プレスリリース

2006年12月1日

SDオーディオの長時間再生とグラフィックス処理性能を大幅に向上

携帯電話用 UniPhier® (ユニフィエ) システムLSI 第二世代を開発

2006年12月よりサンプル出荷

携帯電話用UniPhier(R)(ユニフィエ)システムLSI  第二世代 (約30KB)

【要旨】

松下電器産業(株)は、デジタル家電統合プラットフォームUniPhier® (ユニフィエ) [1] のアーキテクチャを採用し、 SDオーディオの長時間再生と大幅にグラフィックス処理性能を向上させた、携帯電話用UniPhier® システムLSI (品番:MN2CS0035) を開発し、2006年12月よりサンプル出荷を開始します。

【効果】

本製品を使用することにより、携帯電話機器の「長時間音楽再生や動画再生」、「高性能3Dグラフィックス描画」、「 ワンセグ [2] 視聴」などの多機能化を、1チップで実現できます。

【特長】

本製品は以下の特長を有しております。

  1. UniPhier® アーキテクチャを採用し、分野を超えたソフトウェア資産の活用とセット開発の低コスト化に貢献
  2. ワンセグ視聴・音楽再生など各種モバイルアプリケーションの長時間動作を実現するとともに、高性能グラフィックス処理を実現
  3. 各種 ストリーム処理 [3] や著作権保護機能を実現

【内容】

本製品は以下の技術によって実現しました。

  1. スケーラブルなアーキテクチャを持ち、機器要求に応じた メディア処理 [4] を柔軟に実現する、当社独自の UniPhier® プロセッサ技術
  2. ARM コア、高性能 メディアプロセッサ [5] ( UniPhier® プロセッサ)、専用グラフィックスエンジンによる高速、高性能なAVメディア処理技術、2D/3D描画技術、および複数の電力抑制機構による低消費電力化技術
  3. CPU のセキュアモードや各種暗号処理機構を搭載することで、堅固なセキュリティ機能を実現したセキュア技術

【従来例】

従来の携帯電話用 UniPhier® システムLSI では、高性能ゲームなどに使われる高性能描画処理や音楽再生長時間対応を行うためには、それらの機能に特化したアプリケーションLSI を追加することが必要でした。 また、今後の携帯電話のサービスには必須となるデータのセキュリティ確保、音楽・画像などのコンテンツを保護するためには高速CPU 処理、または専用LSI が必要となり、部品コスト、実装面積、消費電力の増加が予想されます。 今後サービスが開始される多種アプリケーションを 1チップで、かつ低消費電力で実現することが可能なLSI が求められていました。

【実用化】

サンプル出荷開始 : 2006年12月  サンプル価格 :(数量応談)

【照会先】

半導体社 企画グループ 広報チーム  中小路 陽紀  TEL:075-951-8151
              E-mail: semiconpress@ml.jp.panasonic.com


【特長の説明】

  1. UniPhier® アーキテクチャを採用し、分野を超えたソフトウェア資産の活用とセット開発の低コスト化に貢献
  2. 高性能プロセッサ及びメディアプロセッサ( UniPhier® プロセッサ) を搭載し、基本アーキテクチャを統一した「ハードウェアプラットフォーム」と、 分野を超えてソフトウェア資産活用が可能な「ソフトウェアプラットフォーム」の採用で開発費の抑制と開発スピードの向上が実現できます。

  3. ワンセグ視聴・音楽再生など各種モバイルアプリケーションの長時間動作を実現するとともに、高性能グラフィックス処理を実現
  4. 多彩な低消費電力化技術を搭載することにより、音楽再生 50時間以上、ワンセグ視聴 5時間以上といった、携帯電話システムでの長時間 AV処理が実現可能です。 さらに 2D/3Dグラフィックス処理性能を大幅に向上させました。

  5. 各種ストリーム処理や著作権保護機能を実現
  6. チップ外部からのデータ不正アクセスや不正プログラム混入を防止します。また音楽などのコンテンツ保護を効果的に実現可能です。


【内容の説明】

  1. スケーラブルなアーキテクチャを持ち、機器の要求に応じたメディア処理を柔軟に実現する、当社独自の UniPhier® プロセッサ技術
  2. UniPhier® プロセッサは AVメディア処理を担当し、CPU の処理負荷を軽減させることで、携帯電話システム全体の処理効率を向上させます。 命令並列プロセッサと画像処理用の専用回路などにより、携帯電話用メディア処理に最適化した内部構成になっています。

