3月29日

8mm絵素ピッチの高画質

「なんばパークス」に大型映像表示装置
LEDアストロビジョンAZ-LE080Fシリーズを納入

シネマコンプレックス作品情報をはじめ、多彩に活用


松下電器産業株式会社パナソニック システムソリューションズ社(代表者 遠山敬史)は、大阪市・南海都市創造株式会社様に約189インチ仕様の大型映像表示装置LEDアストロビジョンAZ-LE080Fシリーズを採用いただき、「なんばパークス」へ納入します。

「なんばパークス」は、自然と都市の2つの楽しみを同時に体験できる場を、高密度な都市で実現するため、都市(Big City)の上に自然(Big Park)を重ねる-“Big Park City”-をコンセプトにつくられた街で、1期計画が2003年10月に先行開業しました。
本年4月19日に店舗面積、店舗数とも大幅に拡張し、全館グランドオープンします。拡張エリアには、集客の核として、大阪市内最大級のシネマコンプレックス「なんばパークスシネマ」が同時に開業します。

今回のグランドオープンにともない、メインフロアのキャニオンコートに、映画情報、イベント情報、テナント情報などの多彩なコンテンツの情報を発信するために、当社製「大型映像表示装置LEDアストロビジョンAZ-LE080Fシリーズ」が採用され、4月1日から運用開始される予定です。

屋外で最高の画質が得られるLED表示設備を検討していた「なんばパークス」は、8mm絵素ピッチ使用のAZ-LE080Fシリーズの高精細性を評価していただき、サイズ:横3.84 m×縦2.88 m(約189インチ)、アスペクト比:4:3、画面解像度:横480絵素×縦360絵素の仕様でご採用いただきました。
予め登録された放送スケジュールに沿って各機器をコントロールできる機能で、映像・音響を利用した多彩な演出を実現し、音響もシーンにあわせた幅のある立体的な音響効果を実現します。

【提供予定コンテンツ】

なんばパークス施設情報
なんばパークスシネマ映画情報
J-POP音楽専門チャンネル「Music Japan TV」
スポーツ番組
ファッション情報
天気予報・ニュース
企業CM など

[大型映像表示装置アストロビジョンAZ-LE080Fシリーズ]

大型映像表示装置で、最も重要な「高輝度・高精細・広視野角」を実現するため、発光体にはSMD型(表面実装型)3in1LEDを採用。また非常に小型(2.1mm角)のSMD型LEDを採用することで、混色性が高く自然で滑らかな表示を可能にしています。またより広い視認角を実現し(左右140°上下70°、従来は左右140°上下60°)、高輝度(3,500cd/m2、従来比200%アップ)を実現しており、外光が入る半屋外の施設でもクリアで自然な映像表示が可能です。

<特長>

  1. 絵素(ピクセル)8mmピッチ(従来は16mmピッチ)で、高精細を実現
  2. 至近距離でも自然で滑らかな表示を実現する3in1タイプの小型LED素子を採用
  3. 映像や文字が左右140°の範囲から、色ズレ(変色)なく視認可能な広視野角を実現

【お問合せ先】

松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリューションズ社
<報道関係者様>
  ソリューション本部 商品マーケティンググループ  佐藤/常山
                              電話045-540-5677(直通)
                              FAX045-540-5531
<お客様>
  お客様ご相談センター        電話フリーダイヤル 0120-878-410
                                      (受付:9時〜18時<土・日・祝日除く>)
なんばパークスホームページ http://www.nambaparks.com

【「なんばパークス」納入 大型映像表示装置LEDアストロビジョンAZ-LE080Fシリーズ設置状況】