  3. ARM コア、高性能メディアプロセッサ ( UniPhier® プロセッサ)、専用グラフィックスエンジンによる高速、 高性能な AVメディア処理技術、2D/3D描画技術、および複数の電力抑制機構による低消費電力化技術
  4. 本 LSI は、ARM コア、UniPhier® プロセッサ、独自のグラフィックスエンジン ( UniPhier® ReCS [6] )を搭載しています。これらの構成において、
       (1) 全機能ブロックに対する緻密な動作制御
       (2) 電源、動作周波数の制御
       (3) 多彩なハード補助による CPU負荷削減
       (4) 徹底したハードウェアの低消費電力設計
    により低消費電力を実現しています。さらに、各プロセッサの処理分担を最適化して構成し、性能を最大限に引き出すソフトウェアライブラリとの組み合わせにより、高性能な AVメディア処理や、2D/3Dグラフィックス処理を可能としています。

  5. CPU のセキュアモードや各種暗号処理機構を搭載することで、堅固なセキュリティ機能を実現したセキュア技術
  6. ハードウェア/ソフトウェアによるストリーム処理技術を進化させ、SD メモリカードなどの蓄積メディアの再生・記録処理を実現しました。さらに、携帯電話のアプリケーションに求められる、 各種の著作権保護機能を実現する暗号機能を搭載することにより、ストリームの暗復号処理に対応可能です。


【暫定仕様】

品番 MN2CS0035
機能 32ビット CPU コア ARM コア
動作周波数 : 300MHz
キャッシュメモリ :
  命令キャッシュ : 32Kバイト、データキャッシュ: 32Kバイト
メディアプロセッサ 命令並列プロセッサ(IPP)
動作周波数 : 200MHz
ビデオデコード MPEG-4
H.264
JPEG
ビデオエンコード MPEG-4
H.264
JPEG
M I D I 音源 最大同時発音数 64 和音以上
3D 音響処理エンジン
グラフィックス機能 2D/3D グラフィックス
ワンセグ視聴 ワンセグ用トランスポートストリームデコーダ
周辺機能 SDカードI/F、シリアルI/F、I2C I/F、USB I/F、
汎用ポート、TV出力 I/F ( NTSC/PALエンコーダ )、
キースキャン、カメラ入力、LCD 出力
外部メモリ モバイルDDR-SDRAM 対応SDRAM I/F搭載
集積素子数 約8800万 トランジスタ
動作周波数 最大 300MHz
電源電圧 1.8V / 1.2V / 0.9V
パッケージ 675ピン PoP [7] 対応 PCSP [8] ( 14mm角 )

携帯電話用 UniPhier(R) システムLSI

※ 「 UniPhier® 」は、松下電器産業株式会社の日本国における登録商標です。


【用語の説明】

[1] デジタル家電統合プラットフォーム UniPhier® (ユニフィエ)

2004年9月に当社が発表した種々のデジタル家電 (ホーム AV用 /パーソナルAV用 /携帯電話用 /カーAV用) を横断的に統合する開発プラットフォームのことです。

[2] ワンセグ

日本国内における地上デジタル放送の 1 チャンネルあたりの帯域を 13 セグメントに分けた内の 1 セグメントを利用して提供される携帯・移動体向け放送サービスのことです。 送出する映像は QVGA (320×240画素) となります。

[3] ストリーム処理

デジタル放送の受信データや蓄積メディアからの再生データを「ストリームデータ」と呼び、このストリームデータから AVデータなどの各種情報をリアルタイムで取り出し、 各処理部へ供給する処理のことです。

[4] メディア処理

家庭用マルチメディア機器の基本機能であるAV、グラフィクス信号処理のことです。

[5] メディアプロセッサ

家庭用マルチメディア機器の基本機能であるAV、グラフィクス信号を効率的に処理できるデジタル信号処理プロセッサのことです。

[6] UniPhier® ReCS (Rendering engine for Curved Surface)

当社独自のグラフィックスエンジンの名称です。「ユニフィエ レックス」と読みます。

[7] PoP (Package on Package)

上面にパッケージを搭載したパッケージの名称です。

[8] PCSP (Plastic Chip Size Package)

パッケージ名称の一つです。